ダイビング旅行 前編

取引先の関係者が集まるダイビング旅行に初参加してきた。
年に2回、5月と11月にセブ島へダイビングに出かけるのだ。前回も誘われていたが時間が取れずに
お断りしていたが、前回初参加した方のお勧めもあり、今回参加してみた。
総勢14名でツアーを組んで成田に集合した。、皆さん50代の方々で、ダイビングに挑戦していることに驚いた。明るく、元気で常に前向きの人生を過ごしている感じがした。
セブ島の隣で、マクタン島にあるホテルのプライベートビーチから船でダイビングスポットまでおよそ20分
かかり、体験ダイビングのレッスンが始まった。
一番難しく感じたのが耳抜きであった。水中3~5メートルになると気圧の関係で耳が物凄く痛くなるのだ。
また、酸素ボンベから繋がっている口にくわえるレギュレターからの息継ぎも慣れるまで難しかった。
レッスン開始からの1時間はサンゴや魚を鑑賞する余裕は全くない。色んなルールを学ぶのに集中していた。午後から2回目の潜りに挑戦してみたが、大分慣れたのか15メートルまで潜れるようになった。
海底の地形が複雑で、まるで山の上から見下ろしている感じがした。海中は透明で素晴らしく綺麗で、サンゴに集まる魚の群れがとても新鮮に感じた。ヒトデやクラゲも凄く大きく、迫力満点だ。
海中を探索していると子供のように夢中になる魅力があるのだ。それは、今まで知らなかった世界を見たときに、更に何かを見たく知りたくなる要素が出てくるからだろう。そのうちに欲が出てきてもっと深く潜りたくなって行きかけたが、途中で先生に止められてしまった。