鴨シャブ

近所の家族と食事をする事になって鴨しゃぶを食べに行く事になった。
鴨をしゃぶしゃぶして食べる。私のイメージでは鴨肉は比較的硬い印象が強いので、肉質よりも出汁で麺を食べる方が美味いのではないかと思っていた。
その日はテーブル席が予約で埋まっていた。仕方なくカウンター席で5人一列になって食べた。
本店の名古屋と赤坂の二店舗で営業しているのだが評判通り満席になっていた。
スタッフがしゃぶしゃぶをしてくれるので、私は黙って手元に鴨がくるのを待っていた。
胡麻だれに、丸い小粒状になった山椒を混ぜて食べると美味いと言うので試してみた。
確かにピリッときて山椒の風味と鴨が合うのだが、私は鰻を食べるときも山椒は使わないので、そのままタレで口にした方が好みに合うのだ。
確かに鴨肉はしゃぶしゃぶにするだけあり、メチャクチャ柔らかく美味かった。こんなにも柔らかい鴨は初めて食した。本当に美味かったな~
最後はその出し汁でいただくラーメンである。極細面を椀子そばの様に食べるのだ。
小さくまとめた極細面が次から次へと出てくる。ストップの声をかけないとずっと出てきてしまうらしい。友人はこれで23玉食べたと言うからビックリだ。
私は五玉でギブアップしてしまった。
横一列の為か、会話もそこそこに黙々と食べている様子を思い出すだけで面白い。