賃貸マンション

友人の住まい探しのお役に立てればとペット可のファミリー賃貸マンションを見学に出かけた。
家族4人と小型犬一匹なので広めの3LDK、浦和駅徒歩10分以内の条件をあらかじめピックアップしていたが賃料は18万円から24万円が相場だ。建物全体を賃貸マンションとして建築しているものと分譲マンションとして購入したものを賃貸にする場合とがあるが後者の方が外観、設備、内装どれを取っても圧倒的に優れている。最初から賃貸として建物を建築する場合は投資利回りを考えるためどうしてもコストを落とした内容になってしまう。その点、分譲タイプの場合は本人が住むために購入するので内容が充実している。逆にオーナーの立場からすると貸しても利回り的には合わないが当初から貸す目的ではないので仕方ないのだ。借りる側からみたら分譲タイプに絞って探す方がお得なのだ。しかし、今回はペットが条件になっているので案件がなかなか出てこないのが現状だ。3件ほど見て回ったが気に入った物件がなく諦めていたが最後に1件見つかった。外観もオシャレでセキュリティ、内装、設備とも理想の物件に出会った感じで本人も大喜びしていた。賃料は24万円だがこの物件を購入するより借りた方が断然お得なのだ。
普通は24万円も払うなら住宅ローンで月々支払えるじゃないか?と考えるがちゃんと計算すれば借りた方が得なのである。購入すると金利で購入した金額の約倍額になるし購入時の諸費用、購入後の固定資産税、管理費、修繕積立金など月々の支払いもばかにならない金額になる。おまけに年数が経過するほど物件の値が下がるし、いざ売却しようと思っても借金の方が多い場合など売るに売れないのだ。今騒がれているサブプライムローン問題と同じになるから賃貸の方が絶対的にいいのだ。これから不動産は値下がり本番になるから余計に賃貸ですむ方が賢い選択になる。さすが友人は賢い!