投資

世界同時株安で日本もバブル崩壊後の最安値をつけようとしている。
私の義理の母親は投資信託を購入していて日経平均が9000円を割り込むと元本割れだと言っていた。
一昨年前に政府が奨励していた投資を実行した人たちは、かなりの人数だと思う。
また、知人の投資顧問会社はお客様から資金を集め一任勘定(運用をおまかせする)して日経平均12000円のレンジを組んでいたが、これも大変な思いをしている事だろう。
要するに日本人は預金に重点を置き株式等リスクがあるものを控えてきていたところ、政府が欧米のように投資に目を向けるように仕掛けた。その話にのった人々が今回大損しているのだ。
やはり、投資とは皆とは逆に張るべきで長期に見るべきだと思う。
今回のような株安にこそ投資をして長期保有するべきだと思う。
私は先日、金を購入した。一月前にグラム3400円近くつけていたが今は2400円まで下がった。
大口の売り注文が続いたのだろう。まだ下がる要素は多分にあるが長期に見れば買いだと思う。
2~3年保有していれば価値は上がると判断した。個人的には株の売買よりも金の方が愛称がいいのだ。有事の金とも言うが、これからは何が起こってもおかしくない時代だからこそ金の価値は上昇すると思う。

球友との再会

学生時代の野球部監督が定年を迎え、8期生から36期生まで集まる慰労パーティーに出席してきた。
会場に着くなり懐かしい面々と再会して、その人数に驚いた。300人近く駆けつけた教え子にかつての鬼監督も涙していた。ここは読売巨人軍がビールかけをした会場であった。
立食形式で各テーブルに同期が集まり、かつての球友と昔話に花が咲いた。みんな昔と変わらなかった。白髪や少し寂しくなった頭のやつがいたが昔の面影は全く変わらずにあった。
時間が進むにつれ先輩、後輩が入り乱れ28年ぶりに会った再会を楽しんだ。本当に沢山の人と仕事の話や家族の話をしていて感じた事があった。それは皆自分に、未来への期待がない。半ば人生を諦めてしまっていて、チャレンジしていく姿勢を感じた人が殆どいなかった。要するに夢がないのだ。
やる気にみなぎったオーラを感じる人は残念ながら見受けられなかった。
しかし、2名の元プロ野球選手が出席していたが、この連中は洗練されたオーラを感じた。
日本シリーズまで出場したほどの選手だったので何かを極めた一流の雰囲気があった。話をしていても目に力があり他の人たちとは別格であった。その他、後輩で過去に4番を勤めた実力のあった選手は社会人野球に進んだが10年やって自身の実力を自覚してプロを諦めた人も数名いた。
あれほど学生時代に新聞で取り上げられた選手もプロで飯を食うのは相当に難しいという。私は何が違うのか聞いて見たがスピードが上のレベルに行けば行くほど格段に違うそうだ。
それに比べるとビジネスの世界で成功する方がかなり確率が高いと言える。全く比にならない。
あの世界の努力をビジネスマンがやれば成功する確率はかなり高いと思う。
「諦めない」 夢に向かって努力しながら人生を楽しんで行きたいと、今回のパーティーで改めて感じた。

すごく面白いファミレス

このファミレスは地域の特性もあり実に多彩なお客が集まる。観察をしているだけでも面白い。
先日も仕事の打合せでランチをしていた時もフィリピン人、韓国人、中国人の人たちが母国語で話しているのが聞こえてきたり、日本人もキャバ嬢から老婆までいたり、やくざ風の人や水商売関連の経営者達と思われる人物がいた。実に、賑やかで活気のある店だ。数日前も店の中で金融屋が取立てをしている場面に遭遇したが、回りの人たちは慣れているせいもあるのか全く気にした様子もなく、自分達の会話を楽しんでいるのだ。店員も場慣れしているので実に落ち着いた態度で仕事をしている。
普通のファミレスとは全く異なる雰囲気の店で退屈しない。おまけに店の壁がガラスになっているのでどんな人たちがいるのかわかるので、どんな目的で来ているのかいつも興味をもって観察している。
普通のファミレスのランチはサラリーマンか主婦で大半を占めているが、ここではあまり見かけない。
ちょい悪おやじ、おばさん、水商売の男女がお金が絡んだ人生劇場を演じているようで実に面白い。
何時行っても空いている時を見た事がない。 この店おそらく全国トップクラスの売り上げだろう。

究極の韓国料理

世の中、上には上がいるものである。以前、韓国料理を食べさせる店に感動した事があったが今回行った店はその数十倍感動の味を提供してくれた。そこは激戦区の新宿で韓国人御用達の店が連なる職安通りの店だ。韓国料理通の知人4人で食したが、まず驚いたのはチジミだった。食べた瞬間に感動を覚えた!食感がモチモチしていて卵と具がほどよく絡まって絶妙の美味さだった。素材は特級品を扱っているわけではないので、これこそ料理人の腕次第だと思った。実に美味かった。感動の美味しさだった。続いては春雨だった。ふと麺の春雨と野菜、牛肉が素晴らしい組み合わせで酷のある味わいで2、3人前いけそうな感じだった。ここまで美味しいと感じた食べ物は今までに間違いなくなかった。本当に本当に、いまだかつて体験したことのない美味しさだった。料理人の腕次第でここまで違う味が出せるものかと感動した。
極めつけはマッコリーだった。韓国のどぶろく、と言われる酒だが私はマッコリーはどこで飲んでも同じかと信じ込んでいたが、ここの物は実に濃く、味わい深い熟成された本物の飲み口だった。他の店とは明らかに違う本物さを感じた。酔いも早く回る感じだった。世の中にこんな美味しいものが存在し、今まで在りつけなかったのが不思議なくらい身近にこんなに美味しい料理を食べさせてくれる店があるなんて、驚きとともに感動した貴重な体験をさせてもらった。
美味しいものを食べるのが幸せの1番だと感じる私は、次回早めに訪れたいと思う。