PR効果

正月のマグロの初競りで1億5000万円を超える金額で有名になった、
すしざんまいの木村社長に会う機会があった。
飾らない人柄で商売が上手い人だなと感じた。

まず私は店に行ったことがないし、回転ずしと思い込んでいたので、
正直、さほど興味がなかった。毎年競りで価格が上がって大変としか写らなかったのだ。

しかし、結果を見てみるとPR効果がとんでもない事になっている。
マスコミの影響もあって、木村さん自ら役者を演じるマグロ解体ショーはテレビでもお馴染みに
なってしまった。

私は翌日、新橋のSL広場前のオープンしたばかりのすしざんまいに行ってみた。
夜9時を過ぎていたが、広い店内は満席で入れ替わりに賑わっていた。

店内は大型テレビ画面に、木村さんが出演した番組が映し出されていた。
大きな水槽に鯛やヒラメの活魚が新鮮さを演出している。
一方で内装やテーブル、食器類は一切金をかけておらず、いわゆる鮨屋とは対極的な感じだ。

大トロ一貫398円だったので食べてみたが想像以上に美味かった。
おそらく鮨屋で倍以上はする値段にはなるだろう。

いったいどんなきっかけですし屋を始めたのか聞いてみたが、カラオケやらモーテルを
やってきたが、あるきっかけで水産会社に勤めることになり、そこで絶大な信用を得ることで
築地で1号店を始めるきっかけになったと言う。
しかし、オープンから半年近くは全く誰も来なかったらしい。
どんな事があっても諦めないことを信条としている彼は手を打った。

近所の鮨屋との違いを作るために、まずは24時間営業に切り替えた。
銀座のママ達に協力を得て、店が始まる前の時間と終わった後に利用してもらうことで
認知度が広がり、築地に顔が利くのでネタも豊富でいいものが手に入る、都心部に
出店を重ねて24時間営業を売りに現在は50店舗を超えるまでになった。

PR効果が絶大なために、海外からの来店も急増しているらしく、
ロシアやフランスの要人も、ちょこちょこ利用するそうだ。
しかし、実際の商いの規模からすると、認知度が大きく先行している感が否めない程に
なっているのがPRの凄いところである。

初競りで大枚を叩いてもお釣りがくるだろう。
解っていればの話だが、なかなか出来ることではない。
先見力と度胸が兼ね備わっている。

すし文化で日本を元気にするという使命が強くあって、それは店内のスタッフの在り方に
移植されているように感じた。

小さいことを積み重ねる

バスケットボールの試合を観戦するのは彼が小学校4年生以来だった。
次男が港区中学校優勝を目指す最後の大会となる。

一回戦の相手は白金の高松中学校だった。
アウェイのゲームに加えて、赤坂中学校のメンバーを見ると明らかに、
見劣りするのがわかる。
部員数も倍以上の差があり、体格の違いも明らかだった。

試合開始早々に得点を許し、相手のペースで試合が進んでいく。
次男のプレーは確かに他のプレーヤーとは違い、スピード、テクニックは
圧倒的な違いを見せつけている。
しかし、彼の個人中心のプレーに対し相手はチームプレーを徹底している。
個人の技術は普通レベルだが、パスやフォーメーションが戦術的になっている。
一方で赤坂中は次男の個人プレーで戦っている。
どんなにスピード、テクニックがあっても1対5では勝てるわけがない。

結果はダブルスコアの大差で敗れた。

私が観戦に来た理由は、彼が私に手紙をしたためた決意のほどを実際に
見たかったからだ。
やんちゃをして警察のお世話になっていた時に獄中から書いた手紙。

その時の決意から3か月。
短いと言えばそれまでだが、誰にも負けない毎日の努力と執念は
あっただろうか。
人は決意とは別に、時と共に楽な方へ流される傾向がある。
実際にやる。努力を積み重ねる。
これを真剣に実施していたか。

私は見ていて思った。
リーダーシップの違いが決定的だと。
相手選手のリーダーは普通の選手だが、戦術に基づいて雰囲気を作り、各自の役割を
上手くリードしながら、それぞれの能力を発揮出来る環境を創り出しているようだった。

まるで組織として見たら会社と全く同じではないかと感じる。
普通の人が集まる組織でも、リーダーシップによって何倍もの力を発揮する事が出来る。

高松中学校の選手達は普段から小さいことを積み重ねる練習をしているのだろう。
「小さな事を積み重ねる」毎日コツコツ続けることが大きな差になって表れる。
個人として、全体のチームとしても、これに尽きる。

彼の手紙から決意は伝わったが、実際の行動がどうだったか。
次の目標を定めたら、実際にどんな行動をするのかを具体的に決めて、毎日積み重ねる
努力を怠らない。
目標の達成は、シンプルにこのプロセスを実施するかどうか、これだけである。

不動産はやっぱり店舗がいい

不動産の事業に携わって思うのが、貸すなら店舗が良いと考える。
逆に言えば不動産を持つなら、店舗としての視点から検討して、
魅力があれば買いということだ。

なぜ店舗がいいのかと言うと、私個人でも会社としても不動産を
貸している中でよく見ると、マンションや事務所に比べると圧倒的に
収益力が高く、空いたとしても直ぐに決まる。
貸す立場としての交渉も有利に運べて、保証金も預かれるし、メンテナンス
はほとんどかからない。
手間いらずで高収益を長期にわたってもたらしてくれるのが店舗物件だ。

店舗と言っても様々な業態があるが、やはり飲食店がいい。
但し、立地が抑えどころで、駅から徒歩3分以内に限る。
土地を買って新築ビルにしてもいいが、既にあるビルを購入するか、
あるいは、店舗が営業している部分だけを購入するやり方もある。
その場合、場所によっては2Fだったり地下でもOKだ。

先月、私の弟が恵比寿で鮨屋をオープンさせたが、駅から徒歩2分、
5Fの雑居ビルにある。
あえて5Fにしたそうだ。賃料が1Fに比べて格段に安いし、隠家として
の強みを引き出すことも可能だという。
看板も一切なし、紹介以外では見つからないのだ。
但し、駅からは徒歩2分。やはり、ここは外していない。

貸す側から見ると5Fという不利な条件にも拘わらず、借主が飲食店の内装に
してくれているのだ。
万一店が行き詰まって、店じまいする事になったとしても、内装は借主の
弟に帰属しているようでも、原状に復す義務がある以上、実際には貸主側が
担保しているようなものだ。
この状態だったら、新たに借りる人は沢山いるはずだ。

こんな風に立地を厳守すれば、不動産はやっぱり店舗がいい。

恵比寿 鮨 早川で検索するとアクセスがわかる。
一人2万円位の予算になるが満足いただけると思う。

凄い蕎麦屋

バイクを飛ばして天然村へ。

朝からミィーテイングを済ませ、午後の草刈作業をするまでの時間で
飯に行くことになった。
村長は是非一度連れて行きたい店があるという。

そこは里山の中にひっそりと営業している蕎麦屋だった。
看板もなく、口コミか紹介でもないと絶対に解らない。

店に入ろうとすると平日にも拘わらず順番待ちで並んでいるのだ。
うーーん、私は唸ると同時に期待が一気に膨らんだ。
待つこと20分。ようやく客席についた。
一枚板のテーブル、照明、手作りのインテリア、和のテイストでオシャレな
センスを感じさせる。
食器も拘っているようで、かなりお金をかけている様子がうかがえた。

店は主人と奥さん二人でやっている。
お二人とも30歳前半のようで、どのような経緯で開業に至ったか、
私の興味はそっちに移っていた。
主人は六本木ヒルズの中にある蕎麦屋で修行して、2年前に開業したそうだ。
なぜ、都市部で開業せずに田舎のしかも里山を選んだのか。
とても勇気ある選択に更に興味が惹かれた。
きっかけはサーフィンだという。
以前から房総には来ていて、サーフィンしながらのんびり里山でライフスタイルが
出来たらいいと思ったそうだ。
住まいと仕事を移してしまおうという発想は凄いと思った。
自分自身の気持ちに正直でそれを行動に移す。
なかなか出来る事ではない。
しかも、その日に食したものは全てミシュラン級レベルだったので驚いた。
浅草の藪そば、赤坂の砂場、西麻布の千利庵、白金の利庵、私が知っている美味い店を
上回っていたのだ。

18時閉店、木曜日定休、里山の手作り蕎麦加瀬。自分のペースで田舎の自然環境に囲まれ、
趣味のサーフィンを楽しみながら、お客に一流の味を提供する。
こんな志向の職人の若者が増えてくると地域も益々面白くなってくる。

天然村の出番である。