プーケット

先月末から一週間タイに行ってきた。
向こうは年間を通じて一番熱い季節で湿度も高く、日本は雪が降った事を考えると正反対の季節を体験したようだ。
帰国の際に半袖の服装だった私は成田エアポートを出た時の寒さに驚いた。暑さに慣れたせいもあるのだろうが、日本は花見の時節になっても寒暖の差が激しいようである。

今回はタイのリゾート地プーケット島に出かけた。海が綺麗な事で世界的にも有名な場所で島全体が観光を商売にしている感じだった。周りの人達を見渡しても白人が非常に多く日本人はほとんど見かけなかった。
早朝、一人でレンタルバイクに乗り海岸沿いを飛ばした時はすごく気持ち良かった。
このレンタルバイクは移動に便利だ。一日900円程度で安く済むので、多少距離が遠くても色んな所を自由に観光を楽しめる。調子にのりスピードを出し過ぎて歩行者にぶつかりそうになった時はさすがに焦った。
一日だけオプショナルツアーでピピ島に行ったが、それはそれは素晴らしい景色で自然の中に島の岩盤がむき出しになっていて、透明な海の色との調和が感動させてくれる。
但し、残念だったのが各方面から集まったツアーのクルーザーがあまりにも多すぎて、せっかくの自然をゆったりと楽しむには忙しない感じだった。
また、ツアーの場合当然に時間とスケジュールが決められているので、自分勝手な行動が制限される為、私の場合少々苦痛に感じてしまう。
しかし、世界中から集まってくる人達の多さに驚愕してしまった。あまりにも多くの人達が島を観光に来ているのを間近に見て、プーケットの島民が世界の人々を相手にビジネスで活気づいているようにも思えた。