人を動かす

約1年ぶりの再会だった。
会食しながらK氏の活躍する話を聞き、同じ志を持つ私としては非常に感銘を受けた。
K氏は一般財団法人ラリーニッポンの代表理事で、クラシックカーをアイキャッチャ
ーに、日本の歴史・文化を再発見・再認識し、日本の誇りと自信を取り戻し、この日
本の美しさを世界に発信することを目的としている。

昨年に比べるとプロジェクトも多様化して台湾で開催したり、通常4日間の走行日程
を2日間でやってみたりしている。
基本の走行ルートは4日間で、京都の上賀茂神社をスタートして伊勢神宮・福井・岐
阜・長野・山梨・静岡・神奈川を経て靖国神社がゴールになる。
自慢のクラッシクカーに2名乗車での競技としてエントリーしている。

私は車に興味がないのでよくわからないが、車好きの究極がクラシックカーを所有す
ることにあるようだ。
何十年も前に製造された車が数億円するというのだから、それしかない価値があるの
だろう。

そもそもK氏が何故ラリーニッポンを立ち上げたのか聞いてみた。
彼がイタリアの代表的なラリーに参加した際、競技を交えて知り合いになったイタリ
ア人は日本に興味がある一方で、自分より日本の事を知っている現実に衝撃を覚えて
帰国したという。

そして、世界遺産である上賀茂神社に単身交渉に出向き、通常では車が出入りできな
い境内に許可を取り付けたのだ。
彼のパッションとビジョンに共鳴したのだろう。

私は感じた。
人は心底自分のミッションを察知した時に、打算なしで突き進めるエネルギーが自然
と湧いてくるのだと。
そして、熱意と志だけで相手を動かしてしまう力が作用する。
そこには肩書や実績は必要ない。
ただ一身に大儀に向かう姿勢を示すプロセスを重ねる事で、そのプロセスそのものが
大きな信頼残高の預け入れになるのだろう。

将来は公益財団法人を目指し日本の文化を世界に発信する役割を担う。
私個人としても事業とは別の分野で深くかかわって行きたいと思っている。

次女と宿題

小学6年生の次女が休日になると勉強している。
算数の宿題になると私が呼ばれるようになって2年位になる。
当初は理解できるように説明しながら教えていたが、今では私が全てやってしまっている。
私の教え方も上手ではないが、彼女は授業でも、塾でも復習や予習をやっているにも関わ
らず理解できないのは、学校の勉強が苦手で向いていないようだ。
かけ算、割り算が出来てればよし、複雑な計算が解けたからと言って、社会に出て何の役
にも立たないので私は無視して構わないと言っている。
勿論、自然に学んで理解出来る子にはそんな事は言わないが、彼女の場合は過度のストレ
ス状態になりヒステリックを起こすので、私が答えを教えてあげる。
すると、彼女は途中の計算式も書かないと、ばれちゃうからちゃんとに書いてくれという。
おまけにパパの字だと変だから別の紙に書き写して欲しいとリクエストされる始末。
計算式から答えまで私が代行している。
複雑な図形の体積や面積、最小、最大公倍数なんかをやっいると夢中になっている自分が
可笑しくなる。

それと同時に社会に出たらほとんど実用しない事をなぜやっているのか疑問に思う。
計算だって図形にせよスマホをちょいと使えば解るし、しゃっべってコンシェルで体外な
ことを教えてくれる時代である。
(私の場合滑舌が悪いので、言った言葉と全然違う答えが出てくるので使いこなせてないが…)

何かもっと時代にフィットした勉強方法やカテゴリーを変革した方がいいと思う。

本来、彼女の性格はおっとりした目立ちたくない性格なので、宿題をやらなくて指摘され
たりするのが、嫌なようだ。
しかし、本番の試験をやったら先生は一目瞭然でわかるだろう。
宿題は完璧に出来ているのに学校でのテストが、からっきしだったら自明の理である。
まさか私が代行してるとは彼女の口から言えないだろうし、どうしたものか少し心配である。

チーム力

JSSAというトランクルーム協会の理事会にお招きした事がきっかけで、知り合ったN氏から
連絡があった。
N氏はトランクルーム事業としては老舗で神奈川県を中心に展開する実力者だ。
そのN氏からイコムさんの事業スタンスが非常に素晴らしいので、是非来月にでも勉強しに
行きたいとの申し出を受けた。
私はびっくりしたと同時に嬉しさが込み上げてきた。
首都圏で数ある業者の中でも一番目を引くのがイコムさんで、お客さんと真摯に向き合い、
WEBからもそれが読み取れるとの言葉を頂戴した。
私は恐縮する一方で、外からそんな評価があるのが本当かどうか困惑したくらいだった。
チーム内では試行錯誤しながら、終わりなき改善の精神でやっているので、同業者、しか
も老舗の大先輩にこのような評価を頂き自信をもって取り組むことができるだろう。
素晴らしいと思う。
私からの視点ではチーム内で主体的に取り組みマネジメントが効果的に働いている点である。
そこに私の存在はない。

最近読んだ本で「億万長者 富の法則」に非常に興味深い8つのプロファイルというのがある。
億万長者にも8つのタイプがあり、仕事をする万人にも共通するというものだ。
ちなみに私は8つの中のアキュムレーターに属している。
仕事の強みと弱みの他にも特性が明確に記されているのでピンとくるし、実に参考になる。
私の特徴は「資本を提供して内在する価値を高める」というのが代表的で、新しい価値を
生み出そうとしたり、新しい価値にレバレッジをかけたりするのは向かないというもの。
正に、この原則がそっくりトランクルームのチームに当てはまる。
したがって私は事業に関与しない方がうまく行くようだ。
そして、見極めるだけでよさそうだ。

天然村にしてもそうだ。
村長はサポーターのプロファイルに属している。
特徴は「社交的で信頼関係を築くのがうまい、ネットワーク作りがうまい、アイデアを取り
入れ、それを発展させた時に成功する」というのが代表的で数字や会計はからっきし向かな
いそうだ。
その他、イコムの幹部、社員を見てみると、特徴に合った良い部分を現実現場で行動に移す
と、効果も計り知れない事になるだろう。

実に楽しみなチームである。
10年後をイメージしてみるとワクワクしてくる。