娘達と買い物

日曜日の渋谷は台風が接近しているにも拘らず、人混みはいつもと変わらなかった。
109へ娘2人の買い物に付き合う為にやって来た。
勿論、パパの役目はお金であって実際に洋服を見立てるのは彼氏の役目である。

長女は彼氏と一緒になって約2時間もの間、店内の服を選んでは試着をするという、
ここぞとばかりに買い込む構えを見せていた。
私は最初の1時間は2人の様子を見ていたが、耐え切れずスピンアウトしてしまった。
一方次女は小学生6年なので店内に似合いそうな服が無いと思いきや、
店員さんが駆け寄って来て、あれやこれやと色んな服を持って来る。
次女もその気になって豹柄のワンピースを試着する展開になる始末。
思い直して豹柄のフード付きのジャケットに留めてくれたので安心した。
2人とも値段を一切気にする様子も無くあれがいい、これがいいと大はしゃぎだった。
お会計の場面になってパパは呼ばれた。
私はある金額を想定していて、超えていれば品物のチョイスを変更する様に促す
つもりでいたが、想定内だったので気持ち良く支払った。
これでお終いと思っていたら、次は原宿に行きたいと言う。
こんな事は滅多にないので、私は頑張って付き合った。

竹下通りにあるアイドルショップに向かった。
勿論、次女のリクエストでみんなで行ったのだが、長女と彼氏は近くへプリクラを撮りに行った。
私はアイドルショップへ次女と共に入ったが、これまた選ぶのに時間がかかり
外を見れば雲行きが怪しく、今にも台風が近づいてくる感じである。
私はもういい加減に帰らないと台風が来るから早く帰ろうと促すが、娘はいっこうに
気にする様子も無く夢中になっている。
ここで怒ったら元の木阿弥になってしまうので私は我慢した。
いや、正確にはスピンアウトして隣のカフェに入って待った。
疲れていたので、モンブランパフェを注文した。

周りを見ると女子がいっぱいで、男が一人くらい居てもいいのに全員が10代の女子である。
まぎれてしまった私は仕方が無いと諦めてパフェを食べ出した。
しばらくすると、みんな戻って店内に入ってきたが、もう直ぐにでも台風がくる感じなので、
早く食べて帰ろうと言ったが注文してもなかなか来ない。
やはり、せっかちな私が彼女達に一日付き合うのは何よりも難しいと思った。
結局、台風に遭遇してびしょ濡れになったのだ。