長男

私の長男が高校を中退して半年近くになる。
退学する時には擦った揉んだしたが、今は彼なりに一生懸命に生きている。
夕方の5時から居酒屋のアルバイトで10時まで働き終わってからドラムの練習をしている毎日のようだ。
必然的に日中は寝ている生活になる。
見かけは金髪で不良少年そのものと言った感じであるが、引きこもりよりはマシだとプラス発想で見守ってきた。

以前からバンド活動でドラムをやっているが本気にそれで飯を食おうとしているのだ。
自宅でもドラムを演奏して近所からお叱りを受けた事もあり練習する環境に困っていた。
私とは殆ど会話もないし顔を会わせる機会も少ない状況なのだが、先日彼からメールが届いた。
内容は電子ドラムを買って欲しいとのお願いであった。
彼からのメールも初めてだし具体的なお願い事も殆ど無かったので少々驚いたが、すんなりと回答するのに躊躇があった。
以前、ご近所からクレームがあった際に彼の部屋を防音工事する話をした事があったが、見積りが350万円もかかるのでどんなものかと思案し、知人にも相談していたが彼の為にも容易に工事する事は取り止めにして代わりに電子ドラムにしようと思っていたところだった。

メールの返答は一緒に楽器店に行って見てから判断するとした。
待ち合わせ場所に時間通りに来て笑顔を見せながら現れた。
昼飯を一緒に食べながら話をした。
私が思っていた以上にしっかりした考えを持っていたので安心した。
約束として初ライブには必ず招待する事と途中で絶対諦めない事を確認して一番良い電子ドラムを購入した。

本気で打ち込める事があるのは素晴らしい事だが、その世界で成功するには人並み外れた努力と運を持ち合わせないと難しいだろう。
高校を中退した時点でハンデがあるのだから自ら将来のビジョンに向かって妥協なしで突っ走ってもらいたい。

選挙

ある人物から電話があり会いたいと言うので待ち合わせ場所へ向かった。
経営者を長年経験している方で以前イコムにご子息をお預りした事があった。
逆境に強いと自負されておられ、現に数々の難局を乗り越えて来られた方である。

何の話と思えば、選挙に出馬して戦うので応援してくれと言うのだ。
60歳を越えて尚エネルギーが充満している様子を拝見して驚いた。
会社は幹部に任せて政治の世界に初めて挑む決意だ。

政治の世界は水面下で動く時期がないと潰されてしまうと言うので、あくまでも極秘でいてくれと言う。
時期が来るまでは口堅い信頼できる人しか声がけしていないと言うので、まんざらでもない気分だった。
何のために政治の世界に挑戦しようかと思った話や、この様な社会の仕組みにしたいとか、とにかくパッションが伝わってきて、その内容はともかく心意気に感激してしまった。
政治組織もなく選挙の戦い方も素人なのに、自信満々で俺でないと駄目なんだと言う一種独特の自身過剰な位の立場が普通の人ではないのだろう。いや、政治家たる者はその位でないと務まらないのかも知れない。

とにかく私はその心意気に打たれその日の内に快諾した。不思議なものだが選挙を応援する立場になると何か燃えてくるものが感じられる。要するに戦なのだ。戦に勝つか負けるかの二つに一つの世界なのだ。
どの様にして戦略を立てるのか近く主要メンバーを集めて会議を行うと言うので、私としても利害が全く無いので完全にボランティアだが戦を楽しんでみようと思う。

全国各地で新たな市民革命的な政治活動の潮流が見受けられるが、何か時代の流れが大きく変わる予感がしている。

第18期経営計画発表会

イコム第18期の経営計画発表会を執り行った。昨年は身内と金融機関の方の参加者に限定したが、今年は取引会社の方々にも参加いただいた。
また、今年は二部制にして食事やお酒を用意し、ゲーム等も取り入れて柔らかい雰囲気を演出した。
実はこの様な催しは今年で2回目になる。
なぜ昨年から始めたかと言うと、絶対にやったら良いと言う事を聞いてからだ。初めて耳にした時から2〜3年経ったある日、またもや耳にする機会に恵まれて実行に至ったのだ。
社員の意識の高まりは勿論の事、金融機関へ経営に取り組む姿勢を示す事は非常に大切な事だと感じた。
社員全員が参加する事で社風が伝わるし、目標を宣言したりプロセスを説明する事で、どんな事をやろうとしているのか明確になるから、特に金融機関の方には安心感を持ってもらえるようである。また、取引会社の中には勉強になるから参加をしたとか、刺激を受けてうちでも始めようと思った等の意見が聞かれた。非常に意義のある発表会になった。2回目の方が格段に良くなっているし、イコムという会社を本当に理解いただける機会として、来年以降も課題を生かしてより良い発表会にして行きたいと思う。
会の途中で社長賞を発表する機会があった。色んな表彰の中でも特に基準が無くて、私の独断偏見で決めるという賞があるのだが、発表した瞬間に当人の女性社員が涙して声を詰まらせる場面もあり、危なく私も貰いそうになってしまった。
後から聞いた話だが、彼女の受賞は全員一致で喜んでくれたらしい。

就活

新卒者4名が今月1日より当社の一員に加わった。
思えば09年の12月からの採用活動での縁が始まりだった。よく考えて見ると実に長い時間を要して入社して来たものである。以前と比べると就職活動の実情が異なっていとは言え、あまりにも早い段階で採用活動をする意味があるのかと思ってしまう。
最近は企業側もエントリーを遅らせているようだが、実際に我々が準備し出すのも入社する2年前から就職ポータルサイトへ掲載していた。学生も3年になって間もなくしたら就職活動に入っていた。
リーマンショックから始まった就職難が今回の地震で更に厳しい局面を迎えたのは間違いないだろう。本来は今年3年生になった学生が心配する時期かと思うが、これを機会に潮目が完全に変わった感じがする。今年の4年生の状況が大変気になる。就職活動期の真っ盛りに起きた地震により企業側の対応も消極的に転じざるを得ない状況だろう。
そう言う意味では今年の新卒者は運に恵まれていると言えよう。
しかし、企業側からすると今年の4年生、3年生は勿論の事、今年卒業して就職が決まっていない人達を含めて採用活動出来る大チャンスと捉える事が出来る。
おそらく採用活動の手法も全く違ったアプローチが可能になったのではないかと思う。
当社も12年度の採用活動は様子を見ていたが、ここが機を見るに敏に動くポイントではないかと思っている。