ゴルフコンペ

今回5組のゴルフコンペに参加した。
飯能市にあるこのゴルフ場に行くには圏央道が開通したので非常にアクセスが
良くなった。私の自宅が上尾市なので西方面に行くには大変ありがたい。
今回スコアはお話しするまでもない結果に終わったが、参加者の一人とお話しする機会があり、そこで色々な気付きがあった。
この方は60歳を少し超えているが非常に元気で明るい人物である。
今は引退して富士山を世界遺産に登録するべき河口湖を拠点に活動されている。
2月23日生まれという富士山とは強い縁がある人のようだ。
それは数十年前からの想いを着実に実行されて、音楽やアートなどの関係者との人脈が広がり有名なミュージシャンとも交流が深まっているという。
このビジョンを打ち出してから行動しているとそれに共鳴した様々なジャンルの人々が集まり協力関係になっているのだ。
我々の天然村もそのような傾向があるので、やはりビジョンを打ち出し強烈な想いと実行力で広がりが出てくるものだと改めて確信した。
この方の想いと実行力は昔から実証済みでまだ会社の経営をしていたころから、上場をして60歳で引退することを公言してきたのだ。
そして運が凄く強い人でもある。60歳を迎えて引退した直後にリーマンショックが起きているのだ。時期が誤れば株が暴落したのもこの時期だから、安心して引退とはならなかったであろう。運を持ち合わせ強いビジョンを想い、実行力があれば何でも実現できるのではないかと思わせる人物に出会うことがあり、素晴らしいゴルフコンペであった。

コナンとポップコーン

映画を見ながらポップコーンをムシャムシャ食べているとあっという間になくなってしまう。癖になる美味さがある。それにしても映画館のポップコーンが美味しいのはなぜだろ?
コナンの最新作を子供と一緒に見たとき思った。
ショッピングモール内にあるムービーシアターのポップコーンが特に美味いと感じる。
製法なのか雰囲気か、それとも「できたて」を時間措かずに食べるからなのか。
コンビニでも見かけないし他の施設であれを売っているのを私は知らない。
映画を見ながら口にするから価値があるのかも知れない。それにしてもドリンクとセットだと一人800円だからいい商売だ。マック方式だとハンバーグを安くしてドリンクで儲ける商売だが、これでポップコーンを売ったら面白いかも。などと考えながら「コナン」が始まった。前から思っていたがコナンは子供から大人まで楽しめる内容になっている。
今回はバイオテロを装ったテロリストを主体にらんと新一のラブストーリーを織り交ぜながらの構成でいつもの推理の流れで犯人を見つけるものとは違い、全体の趣としては刑事ドラマに近い感じで新鮮さがありとても面白かった。
大人も充分に楽しめる内容でむしろ小学生では理解できない点も多々あったのではないだろうか。私は昔からコナンのファンであったが内容も進化していて益々面白くなっていくのが楽しみである。

いじめ

私の長女がいじめにあっていると聞いて約2年が経った。
4月で中学3年になるが当初は私も立ち入ってこの問題に取り組んだりしてなかった。
娘は気が強いのでいじめの対象にはならないと思っていたが、男子とは真っ向から対立するので彼らも気に入らないのだろう。
最初のうちは下駄箱にゴミを入れてみたりしていたが徐々にエスカレートしてきて、ジャージをはさみで切り刻まれ、夜間に自転車の後ろから投石にあったりと、事態が大きくなり始めたので私も動かないではいられなくなった。
このような事態になったのは娘自信が原因しているのは勿論であるが、男子生徒も昔と違いイジメが少々陰険になっているようだ。
娘も負けず嫌いの気性なので学校を休むことはしなかったがエスカレートしてからはさすがに休む日が目立ってきた。
私は学校に連絡して担任と学年主任を自宅にお呼びした。校長もご一緒に来ていただくことになっていたが時間の都合が合わないという事であった。
話を聞いていて思ったが、イジメの問題に取り組む方針が学校でしっかり定まっていない感じを受けた。そのため担任の先生も表向きの取り組み姿勢しか見受けられず非常に残念であった。問題解決のためにどこまで踏み込んで共同作業をしていくのか。この辺が場当たり的な対処になってしまい2年が過ぎてしまったのだろう。
やはり組織はトップが方針やビジョンをしっかりと示していく必要性を強く感じた。
それらがないと問題が発生した時に、先生方がどのように考え行動していいのか腹から落ちていないので効果的な対処ができないのだろう。
次回は校長と2人で話す機会を設けたので、イジメ問題を共同作業する中でトップがどんな方針を示すのか聴いてみたいと思う。

プーケット

先月末から一週間タイに行ってきた。
向こうは年間を通じて一番熱い季節で湿度も高く、日本は雪が降った事を考えると正反対の季節を体験したようだ。
帰国の際に半袖の服装だった私は成田エアポートを出た時の寒さに驚いた。暑さに慣れたせいもあるのだろうが、日本は花見の時節になっても寒暖の差が激しいようである。

今回はタイのリゾート地プーケット島に出かけた。海が綺麗な事で世界的にも有名な場所で島全体が観光を商売にしている感じだった。周りの人達を見渡しても白人が非常に多く日本人はほとんど見かけなかった。
早朝、一人でレンタルバイクに乗り海岸沿いを飛ばした時はすごく気持ち良かった。
このレンタルバイクは移動に便利だ。一日900円程度で安く済むので、多少距離が遠くても色んな所を自由に観光を楽しめる。調子にのりスピードを出し過ぎて歩行者にぶつかりそうになった時はさすがに焦った。
一日だけオプショナルツアーでピピ島に行ったが、それはそれは素晴らしい景色で自然の中に島の岩盤がむき出しになっていて、透明な海の色との調和が感動させてくれる。
但し、残念だったのが各方面から集まったツアーのクルーザーがあまりにも多すぎて、せっかくの自然をゆったりと楽しむには忙しない感じだった。
また、ツアーの場合当然に時間とスケジュールが決められているので、自分勝手な行動が制限される為、私の場合少々苦痛に感じてしまう。
しかし、世界中から集まってくる人達の多さに驚愕してしまった。あまりにも多くの人達が島を観光に来ているのを間近に見て、プーケットの島民が世界の人々を相手にビジネスで活気づいているようにも思えた。