郷土料理

新規事業の打ち合わせで徳島県鳴門まで出張してきた。
特産物の鳴門金時いもは、全国的に有名ブランドになっている。
土産店に立ち寄って見たら地元の若い女性が箱ごと買っていた。
地元価格でも決して安くないで驚いたが、どうやら人気の品は本物だった。
ついでにワカメも絶品とのお勧めもあって試食してみたら、あんなに歯ごたえある美味しいワカメはありえなかった。
鮮度が良いのでここでしか味わう事が出来ないのだ。

宿泊先はあえて民宿にした。
お目当ては郷土料理なので気のきいたホテルよりも、ここでしか食べられない料理を期待しての選択だった。
正に期待に答えてくれたトップバッターがワカメのしゃぶしゃぶだった。

知らなかった。
こんなにワカメが美味しいなんて。
千葉の鴨川の漁師町に住んでいた時でさえ、こんなものは無かった。
とりたて鮮度抜群ワカメをしゃぶしゃぶにして食す。
思い出しただけでもニヤリとしてしまう。

続いて鯛しゃぶ。
これも絶品で大好評だった。
甘味の含んだ鮮度抜群の刺身をさらっと湯につけ食べる感じは衝撃的だった。
続いて生牡蠣、牡蠣フライが登場して、あともうひと品位の腹具合になったと思ったら鯛の蒸し鍋が出てきた。
初めての料理だったが魚を蒸すとこんなにも身が柔らかくなり、味が凝縮されるものだと思った。
ボリュームもあるので満腹感の時にまさかと思ったが、牡蠣の蒸し焼きが大皿いっぱいに盛られて運ばれてきた時には呆気に取られてしまった。
何なのだこの民宿はと…一体宿泊料金はどの位なのかと心配になったほどである。

感動の郷土料理を楽しませてくれた民宿も私達だけだった。
果たして経営が成り立つのか心配になる程、持続して欲しい民宿だった。
お代は絞めて一人9000円。
驚きの破格値だった。

仕事の打ち合わせも上手く運び、帰り際に徳島ラーメンが食べたいという事になった。
あまり期待はしてなかったが、予想に反して独特の風味があり癖になる味わいに感動した。
東京になぜ徳島ラーメンが無いのか不思議な位だ。
もしかしたら、あるのに知らないだけかも知れないが、そうだとしたらもったいない。

ここでしか食べられない。
正にこれが郷土料理なのだろう。

ものづくりの街

秋葉原から御徒町方面に歩いていたら、何人かの人達が入って行くので気になった。
看板もないので何かと思い引き返して入ってみた。
そこはJR高架下に創った「ものづくりの街」だった。
ものづくりをテーマにしたショッピングモールのようなものである。
普通のモールとの大きな違いはここでしか買えない職人芸の品々がある事だ。
特定少数に向けた手間のかけた製品は魅力的である。
伝統工芸、革製品、生活雑貨、家具、バック等、50店舗ほどが集まっている。
私が中に入った店は手作りの革製品を手がけていた。
オーダーメイドで財布を製作してくれると聞いて驚いた。
革の種類から形作りやステッチの色まで選べる。
正にあつらえる製品作り、御用達である。
お客の好みを聞き取りながら、私には気が付かないアイデアを提案をしてくれてアッと思わせてくれたり、何とも言えない満足感が得られる。
これが御用達であると感じた。
10年近く使っている財布を一つしか持っていない私にとっては一発回答だった。
ブランド商品と比べると半値近く手作りの品々が安く買えるのでとても魅力的に映った。

この施設を手がけたのがJRの関連不動産会社だ。
エキュートで知られる駅なかショップを手始めに、商業店舗を得意とする会社だ。
今回の企画で高架下がオシャレなものづくりの街として生まれ変わった。
従来の店舗として貸し出すには立地的な条件が弱い為、本当に価値のあるプロモーションだと思う。
おまけにプレス効果もあって集客力もあるので、テナントにしてみれば立地を十分にカバーしていると言える。
私が購入した店の主人も言っていたが、家賃は少々高いが話題性があるし仕掛け方もセンスがあるので集客には困らないと言っていた。
要するに不特定多数を相手にする商売には難条件でも、特定少数ならば好条件に変わる訳だ。
正にこれからの時代のスタイルを見た感じがした。

面白いもので一ヶ月後に仕上がってくる財布が今から楽しみになっている。

習慣

先日不覚にも寝過ごしてしまった。
私は朝起きてから10年以上習慣化している事があるのだが、自然に5時になれば目が覚めるのだが起きたら6時を回っていた。念のため寝る前に明日も5時に起きてルーチンだと自分に約束してから寝るのだが、もしかすると前夜は酔っ払って約束せずに寝てしまったのかもしれない。
とにかく驚いてしまった。仕方なく諦めたつもりでいたが、なんだか居心地が悪いというかスカっとしない感じで会社に向かう事になった。

5時に起床すると瞑想してからイメージトレーニング、六方拝、腹筋、腕立て伏せ、マラソン、トイレ掃除、水浴び、これらを約2時間かけて毎日やっている。
マラソンをしながら「ありがとう」1000回を言う。今は暗いので走りながら言っていると、すれ違う人や前方にいる人達がギョッとするので、人に近づく時は声を小さくしている。笑
おかげさまで運が良い。さしたる実力もない私だが、運はルーチンの成果もあってかなりの強さがあります。運がいいんです私。

課題はリズムが狂っても気にしないで切り替えて前進するようになることだ。
会社に到着するまでの30分間車中で調整したりする。
もっと自由に生きればいいのに、と言ってくれる友人もいるが性格上、止めれないのだ。
止めてしまうと自分でなくなるような気がして、恐れが大きくて固執してしまっている。

程よく良い加減でやれるようになりたいものだ。

仕事人間

天然村の取材で、出版社の方と一緒に東京駅から車で現地に向かった。
車中では取材も兼ねて色々な話になったが、私にとっては出版業界の話しがとても新鮮だった。
編集部の方は、様々な業界の人達と接触する機会が多いので実に色んな事を知っているのだ。
全く知らない分野は一から勉強しないと取材にならないため、大変な仕事である。
東大の教授を取材した時も、テーマはスマートグリッドだったそうだ。
以前からアメリカが研究や実験を繰り返してようやく形になったそうで、原発の問題で揺れている日本は大手不動産会社や商社がこぞって現地視察に行ったりして注目の低エネルギーインフラ施設の仕組みのようだ。

このような業界を始めとして新しく世に登場する物やサービスも多岐に渡るので、彼女達の仕事量は半端ではない。
常に締め切りが付きまとう仕事なので終電は当たり前、徹夜も平気でこなすようだ。
実際に天然村に宿泊した時も驚いたが、夜の12時まで一緒に飲みながら話しをしていたが、その後に仕事をして3時に寝たと言っていた。
その彼は、今の職場に入る前はシナリオライターを目指していたそうだ。
映画のワンシーンが好きで勉強をした時期があったそうだ。
しかし、20代で目が出ないと難しいと言う事があって夢を諦めたそうだ。
要するに一種独特の才能があったりするのだ。

今は編集部にいる彼も本のタイトルや構成を考え、読者に支持される出版物を作る為に懸命な努力をしている。
それが私にも伝わる。
皆さん優秀な方々が故に仕事人間に偏り過ぎる傾向があるようだ。
たまの休みも頭から仕事が離れないそうだ。

世の中には様々な仕事のやり方があるものだと思った。