icomの土地活用ケーススタディ集
CASE STUDY 1

和室を活かした、大人のマンスリーマンション。

広さ:33.1㎡  築年数:27年  埼玉県大宮区

供給過多なアパートマンション業界、特に和室の人気低迷に悩まれるオーナー様も多いのでは…。弊社のマンスリーマンションにも和室と洋室の1DKタイプがありますが、問合せが多く、空室になってもすぐに埋まってしまいます。それは何故か?簡単です、和室の良さを活かした商品に作り替えたからです。
1DKという広さを活かし、リフォーム・一時帰国などで利用するファミリー層にターゲットを絞った物件コンセプトは「大人の隠れ家」。法人ではなく個人に焦点を当てた結果、細部に用意した和のインテリアや落ち着きのある和室もご好評いただきリピーターも出る人気物件となりました。

point
CASE STUDY 1

極狭の細長い土地…バイクガレージとして再活用!

土地奥行:3m  埼玉県南区

歩道とアパートの間に挟まれた、長さはあるけど奥行がない細長長方形の土地。業者から「困っている地主さんがいるんだけど、あれはどうしようもないんだよ…」という土地に興味を覚えたのがきっかけでした。確かに建物を建てるには狭すぎる。そこでイコムではバイク専用ガレージを設置したのです。設置だけですので移動も簡単、工事費も最小限に抑えられます。当初は10台のガレージを設置していましたが、外観沿いという立地もバイカーには好条件をいただき現在は5台増設する運びとなりました。
従来の「建てる&壊す」だけでなく、多くのチャレンジを踏んできた弊社だからこそ再活用できた案件の一つです。

point
CASE STUDY 1

お化け屋敷が、平均稼働率93%超のシェアハウスに。

広さ:180㎡  東京都港区

東京のど真ん中、立地は最高!ただし、築43年のアパートは実築年数以上の老朽化を見せていました。「お化け屋敷みたい。」本当にそう思うほど、暗く、外観・内装共に痛みがひどかったのです。建物を取り壊すにも費用がかかる、かと言って運営を続けるには厳しい…そんなオーナー様のご相談を受け、イコムの物件では珍しい、サブリースではなくオーナー様から土地丸々買い上げシェアハウスとしてイノベーションを行いました。
買い上げることでオーナー様のご希望の応えられただけでなく、上京を夢見る若者たちへの架け橋となるシェアハウスとなり、OPENから3年経つ今でも年間平均稼働率93%超の大人気物件として愛され続けています。

point

青空駐車場を時間制パーキングに。

土地幅、奥行:20m以上 埼京線沿線地域

この土地は、それまで月極の青空駐車場として活用されていました。もちろん、十分に活用されていましたが、月極の駐車場のデメリットは、新規顧客を獲得するのが困難になることです。つまり、駐車場がある程度活用されていると分かると、新しいお客さんはすでに満車だと勘違いしてシンプルに申込しにくくなります。そこで今回は、時間制パーキングへと変貌させることで、この土地がもっている価値を最大化する方法を選択しました。毎日のように使用するお客様がいらっしゃる一方で、ちょっと止めたいという方も使用でき、カーユーザーのニーズに応えられる土地となりました。

point
CASE STUDY 1

自転車駐輪場に、土地活用の活路有り!

土地幅:6m以上 奥行:20m程度 場所は埼京線沿線地域

もともとアパートだった土地を、一定期間有効活用したいというのがオーダーでした。しかし、新たに建物を建て、居住スペースとして活用するにはある程度まとまった投資額も必要になり、オーナー様にも負荷がかかります。そこでイコムでは、この土地の価値を最大化するために、ある程度の狭小スペースでも無駄なくより多くのスペースを活用できるサイクルパークをご提案したのです。実際にスタートさせて見ると自転車が満車に。コストも最小限に押さえられました。

point