あっちの世界

久しぶりに顔を見たら元気そうだった。
体は若干細くなった印象だった。

約4週間留置場に拘留されている次男に面会をする為に妻と警察署に同行した。
妻は着替えや本を届けに1週間に1度の割合で面会に来ているが、
今回私は初めてだった。

殺風景な面会室は硬直した雰囲気で、あっちの世界とこっちの世界が
完全に分断された空間だった。
あっちには壁を隔て警察官と次男が、こっちには妻と私がいて、透明
な壁に丸く穴が開いていて会話は出来るが、それ以外に隙間がないの
で、何か直接渡すことは出来ない。
本は警官を通して渡す事は出来るが、手紙はなぜか外から郵便で警察
宛に出して本人に行き渡る仕組みになっていた。

私は開口一番、住み心地はどうだ?と聞いたら、最悪だよと顔を若干
しかめた。
畳2畳の空間に17歳の暴走族のあんちゃんと2人で生活しているという。
狭い空間に自由が効かないし、飯もまずいし量も少ないので、あっち
で楽しみを見出すのはかなり難しいようだ。
但し、17歳のあんちゃんと一緒なのが唯一救われるだろう。
話し相手がいるのは気がまぎれるし、一人よりも良いだろうと思った。
私が色んな話を2人でするのか聞いてみたら、彼がうなずいて色々ねと
言った瞬間、隣にいる警官が「色んな話しとは何だ!」と一喝した。
話の内容も限定されるらしい。
警官の反応に少しムッと来たので、私は次男にここから脱走するなよ
と冗談半分で言った。
すると、警官がこっちを向いて鋭いまなざしを差し向けた。
私は間髪入れずに次男が可愛がっている愛犬の写真を見せた。
本来は面会室で写真を見せるのは御法度らしいのを知っていたが、
私なりの反撃を試みた。
すると警官が苦虫を潰したような顔で言った。
少し差し控えて下さいと。
まるで親が親なら子も子と言わんばかりの表情だった(笑)。

しかし、犯罪を犯した者である以上はごく当たり前の処置だろう。
留置場で飯が美味かったらおかしいし、自由な空間があっても変である。
次男の拘留が長引いた原因の1つには公務執行妨害だったらしい。
ガソリンスタンドで消火器を盗んで警察署に撒き散らしたそうだ。
その他余罪もあって、これから鑑別所に移されて2、3週間でこっち
の世界に戻れるだろうと、その日来てくれた弁護士の先生は言っていた。

私からの土産として本を1冊渡した。
成功哲学の本で彼には少し難しいかも知れないが、1年後、5年後、
10年後の自分のビジョンを明確にしてこっちの世界に戻ってくるだろう。

ロハス

南青山4丁目の閑静な住宅街にサロンを訪ねた。
友人からの紹介で「ラフィアージュ」という女性のスタッフだけで運営している。

健康と美容の分野では21世紀に一番必要とされるロハスなサロンである。
ロハスとは、「健康で持続可能性のあるライフスタイル」であるが、
ここは毒出しと体内から美と健康を促進するオペレーションがある。

実は2年ほど前から友人には聞いていたのだが、死ぬほど痛い激痛に
見舞われるが効き目はあると聞いていた。
彼の紹介で施術を受けた仲間たちも例外なく激痛との事だったので、
私には無縁と思っていた。
痛いのは嫌いだし、激痛と戦うまで行く意味が皆目見当つかなかった。

しかし、私の友人H氏がどうにかして二の腕を細くしたいと言う声があり、
ふと頭に浮かんだのがこのサロンだった。
私としてもロハスの分野は事業としてやっているので、施術はしない
までもサロンには興味があったので、H氏と一緒に訪れたのだ。

サロンに入ると早速、経営者のS氏が出迎えてくれた。
S氏は43歳になると聞いていたので、見た瞬間びっくりしてしまった。
30代前半にしか見えない綺麗な方だった。
自ら実践することで、美と健康を証明している素晴らしい方である。
ロハス談義をしているうちに施術を受けたい気分になってきたので、
お手柔らかにやってもらうことにした。

最初は何をどうするのかさっぱり解らなかったが、肘で圧迫する手法で
体のコリ部分を流すのだが、このコリは毒が溜まっていて圧迫すると
激痛の要因になるのだ。
おまけに指ならともかく体の体重を肘にのせて力をいれるので、圧迫力
が指とは断然に違う。

私はお手柔らかにお願いし、徐々に強くしてもらったが不思議と激痛はなかった。
S氏も驚いていたがほぼ全員大声を出して痛みを訴えるらしいので、
私の様子を見て健康体だとおっしゃってくれた。
でも、コリの部分をゴリゴリやられているときは痛い。
私の場合、背中の左部分にコリがありそこは胃を象徴しているらしく、
唯一ここは汗が出るほど痛みに耐えた。
おそらく、食べてから寝るまでの時間が比較的短いので消化がしきれていないのだろう。

最初と最後に体のサイズを測るのだが、私の場合ウエストが3cm、足首が1.cm細くなった。
特別頓着していないので、そうなんだと思っていたら、一緒に来たH氏は驚いていた。
彼女も二の腕が0.5cm、体重が1kg減ったが、私の方が数値が大きく減っているからだ。

いずれにしても、それだけ体内に毒素が滞留していれば病気につながるようである。
それを事前に毒出しすることで防ぐ効果があるのだから、多少の痛みに耐える価値はあるだろう。
また、女性の場合はサイズダウンにもなるのでニーズは高いと思う。

施術が終わった後に手作りのスイーツをいただける。
これが、砂糖、牛乳、小麦、卵を使用していないのだ。ナチュラルに拘った
ローフードのスイーツ、とても美味しかった。
わが社の天然村でもオーガニックハビテーションと称して、地域の自然素材を
上手に加工した商品開発に勤しんでいるが、ラフィアージュのスイーツ製造所
が館山にあり、不思議と縁を感じた。

21世紀のキーワード、やはりロハスである。

ちょっと力

ちょっとした配慮があると、ちょっとしたいい気分になれる。
最近そんなことを幾つか体験した。

ゴルフ場に着いて車寄せから降りたらスタッフの方々が笑顔で明るく挨拶をしてくれた。
とてもすがすがしく、いい気持ちだった。
簡単なようで他のゴルフ場にはない光景だった。

大雪の日に美容室を予約していたので、びしょ濡れになりながら着いた。
「こんな日に来ていただいて嬉しく思います」
しみじみと言われ大変な中、来てよかったと思った。
帰りは時間の合間を見て駅まで送ってくれた。
これも簡単なようでなかなか出来ないと思う。

大雪の夜にピザが食べたくなり注文するが、最初に電話した会社は
コールするが全く出ない。
二度目に電話した会社はコールの途中で、本日は大雪の為に配達が
困難な状況で閉店したというメッセージが流れた。
気にならない程の小さな事だと思うが、一事が万事といわれるように、
二度目の会社は他にも色んな配慮が行き届いていると思える。

そば屋でカレーライスを注文した。
私はここのカレーが大好きなのだが、それに加えて味噌汁、お新香、
ちょっとしたポテトサラダがついてくる。
このラインナップがたまらなく嬉しい。

当社のスタッフで見落としてしまうような事をさらりとやってのける者がいる。
追加で取っておくべき書類とか、電話の取次ぎでもこちらがスムーズに
対処できるように、ちょっとした配慮をさりげなくやっている。

友人の息子と一緒に酒を飲んでいるとき、話題に花を添えるような
ユーモラスな会話を展開する。
何でもない会話から面白い内容にシフトして、楽しさがより膨らんで場が和む。
コミニケーションの達人である親を超える素材を感じた。

困難に立ち向かう

子供は親を選んで生まれてくるという。
私はこの説は正しいと思っている。
故に親が子供に学ぶべきだとも言える。
従って、子供は親に学ぶべき事よりも別の体験で学ぶようになっているとも言える。
しかし、一般的には親の言うことを子供が聞くのが当たり前である。
子供が親の言うことを聞かなかったり、意向に反した行動をすると叱ったりする
のも当前のことだ。親からすると当然かも知れないが、子供からすると親の言う
ことを聞いたふりをして裏では反対の事をする者もいれば、最初から親の言うこ
とを聞かないで裏と表の顔が一緒の奴もいる。

先日次男が警察に逮捕された。容疑は窃盗だという。
今も警察で事情聴取されて3日ほど拘留されている。
中学2年生になるが学校にも行かずに仲間とつるんで遊んでいる。
私と二人だけで2年間共に暮らした仲なので彼の性格や行動は熟知している。当然
信頼関係もあるので、私から彼に何かを止めろとか、何かをした方が良いとか、言う
つもりは毛頭ない。しかし、アドバイスを求めてきたり、何かで悩んでいる様子があれ
ば、助太刀する心づもりはある。
今のところ楽しくやっているので特に問題はないだろう。

いつか自分で気づきを得て、困難に立ち向かう勇気をもって行動するようになって
くれると信じている。今は逃げ癖や楽な方を選択して、本来の人間的な成長は全く
ないが、主体的に困難に立ち向かう姿勢が人生の目的でもある。
勉強やスポーツ、仕事でも困難に立ち向かう事で道が開けてくるし、人格の形成や
人間力を高める上でも避けて通れない王道である。
長男が良い例で、彼は高校1年で退学した時は逃げ癖があり、楽な選択をしていたが
2年経った今では、主体的に困難に立ち向かっているのが伺える。逆のパターンは最
悪で大人になってから窃盗や、犯罪で逃げ癖がついてしまうともうお手上げで、最終
電車が行ってしまった感である。

妻も友達の両親も連日心配していて大変そうだが、無用な取り越し苦労はせずに
彼らを信頼して、自分の事で困難に立ち向かって欲しいものだ。