ピンチ

私の友人に外資系某生命保険会社で営業をしている35歳の男がいる。
ちょうど私の弟と同じ年齢だが弟と比べると、経済的にも精神的にもしっかりしている。
そんな彼に試練が訪れている。今夏に税務署から連絡があり調査が入ったのだ。
個人事業主の扱いになるが昨今は税務署も幅広く活動しているようだ。
彼は知り合いの税理士に依頼して万全を要したはずだったのだが、この選択が誤算を生む事になるとは本人は想像すらしなかったに違いない。
対税務署との対策や話し合いには全く力を発揮せず徒労に終わったのだ。この税理士は最低限の作業はやったが能力仕事はゼロだった。本来の仕事は事前準備と、打合せを入念にしてから税務署と果敢に交渉するはずなのだが。
税務署の担当者は最終的に1000万円の追徴金で勘弁してやるとの事。
彼の年収がいくら高いといっても個人レベルでこの金額は高いだろう。完全に万策尽きた感のある彼だが、私は最後の最後まで諦めないようにアドバイスした。
実は彼は昨年離婚して慰謝料を1000万円支払ったばかりで、今年もこのまま行くと昨年の二の足を踏むのではという恐れがある。幾ら稼いでも手元に残らないばかりか、生保業界の先行き不透明感で、今までの年収が来年も保証されることは全くない世界で生きている彼の心中は穏やかでない。そんな中で今回の出来事である。引き寄せの法則からすると、彼が引き寄せた事は明確なのだが、ピンチはチャンスとしての側面がある以上、この機会に飛躍してもらいたいと切に願っている。