逆張り商売

新宿ヒルトンホテルのロビーで待ち合わせをしていた。すると車寄せに白く目立つリムジンが目に入った。降りてきた2人こそ本日の目的の人であった。モデルのような奥様はいつも一緒に行動するようだ。
最上階にあるスイートに案内された。この部屋は年間借りしてオフィスとして使用している。
ホテルと交渉して長期間借りる事で破格の値段を実現している。A氏は幅広い事業に携わっているが、いずれも業界の経験が無いのが特徴でもある。自分が矛盾と感じた体験をビジネスに転換しているので既成概念が無いのは勿論のこと、発想が逆張りで結果お客様にとって都合がよくなるのだ。
最近ではマスコミにも盛大に取り上げられているが居酒屋を革命するために焼酎を無料にしている。
いくら飲んでもただである。鹿児島産の一流の品を大盤振る舞いしている。おまけにタバコもただなのだ。この発想こそ逆張りである。普通はこれでは利益を生み出さずに終わってしまうと考えがちであるが
A氏の考えは広告宣伝費として充分にペイ出来ると言う。現にどこの店舗も行列なのだ。ちゃんとに益も出していて加速度的に出店している。同時にラーメン革命と称してカレーライス無料をやっている。
学生が4杯も5杯も食べる時があるらしいがただである。ここもラーメンで一日500食は出ていて収支は合っている。要するに前例が無いのに実践して商売にしているところが凄いと思う。
到底無茶だと思われる発想だがA氏は計算尽くされた事なので当然という素振りである。
ホテルの長期借りも今後のビジネスの柱としてチャレンジするそうだ。
物が出来すぎて売れなくなる時代である。着眼点がお客様にとってお得な状況を作り上げてから、どのようにして利益を出していくのか。ここに知恵を出すことが今後取り組む課題であると感じた。