体のケア

朝の日課が10年前と比べて大分変わった。
変わらないのは水浴びだけである。

体のケアとして始めたジョギングはジムのトレーニング機器を経て、今は元のジョギングに戻ったが機械よりも断然効果的な事を知った。やはり自然の中でトレーニングする方が室内でやるよりも負荷に違いがあるのだろう。
また、筋トレも今ではシンプルに仰向けに寝ながら足を浮かしてやる腹筋5分と、腕立て伏せ50回をワンセットやっているが少し前まではジムで筋肉トレーニングをやり過ぎて服がパンパンになってしまう事が起こり軌道修正した。また、起きた直後に腹式呼吸をやりながら瞑想をしている。これも以前と比べると時間短縮しているが代わりに六方拝というものを取り入れてやっている。これは先祖や親兄弟、友人や会社関係等の6つの方面にありがとうの言葉を発しながら感謝をする儀式なのだ。

これらが毎朝のルーティーンなのだが最近発見したのが「あかすり」だ。さすがに毎日は出来ないが温浴施設に行った際にやると終った後は体が軽く感じリフレッシュ感が抜群に良い。但し、担当者が日本人ではなく韓国人に指名する様にしている。やはり本場の韓国式あかすりは実に上手である。また、マッサージはアロマオイルを使用したトリートメントと整体式のマッサージをその時々によって分けているが、最近はストレッチを混ぜたマッサージの方が疲れがとれるようだ。そんな具合に体のケアをしているが、唯一食べ物のバランスが取れていないのが気掛かりでもある。

外食が殆んどの為にどうしても偏ってしまう。なので最近は外食も飽きてきて天然村で採れたての野菜を頬張
りたい気持ちに駆られる。オーガニックを体が求め始めたのかもしれない。これが何よりも優先する体のケアなのだろう。