健康診断

毎年この時期になると健康診断をやっている。
今回も社員のみんなと一緒に、一連の流れで院内を移動して最後に診察して貰った。
何と昨年に続いて血圧が140を超えていたのだ。
昨年は気にも止めてなかったが、今回は先生から高いので注意を促された。
私は健康管理には自信があったので、どうすれば下がるのか教えて欲しいと言った。
すると先生は「もう若くないし年だからね。」と答えてくれた。
ショックであった。

毎日の日課である腹筋、腕立て伏せ、腹式呼吸、ジョギングを汗いっぱいになってトレーニングし、夜は炭水化物を避けてタバコは辞めて20年になる。
お酒は毎日飲むがそんなに大量では無いので何が原因しているのかと思ったら、年だと言うのだから元の木阿弥である。
帰り際に先生が血圧手帳をくれたので読んでみると、運動でも腹筋や腕立て伏せは血圧を上げてしまうと記されていた。
私はこれが決定的な要因だと決めつけて、明日から止めようと考えた。
しかし、10年もルーティーンを続けて来たので本当に止めてしまって良いものかと悶々としていた。
会社に戻ってもそれが気になっていたので、先生の携帯に連絡して事情を聞いてみた。
毎日腹筋や腕立て伏せをやっていても、一時的に上がるが数分も過ぎれば元の数値に戻るから大丈夫だという。
じゃあ先生どうしましょう〓解決策を聞き出したくて仕方がない私に先生は自分の体験話をしてくれた。
先生の親、祖父ともに高血圧が要因で病気になるDNAの為に40歳を過ぎた辺から薬を処方して125を保っていると言う。
薬嫌いの私には解決策とはならずそれはボツなのだ。
考えた末に思い付いた。
毎朝の日課に瞑想とイメージトレーニングをやっている中で、血圧が正常値になっているのをイメージ想像しようと決めた。
先生には馬鹿げているとしか思えないだろうが、来年の検診までにこれでやって先生を驚かせてやりたいと思っている。