立ちコケ

バイクに乗って止まっている時にコケる、これを立ちコケと言うらしい。
初心者に見受けられるそうだが、なぜ止まっている時にコケてしまうか、
不思議に思う方も多いと思うが、実際に私は4回も体験したのだ。

お恥ずかしい話だが、バランスを崩してバイクを倒してしまう。
大型だと重くてコツを掴んでおかないと一人では起こせないのだ。

つい最近こんな事があった。

会社に面している道路から車庫に入れる際に渋滞していた。
曲がる角度が急な感じになって止まっていた。
曲がり切れるか嫌な感じを持ちながら、渋滞が途切れるのを待っていた。

スタート出来るタイミングが来た時である。
私は前方の車の方に軽く手を上げてお礼のサインを送った。
しかし、ハンドルが急な角度のまま発進しようと思ったが、バランスを崩して倒してしまった。
道路の真ん中で、しかもサインを送った車の目の前で真横になって倒れている。

私は恥ずかしいと同時に焦った。早く起こさないと渋滞が長引いてしまう。
しかし、バイクを起こそうと思ってもなかなか出来ない。
おまけにクラクションが聞こえてきて、汗だく状態になったいた。

教習所で習った腰をバイクにつけて体を使って起こすやり方を思い出し、
何とかその場を切り抜けた。
2か月前に新車で買ったバイクも傷だらけになってしまい、金属の棒のようなものまで
折れてしまい、這う這うの体で会社に戻った。

なぜなんだろうと考えた。
バイクを操る術の問題だけなのだろうか。

友人に聞いてみると隼を乗っている人でコケるのを見たことがないし知らないと・・・
大型バイクに慣れる。結論はこれしかないだろう。
失敗に臆することなく果敢に挑戦して、失敗を繰り返しながら慣れてコツを掴んで行く。
これしかないだろう。

傷だらけの隼も珍しいし、カッコ悪いが、バイクに関しては新米なのだから仕方がない。
来年は操る術を身につけて自信をつけたい。

終わりなき改善の精神で挑戦するのだ。

歯医者

半年ぶりに歯医者の検診に行った。
歯が若干痛むので、早めに治療した方が良いと思った。
以前からの課題だったインプラントか、ブリッジするかの
判断をしないとならない状況になった。
担当医に判断を促される場面があった。
それぞれにプラスとマイナスがあるが、長い目で見るとインプラントの
方が良いとの見解だったので、その意見に従った。
すると、女性の院長がやってきて早速、治療計画を立てましょうと言う。
まずは、CT検査と歯形をとって、クリーニングしてからです。
これで6万円、インプラントが一本50万円だから二本で100万円になりますと。

早速、その日のうちにCTを撮ったのだが、歯形を採る工程で詰物がとれてしまった。
すると、彼女は現在の銀歯から白い詰物に変えましょうかと私に促すと同時に16万円、20万円、
23万円、と種類がありますが、どれにしますかと聞いてくるので驚いた。
やり手の彼女はお金の事に何の考慮もないまま、間髪入れずに私に決断を迫った。

私はある意味で感心していた。担当医はお金の事になると何となく言いにくい雰囲気で、
遠回しに促すのだが、彼女はズバット直球を投げ込んでくるのだ。
しかし、クリニックで歯形を作る工程でとれてしまった詰物をその場で要求するのはどうかと思い、
私は今の銀歯のままで結構ですと返事をした。
その日は時間がなかったので、翌週にクリーニングの続きとCTの検査結果が出てくるので予約をして帰った。

帰りの待合室で今日の検診の事を考えていた。
歯医者は随分とお金がかかるものだと。おまけに保険外治療の場合、きりがないくらいお金がかかり、
どこのクリニックもこんな感じなのだろうかと思っていた。

何人かの友人に聞いてみると、インプラントの価格もクリニックによって様々だが、一本50万円は高い
部類に入るが、設備が豊富で安心できるクリニックだったら良いのではないかと。
あるいはインプラントをクリニックでは勧めるが、ブリッジの方が相対的に良いのではないかと言う
意見も聞かれた。
果たしてどちらが良いのだろうか。
しかし、6万円もかけてインプラントの事前検査も終わったし、今さら御破産にするのも気が進まない
ので、女性院長に注意を払いながら事を進めていこうと思う。

弱気相場

株式相場では強気相場と弱気相場がある。
同じ局面でも、ここは売り抜ける場面だと決めて自分の持ち株を
売り注文出して、何とか売りぬこうとする。
この状況が極端になると、売りが売りを呼び株価は下落、買い手
よりも売り手の方が圧倒的に多い状態になる。
これが弱気相場である。
一方で、ここは買い場と決めてドンドン買いを進めるも、株価は上昇していき
更に買いを進めていて、売り注文が圧倒的に少ない状態になる。
これが強気相場である。

この強気相場や弱気相場の心理を仕事、プライベートで観察してみると自分が
どんな局面で強気相場になっているのか、逆に弱気相場になっているのかを垣間見る
機会があった。

総合格闘技を始めて約1か月になった。
キックボクシングと寝技の時間配分が個人によって異なるのだが、私の場合は
圧倒的にキックボクシングの方が多いのだ。
寝技は一度体験したが、技の種類も多くて力よりも技術が必要になる。
そこで私の場合、技をかける際に手と足が短いため、技がかかりにくいのだ。
おまけに技の種類もたくさんあり、覚えるのも要領を得るのも大変だという想いがある。
ここで完全に弱気相場になっていた。

一方で、これがビジネスのある局面ならば、解らないことはバンバン聞くし納得いかない
場合は質問攻めにする位に積極的な姿勢で強気相場になっている自分がいる。

そんな状況の中、ある日私は前半をキック、後半に寝技をやろうと思いジムに行き予定通り
前半のキックを終了して、後半の寝技の準備に入ろうとした。
この場面で私は色んな思考が頭をよぎり、結局はスタスタと帰路についてしまったのだ。
何が起こったかと言うと、何も出来ない自分が寝技のコミニティに入って行けない。
この出来ない理由を自分で作り出していたのだ。
例えば、みんなに迷惑がかかるとか、恥をかくとか、新人だから当たり前なのだが、一歩
踏み出すことが出来ない、弱気相場になっていたのだ。
自分でも何か気持ちがスッキリしないというか、不完了な状況になっていた。

帰り道、車を運転しながら友人にこのことを話すと、より鮮明に弱気相場になっていた
事が明らかになり、その弱気になっている自分を手放すことが出来ずにいたことを感じて
道を間違え千葉方面の路線に行く始末。
しかし、話をしていくうちに完全に手放したとは言えるか解らないが、弱気になっている
自分を受け入れることができた。
次回は果敢に攻めの気持ちで強気相場での寝技にチャレンジする決意である。

外と内のコラボレーション

今年のゴールデンウイークは何の予定も立てなかった。
子供も大きくなり友達と遊ぶことが優先されるので、家族で出かける機会が少なくなった。
しかし、一番下の次女は中学1年生なので、どこか出かけたい気持ちがあるかと思って聞いてみた。

彼女は親戚の同年代の子供と一緒に出掛けるなら、どこか行ってみたいという。
自然が好きなので、美味しい空気の中、バーベキューでもやろうと言うことになった。
そうだ!天然村に行こう。連休で宿泊は無理なので日帰りバーベキューだったら最高の場所だから、
妻の妹家族を誘い前日に決定して車2台で行くことにした。

買い出しを済ませお昼前には現地に到着した。
天然村に着くと連泊している家族やキャンプをしているお客様の車でいっぱいだった。

ある家族は天然村野菜ソムリエと一緒に畑を歩きながら、バーベキューに合う野菜や
サラダにする野菜、あるいは持ち帰ってグリーンスムージーにする野菜やハーブを
摘み取っていた。
これもみなさんに好評のようだった。
しかし、何組かの家族を除くと天然村にいるか、近所を散策しているかで、どこかに
出かけている様子はなかった。
おそらくどこに何をしに行ったらよいか解らないのだろう。

何組かは出かけて行ったらしいが、特に当てもなく市街地へ向かったと思われる。

天然村が地元ならでは知っている、南房総地域のおススメ店やスポット、
あるいは人物など内と外のコラボレーションを演出する場(プラットホーム)になる
意義は非常に高い。

実際に私たちの行動が実証してる。帰りに近くの豆腐店に寄ったがすでに閉店だった。
朝は早めの開店だが、閉店時間も早いようだ。前回のブレスト会議で食した豆腐が
すごく美味しかったので、その豆腐店を紹介したく訪ねたが残念であった。

次に寄ったのは天然村から車でおよそ15分位の太海にある鮮魚店マルゴだ。
ここは私が住んでいた時からの馴染みの店で、鮮度抜群の地魚と干物がおススメだ。
連休なので魚は無かったが、干物はあり一押しのサバをもらった。

そして、最後は君津と勝浦の山の真ん中にある七里川温泉に行った。
ここは施設は古いが泉質はこの辺りでも群を抜いて良いので、お客さんで賑わっていた。

こんな感じで地域の魅力を伝える要素はまだまだ沢山ある。
天然村を通じて南房総エリアを知ってもらい魅力を感じてもらって、たまに田舎暮らし
の体験をこの地域全体で楽しんでもらえばいいのだ。
逆におススメ店の鮮魚店や豆腐店他、得意技のある面白い人にも天然村に来てもらう
構想も考えている。
これが外と内のコラボレーションである。
ただのレジャー目的で天然村に来るのではなく、南房総全体の魅力を体験できる場
として、唯一のプラットホームとして発展していきたいと改めて感じた連休だった。