韓国料理

友人と仕事を終え、何を食べたいか聞いたところ、チゲが食べたいと言うので韓国居酒屋に
行った。ここは在日のご夫婦で経営している小さな店だ。まずは今日のお目当ての味噌チゲを一番に注文し、ナムル、ホルモン、さんだんばら、はるさめを選んだ。
特にさんだんばらは本格的な調理法で石を熱したもので肉とキムチを焼き、サンチェで包んで食べるのだがこれが実に美味い!肉をこんがり焦げる程度まで焼き、ごま塩だれをつけてからサンチェで包むのが順序なのだがキムチを焼いたものとの組み合わせがインパクトがあった。
また、ホルモンはこの店一番の一品らしく柔らかくて美味みが口全体に広がるほどのお勧めだ。
個人的にははるさめが大好きで今回一番期待していた一品だったが、これも期待を上回る美味さだった。味付けも程よい塩加減で麺の太さもちょうど良く食べやすかった。
最後は味噌チゲにご飯を混ぜて食べたが辛さがちょうど良くご飯との愛称抜群で汗びっしょりになって夢中に食べてしまった。とにかく注文した料理全てが文句のつけようが無いくらい美味かった。
週に2,3回来たくなるほど感動の味だった。 満腹食堂の巻きであった。

本社移転

9月1日より新社屋での業務開始となる。月末の土曜日、日曜日で引越しをする。
翻ると創業から14年で5回目の引越しになる。3年に1回は移転をしているので、せわしない感じもするが
時代の流れの変化と共に動いた結果でもある。今回は社員増に伴いオフィススペースを100坪にした。
ここは延床面積が300坪の3階建、1,2Fがトランクルームになって3Fがオフィスになる。現在のオフィスより若干、駅より遠くなるが、今回は駐車スペースもあるため、車での来社には便利になるだろう。
但し、ランチをするお店が今よりも少なくなる。セブンイレブンは目の前にあるが、何を食べるか悩むほどの環境ではないのが少し残念な気もする。
いずれにしても、新たなスタートを迎えるにあたり気持ちが引き締まり、次なる発展に向かって前進していきたいと思う。

商売上手な「つけ麺店」

つけ麺が美味いという店があるとの情報を聞き、早速行って見た。
ここは店主が一人で全ての仕事を担っているとの事でそれにも興味があったのだ。
店内に入ると9席のカウンターだけの客席は既に満席となっていて3人が順番待ちの状況だった。
昼を少し過ぎた時間だったのでOLさんやビジネスマンが目立っていた。店内では清潔感ある厨房で30代前半の店主が淡々と仕事をしていた。忙しそうな素振りもなく、手を休めることなしに、慣れた手さばきで麺をゆで、具材を切り、器を洗い、実にマイペースでやっていた。私は券売機で特製つけ麺950円の中盛りを選んだ。普通のつけ麺が750円なのでやや高めの価格設定になっている。
いざ順番になって席に着くと、隣との距離がかなり余裕があり、ゆったりと食せる空間になっている。
これも9席が一人で仕事をする際に最適な数なのだろうか?
食べ始めると次から次にお客が入ってきて順番を待っている状態になった。この店の営業時間は
AM11:30からPM15:00、PM5:30からPM10:30まで、定休日は木曜日。おそらく営業時間中は殆ど満席状態が続いている感じだ。メニューもつけ麺だけなので店主一人でやれる要素があると思うが実に生産性が高い店だ。誰に気を使うわけでもなく、自分が培った腕に自信をもって提供する姿が輝かしく映った。売り上げから経費を差し引いた利益は他のラーメン店にはないパフォーマンスに違いない。
豚骨と鶏がらのミックスしたスープと太麺が絡み合って、実に美味かった。隠し味に鰹節を粉末状にしたものをおおさじ一杯分がのせてあり、これがスープに溶け合って極めた味を出している。
さっぱりしているのに酷があるので、しつこさが残らないのだ。
中盛りの麺が思ったより量が多く、完食するのに大変な思いをした。ここの中盛りは通常の2人前は優にあるからだ。満腹を通り越してしばらく動けなくなってしまった・・・

あかすり

温浴施設にある韓国式あかすりが最近になって目立ち始めている。
むしろ、温浴施設には必須のメニューになっているようだ。
私も体験して見ようと30分、45分、60分の時間の中から45分を選択した。
担当してくれた韓国人の女性は力強そうな50代の方だった。
隣には既に見知らぬ男性がまるでマグロの解体ショーのような光景で始まっていた。
私も魚になった気分で始まったが、本当に魚のように扱われた体験をした。
最初の30分はスムーズにあかすりを淡々とやっていたのだが、ラスト15分間はマッサージを兼ねた
ものだったが、担当のスタッフは私の体をバシィ!バシィ!っと思いっきりひっぱだき、首を思いっきり押さえつけられ、物凄い力で頭を指圧するので髪の毛が抜けそうに痛いのだ。まるで、私に個人的な恨みでもあるかのごとく、物凄い力で体全体を乱暴に扱うので怒りが湧いてきた。
もう、直ぐに止めてもらおうと言おうとしたが、彼女の迫力に圧倒されてしまい、我慢を決め込んでしまった。(笑) 本当に魚になった気分で刺身として出されるのか、焼かれるのか、そんな気分でただひたすら終わりになる時間を待っていた・・・。もう、この店では絶対にあかすりは体験しないだろう。

家族と過ごす時間

最近は花火大会、祭りが盛んで家族で出かける機会が多いと思う。
私の場合は今まで殆ど、そのような行事に家族で出かけたことが無いのである。
そもそも、私が好きでは無いと言うこともあって家族から誘われなくなったのだ。
先日も地域の祭りと花火大会があったが誘われていないし、毎年恒例のディズニーランドも私は参加していない。ただ、スキーに行ったり温泉に旅行に行くのには私も一緒に出かけるのだが・・・
普段は日曜日以外、夜の付き合いがあったりで家族と接する時間が取れていないのが実情だが、日曜日は食事や買い物に出かけてコミニケーションを取るようにしている。
今日も「崖の上のポニョ」を見に行ったがなかなか面白かった。人としての優しさ、思いやりを学んだ。
知人に話したら私とポニョは大分ギャップがあるように言われてしまったが・・・(笑)
また、度々人から言われるのだが私には生活感が感じられないというのだ。子供が4人いると言うと驚きを覚えるそうだが、家族と一緒にいる雰囲気よりも一人で居る感じがするそうだ。
何となく寂しい感じもするのだが、家族と接する時間が少ないせいだろうか?生活感がない。いい、悪いは関係なく、そう感じさせる要因を観察していきたいと思う。