人生

朝目覚めると激しい雨が降っていた。予定していたゴルフコンペも中止だろうと確信していた。
雨でプレーするのは嫌いな私は中途半端に降る中でプレーするなら、中止が確実になる位の雨量を期待していた。仕上げなくてはならない仕事もあったので、恵みの雨かと思っていたが見事に期待を裏切ってくれた。何とこの雨中でプレーするから約束の時間に集合するという。
私は行きたくない旨を幹事に伝えたがコンペなので致し方ないという。おまけに私は幹事と一緒に行く事になっていたので無下に断れなかったのだ。
渋々承諾したがプレーまではまだ2時間近くあったので、もっと激しく降ればグリーンが水浸しになって出来なくなる可能性も残されているので、車中でも天に向かって祈りながらの様であった。しかし、このコンペは第17回日本プロ野球OBクラブコンペで東松山カントリークラブを貸切で行う為にゴルフ場サイドでも容易に中止にできないだろう予測もあった。
ゴルフ場に到着するとプレーは通常のタイムスケジュールで進行するという。
私は再び愕然とし、この雨中でやる事に納得の行かない間にスタートの時間を迎えた。
今回参加のメンバーは元プロ野球選手が殆どでゴルフの腕前も相当なものだと聞いている。
一方私は本来の実力の違いに加え、やる気のないのも手伝ってか前半は最悪のスコアで終わった。ランチの際にすれ違う元名選手達を見かけると名前と顔が一致しない事もしばしばあり、時代の流れを感じてしまった。中には若くして引退した選手も少なくないようだ。
彼らの現状はどうなのか幹事に聞いてみたが、弁当屋をやっている方、実家の農家をついだ方や
LED関係の仕事に携わっていたり、ラジオ解説等、現役時代の華ある時に比べるとあまりにもギャップがあるのに驚いてしまった。
OB同士の会話を聞いていると、今何をやっているのかを仕切に気にしている様子が伺える。
彼らにとって、野球を完了してからの第二の人生での成功をどのようにして築いて行くのかは最大の感心ごとであり、切実な問題でもあるようだ。おしなべて野球一筋で生きて来た彼らはそこまで考えて選手生活を送るはずもなく、引退の危機に接する事で顕在化してくることだから厳しくなるようだ。
そう言う意味では私と一緒に来た幹事は巨人にドラフト2位で入団した後に5年程で見切りを付けて社会人に転向したので準備期間もあり、現在は社会的にも成功されている数少ない一人なのだ。私の尊敬する人物が言っていた言葉を思い出した。人生65歳の時点でどうなっているのか、
それまでいくら華々しい人生を送って来たとしても晩年で沈んでしまったら何もならないと。
やはり、コツコツ積み上げた人生でありたいと痛切に思った。

車の運転

私は車をよくぶつける。つい先日もバックしたら柱にぶつかってランプを破損した。一月前も時間貸し駐車場で前方下部分をぶつけ凹ませた。少し目につく程度だったので修理もせずにそのままにしておいた。
しかし、今回は目立ち過ぎるので保険で修理する事にした。
いわゆる自爆が多いのだ。相手との事故は殆ど無くて自らこすったり、ぶつけたりしている。
注意不足もあるが本来は運転が上手ではないようだ。
その証拠に私の車にはバックモニターが付いているので視覚が届かない部分も映像で確認できるのでぶつかる確立は軽減されるはずなのだが...
幸い大きな事故はないし違反も無いのだが、おしなべて駐車する時に壁や柱にぶつけるので車との距離感覚が自分のものになっていないのかも知れない。
六本木に移り住んでからというものフェラーリやポルシェを色々見かけるが、よくあんなにデカイ車をぶつけないかと思う。幅も長いので道幅が狭い道に出くわしたらすれ違いは出来ないし、駐車するにも一苦労ではないかと思ってしまう。フェラーリクラスを運転する人は運転技術も伴なっているのだろうが、よくぶつ
けないと感心してしまう。
ぶつけた直後はしばらく後悔するのだが、何とかプラス発想に転換して前進している。(笑)
修理から戻ってきたら愛着をもってお迎えしたい。

ヘリコプター

江東区新木場に東京ヘリポートがある。東京湾に面した広大な敷地に様々なヘリコプターがあった。
初めて訪れたが、これからの試乗に私はワクワクしていた。
知人がヘリコプターの運営会社を経営していて、九十九里まで運航する機会があったので同乗させてもらったのだ。いざ乗ってみるとスピードがあるので驚いた。時速180から200は出ていた。東京ヘリポートから九十九里まで何と20分で到着したのだ。見下ろすと大渋滞の景観が実に心地よく写り、優越感と
開放感で感無量だった。現地に着いてすぐにバーベキューの仕度が整っていた。ここは乗馬施設の中にテキサス風のバーもあったりでよく撮影に使われているらしい。この素晴らしい環境とフライトの感動した気分で名産のハマグリ焼きにビールで乾杯だ。何と贅沢な遊びなのかと思うほど素晴らしかった。
おまけに乗馬も体験した。3年ぶりの乗馬にやや緊張して挑んだが体の感覚が覚えていて、すんなりと乗りこなせた。ここは海岸にも出れる最高なロケーションの乗馬施設で次回は是非とも海岸線を乗馬したいと思った。帰りは日没近くになったが18時以降のフライトは出来ないらしい。また、東京ディズニーランド付近を飛んだが上空は飛行禁止だそうな。パイロットの人に交渉して操縦させてもらったがなかなか難しく平行を保つ技術が必要になる。慣れてくると要領は掴めるが長時間はきつい。
ヘリコプターがこんなにも便利な乗り物とは思わなかった。危険度についても伺ったが悪天候のフライトや無理な操縦をしなければ全く問題ないと言う事だった。
体験をしてみないと説明が出来ない典型的な例であった。本当に感動の巻きであった。

買い物

三郷のIKEAへ買い物に行った時の大混雑ぶりに驚愕した。
おまけに巨大な売り場面積で買い物をしている最中に迷うほどのレイアウトになっていた。
必然的に歩く時間も長くなり、ゴルフ並みの運動量のように感じてしまった。購入するまでのシステムも複雑で時間がかかり、さすがに参った。なぜこんなに人が集まるのか不思議で仕方がなかった。
外に出てみると隣にララポートがあり、こちらも大混雑で周りは渋滞だった。買い物に来る人がこんなにも多いものかと見せつけらた。バブルの最盛期を感じさせる程の活況を呈していた。家電量販店にも寄ってみたが駐車場が満でなかなか入れない始末。世界大恐慌の最中とは思えない様子に驚いてしまった。しかし、なぜこんなに買い物をする人が多いのだろう。
主に衣食住にまつわる商品で品質が良く安いものが家族単位で売れている感じがする。
バリエーションが多いのも選ぶ楽しさを演出している大切な要素だろう。
単身者がネットで買い物をする一方、家族で共有する場合は現実現場で商品を見て決めるケースが多いようである。但しニーズは一緒で品質が良く安くてセンスがいい、このポイントは間違いないようだ。
ほぼ丸一日買い物に費やしクタクタになって帰宅した。慣れないせいかもしれないが私の場合、買い物は短時間で済ませるのでかなりきつい一日であった。