被災地の人々

東北新幹線の一関駅で降りてレンタカーを調達し、陸前高田へと向かった。
田園風景を経て山道を過ぎると突然と瓦礫の風景に変わった。そこは正に戦場跡地というか、原爆で跡方も残って居ないと言った方が適切かも知れない。
但し、白と黒がハッキリ分かれているように何も残って居ない隣には普通に家屋が存在していたりするのだ。この地は明らかに津波の被害である事が解る。あちこちにパトカーと警官の姿を見かけ、今まで見た事もない自衛隊の車と何度もすれ違う。駅の近くに行ってみると、跡方もなくてここが駅だった事が想像すら出来ない状況だった。大部、車や家屋の撤収が進んだ事もあって更地が広がっている異様な雰囲気に包まれていた。

その後、気仙沼へと車を走らせるも通行止めの所が多く迂回してようやくたどり着いた。ここは近くにコンビナートがあった事もあり火事の跡が多く残り、風景は陸前高田よりも悲惨であった。昼食をしようにも店が殆どの閉まっていて、衣料関係の店はちらほら営業しているが飲食店はなかった。ようやく見つけたお蕎麦屋さんに入り話しを聞けた。
メニューを見て驚いた。
ラーメンもあり、そばも全て400円という安価で出している。
このご夫婦は高台に位置していて当日も外出していなかったので被害に合わなかったそうだ。とにかく運しかなかったという。生かされたので、被災者のために温かいラーメンを追加して安価で営業を再開されたそうだ。お客様の中には手を合わせお茶をいただいた方もいたと言う。みんな遠くから歩いて食べにくるそうだ。おにぎりやカップラーメンばかりの食事では無理もない。
しかし、同じ商人として素晴らしいご夫婦に巡り会えた。無気力になり商売を再開する人も少ないと言う。そんな状況の中で飲食店が殆んど無くなってしまった地域で奮起している姿がとても美しく見えた。

帰りに仙台に寄ってタクシーで日帰り温泉に行ってみた。個人タクシーの運転手さんだったが今年の2月迄は大不況で商売を辞めようとしたそうだ。そんな時に震災が来て今では年末年始のごとく活況を呈しているそうだ。震災に関連する作業員、ボランティア、報道、企業の親会社に関わる人達で賑わっている。私が寄った温泉宿も災害地の作業で帰ってくる人達が相当数いらした。この周辺の宿はほぼ満室のようだ。そんな特需も発生しているが運転手さん曰く、そんなに長くは続かないだろうから、この期に今迄のやり方を捨て去り新しいやり方に切り替えるチャンスとして捉えているようだった。

次男と次女

上尾の自宅に末娘が一人で留守番する事になったので私は週末の早朝に六本木から車で向かった。彼女は小学生5年になるが先日ゲームソフトをおねだりされ幾つか買ってあげた。どうも甘くなってしまう。
その日も学校ごっこをやった。彼女が先生で私が小学生の生徒役になり授業の真似事をするのだが、日直の役で挨拶したり校歌を演奏しながら歌ったりと注意を受けながら演じている。もしそんな2人を見ている人がいたら実に滑稽に映るだろう。私もまんざらでもないが、長くなると苦痛になってくるので途中で寝転んだりするのだが、またしても注意を受けて元に戻るという繰り返しをやっている。
お昼は私が特製チャーハンを作ってもてなしてあげた。夕方になると妻が戻って来るので今度は六本木に戻り部活から帰ってきた次男と食事に出かける。

近所で生パスタを売りに混雑している店があったので入って見た。パスタの素材も何種類から選べるしトッピングやソースも自由に組み合わせが出来るのが面白いと思った。明日は練習試合で水筒が必要になるとの事で以前のものは壊れているし、買いに行こうと思ったが酒入って面倒なので翌早朝に近くのドンキに行って買った。
何時も思うのだが、六本木交差店の東と西では一歩踏み込んだだけでも別の国に入った感じがする。東京タワー側の六本木は黒人と酔っ払った連中が千鳥足でさまよう外国で、ミッドタウン側は静けさがある普通の街並みになっていて、正に六本木通りの道を隔てた両側は別の国であるかのようだ。そんな観察をしながら次男に水筒を手渡し彼は7時過ぎに練習試合へ向かった。

先日も次男の担任の先生から連絡があり、友達と授業中に喧嘩になり相手に怪我をさせ病院で治療を受けるまでの事態で、先方の親御さんに謝って欲しいとの事だった。その日のうちに謝りに伺ったが、理解のある方でほっとした。子供の喧嘩に親は口出ししないと言ってくれて事なきを得た。
次男と次女との最近の関係は昔は無かったように思う。大変だけど、親としての勤めが出来ているようで昔のツケを今払っているのかも知れない。

オーガニックハビテーション

天然村で田植えを行なった。
今回は社員が参加して私を含めて全員が初体験となった。

小川の水を利用するのでとても冷たいが、素足の方が気持ちよさそうだったのでやってみたが長靴を履いてやるよりはるかに作業しやすいし気持ちが良い。冷たさも最初だけでなれてくる。苗は有機のものを使用するので完全無農薬によるオーガニック米が出来上がるのだ。
作業はロープを使って均等に植えるための目印にし、全員で横一列になって始めるのだが想像していたよりも辛い作業でなく楽しく出来た。みんなもキャーキャー言いながら楽しんでいた。但し、単純作業なので飽きてくる。同じ事の繰り返しなので何か楽しみを見出せる工夫があったらより良いのかもしれない。

田植えの後は椎茸の菌打ちをやったり、リバーサイドテーブルを作ったりと新鮮な体験をした。
ご飯は地元の方々がボランティアで作ってくれてキッチンガーデンでとれたての野菜のサラダや天ぷら、すき焼き、胡麻和え、筍の味噌汁、そば、赤飯と何れをとっても素晴らしく美味しかった。野菜本来の甘みが凝縮していて普段使えない野菜の部位でも調理次第で大変身してしまう。どんな高級料亭でも絶体に味わえないオーガニックな料理である。

夜はアウトリビングで外の空気に触れながらお酒を飲んで四方山話に花が咲き、ダンスや楽器を演奏したりと盛り上がったが、私は飲み過ぎで何時の間にか玄関で大の字になって寝ていたらしい。朝起きて初めて社員から話しを聞かされて驚いてしまった。おまけに写真を取られていてネタにされる始末だった。

最後に間引きという作業をやった。同類の野菜が密集しているところを成長している分を間引くことで、成長段階のものをより促進するための作業である。これもやってみるとなかなか面白い。オーガニックな農業体験を通して食の安全や安心を自分で作り出し、レシピを学び、自然の空気に触れながらゆったりとした時間を過ごす。都心の生活と両方のライフスタイル。
これがオーガニックハビテーションだ。

体のケア

朝の日課が10年前と比べて大分変わった。
変わらないのは水浴びだけである。

体のケアとして始めたジョギングはジムのトレーニング機器を経て、今は元のジョギングに戻ったが機械よりも断然効果的な事を知った。やはり自然の中でトレーニングする方が室内でやるよりも負荷に違いがあるのだろう。
また、筋トレも今ではシンプルに仰向けに寝ながら足を浮かしてやる腹筋5分と、腕立て伏せ50回をワンセットやっているが少し前まではジムで筋肉トレーニングをやり過ぎて服がパンパンになってしまう事が起こり軌道修正した。また、起きた直後に腹式呼吸をやりながら瞑想をしている。これも以前と比べると時間短縮しているが代わりに六方拝というものを取り入れてやっている。これは先祖や親兄弟、友人や会社関係等の6つの方面にありがとうの言葉を発しながら感謝をする儀式なのだ。

これらが毎朝のルーティーンなのだが最近発見したのが「あかすり」だ。さすがに毎日は出来ないが温浴施設に行った際にやると終った後は体が軽く感じリフレッシュ感が抜群に良い。但し、担当者が日本人ではなく韓国人に指名する様にしている。やはり本場の韓国式あかすりは実に上手である。また、マッサージはアロマオイルを使用したトリートメントと整体式のマッサージをその時々によって分けているが、最近はストレッチを混ぜたマッサージの方が疲れがとれるようだ。そんな具合に体のケアをしているが、唯一食べ物のバランスが取れていないのが気掛かりでもある。

外食が殆んどの為にどうしても偏ってしまう。なので最近は外食も飽きてきて天然村で採れたての野菜を頬張
りたい気持ちに駆られる。オーガニックを体が求め始めたのかもしれない。これが何よりも優先する体のケアなのだろう。