ラスベガスで学んだ

ラスベガスの現在の時刻は朝4時40分だ。
昨年同様、SSAの総会に出席する目的でやってきた。
これは世界的なイベントで、ストレージ事業者及びその関係者が、毎年ラスベガスに
集まり、展示会やミィーティングをするのだ。
今回も昨年に続き、米国の事業者と日本の事業者のブレストを行なった。
先方は9名に対しこちらは通訳を含む11名であった。

今回で印象に残ったのは、昨年は弱気相場だった米国市場は今年かなりの強気相場に
転じているとの事である。
住宅市場の好景気が一つの大きな要因で、人々の移動が活発になっているという。
収納の動機となる人の動きが昨年と比べると好転しているようだ。

今日はこれからサンフランシスコに飛び、現場視察に行って翌日帰国する予定である。

今回のラスベガスではもう一つの楽しみがあった。
昨年同様にカジノでの勝負が待っていた。
夜9時ごろから朝方までディーラーとの真剣勝負である。
つい先程までやっていた。
私はカジノではブラックジャックしかやらない。
各テーブルを眺めてディーラーと客の様子を伺いながら、タイミングを見て席に着く。
特に週末は凄腕のディーラーが集まるので、平日狙いで行くのが良い。
このゲームの最大のポイントは勝負所を見極めて、勝負に出る勇気と実行力である。
ディーラーが勢いがある時には負けが混んでくる。
ここで熱くなって、大きく勝負に出たところで、総取りになるだけだ。
だいたいこのパターンはおじゃんである。手仕舞いすれば良いが更に両替して挑戦する
ような事になると、おけらになってしょんぼりとなる。
私の場合は、自分に勢いがあっても、ディーラーを注視している。
あくまでも、向こうのツキの流れを自分より優先している。
なので、向こうの勢いが落ちた時に勝負に出る。
このタイミングで一気に稼ぐのだ。
この時の爽快感はまさに最高のひと時なのだ。
この強弱のつけ方が実に面白い。
商売の場合、もっとロングスパンになるが、強弱のポイントや勝負感みたいな
感覚は非常に似ているものがあり、感を養うのにトレーニングになるだろう。
今夜で最後になったが、そんなやり取りも充分体験出来て非常に楽しめた。
結果は少し勝ったが、それよりもあの時の爽快感を何度か体験出来た方が満足だった。

事業の現場でも、強弱を付けた取り組みは、実際に今回の米国のストレージ事業者も
やっている事だか、季節ごとに価格を変えている取り組みにある。
特に値上げの考え方がしっかりしていて、稼働率が高いところは、躊躇なく値上げしている。
移動の盛んな季節にも値上げをして、結果売り上げが上がっているという事実があるのだ。
要するに値上げしても、解約になるとかの視点でなくて、売り上げが上がるという点である。
カジノに例えると勝負どころが値上げの機会と同じになる。

我々の感覚はデフレに慣れ過ぎて、値下げの感覚が染み付いているようだ。
この感覚を脱しないとこれから先は儲からないだろう。
ゲームの勝負勘が鈍っているのだ。
自分自身を振り返っても、ここをしっかりとリードしなくてはならないと思った。

練習

大型バイクの免許を取得してから、ちょうど1年になろうとしている。
同時にハーレーを購入してからBADANDにカスタマイズを依頼していた。
何と発注して80%の前金を支払ったが、いまだに届いていないのだ。
その間にGSX1300、通称「隼」を友人の勧めで購入しておいて本当に良かった。
本当に良い練習になっているし。何度もこけたりしながら乗っている。
1年もバイクに乗らないと、感覚がわからなくなっていただろう。

それにしても、1年を過ぎるとは思わなかった。
先日、半年ぶりに電話をしてみた。
どんな状況ですかと尋ねると、店主は恐縮して10月の中旬位には仕上がるという。
私は聞いた瞬間に、もうすぐだ!来月じゃないかと感激した。
しかし、気を取り直して彼の言う10月はおそらく年末位だろうと思い直した。

それ位の余裕を持ち合わせていないと、彼らとは付き合いきれないのだ。
良い意味で、彼らしか出来ない仕事をしているために、全国から注文が来ているのだから
こちらとしても、仕方がないと割り切る必要がある。
それにしても長い時間を要する趣味である。

それほどと言うか、ほとんどバイクに詳しくない私のようなヤツはいないだろう。
皆、一日千秋のごとき思いで待ち続けているのだろう。
その方々から見れば、何も知らない、おまけに免許取り立ての「にわかバイク乗り」とは
思い入れが違うんだと怒られそうである。

しかし、程度の違いはあれど納車が楽しみになってきた。

バイクが届いたらゴルフに行きたいと思っている。
クラブは宅急便を使い、ハーレーでクラブハウスの車寄せまでつけてみたい。
マフラーをチェンジしたあの爆音で、コースを横目にぶっちぎりたい衝動に駆られる。
そして、上手く乗りこなす為にはやっぱり練習が必要だ。

ゴルフもキックボクシングでも何でも同じだが、人より上手くなるには、それなりの練習が必要だ。
普段から練習を反復していると、必ず上達するようになる。

友人は毎朝ゴルフのスイングを欠かさず練習しているので、スコアが絶対的に安定している。
コースでのプレーは、普段の練習が担保されて自信となって表れている。

キックボクシングにしても友人はYouTubeで、動画を見ながら技の動きを見て練習しているし、
仕事も全く同じで、スキルを磨くための学習や、読書に至っては準備体操みたいなもので、必ず毎日
習慣化しているビジネスパーソンの友人はたくさんいる。

私も仕事を中心に、ゴルフ、バイク、キックボクシング、車、スキー、読書、映画、音楽、グルメと
ライフスタイルに磨きをかけて行きたい。

学校に行かない息子

新学期が始まって1週間も過ぎたというのに学校に行かない息子次男がいる。

中学3年の一番大事な時期にこの体たらく、普通の家庭なら大問題となって

悩みに悩んでいる両親の姿が思い浮かぶはずである。

しかし、私は仕方がないと思っている。

それは、決して見限ったわけでもなければ、見放したわけでもない。

学校に行くのに親に言われて行動するのはおかしいと思う。

本人の意思で行かない限り、行かない方がいいと思っている。

長男の時もそうだったように。

先生が聞いたら怒られそうだが、本人が行きたくないと言っている以上、

行きたくなるまで待つしかないだろう。

長い人生、一年や二年位遅れたからって大したことではない。

彼にはチャンスを何度かセッティングしたが、上手く行かなかった。

彼が不良になると宣言してから、鑑別所に入り自らを見直す時間を過ごすことで、

本来のバスケットボールに復帰をするが、思うような結果を残せず今日に至っている。

何かが彼をそうさせているのだろう。

しかし、いずれはやってくれるだろう。

私は子供に資産を残そうとか、会社を継がせようとかの考えは微塵もない。

子供が親の資産を当てにしていたら、おじゃんである。

昔からそれは話しているが、無意識で当てにしているとすれば、覚識を高めないと

本人の為にならないだろう。

ゼロから自らの力で生き抜く術を磨いて行く必要がある。

従って、親に言われて学校に行っているようなレベルでは難しいのだ。

世間から見たらかなり変わった親だと映るかもしれないが、私の価値観なので仕方がない。

世間に合わせようとも思わない。

なので、10月に長男と次男3人でゆっくりアメリカ旅行で楽しんでくる予定である。

 

ちなみに、当社で新しく取り組んでいるプロジェクトがあって、下記アドレスをクリックして

もらえると見れるので参考までに。

http://icom156.co.jp/kokusanzai_monthly/

視察

日本茶を世界へ。
このミッションで世界を引きつける会社がある。

茶作り800年の京都和束町へ視察に行ってきた。

京都駅から奈良線に乗り換えて約1時間、JR加茂駅から車で約15分、奈良県との
県境に位置している。

人口約5000人という過疎地である。

何らかの目的がなければ、なかなか来れない地域である。

それは、10年前に学生からベンチャーとして起業したことから始まる。
一杯のお茶を飲み、そのあまりのうまさに感動を得たのがきっかけで、
このお茶を「自らの手で作ってみたい」という想いから始めたという。

「おぶぶ茶宛」を訪れた。

駅から車で向かう途中で昼食をした。
迷ったが、やはり茶そばは外せなかった。
卵かけご飯がおススメになっていたのでセットで注文する。
まぁまぁだった。

オフィスに着いたが想像以上に堅実にやっていた。
一軒家を改装して2階は宿泊出来るようになっている。
ここから世界10か国へ配送しているなんて、とても信じられないという
印象であった。
インターネットの時代と言っても何で・・・
おまけにスイスやアメリカから、学生がインターンシップに訪れている。
この日もリトアニアからの学生がいた。

経営者の松本さんと話をして、その謎が解けた。

「日本のお茶を世界へ」
これが全ての源だと感じた。

お茶の生産へのこだわり。
一杯のお茶からの感動で800年という歴史の伝道者としての使命感。
この文化を世界へ発信するという情熱が全てを引きつけていると感じた。

やはり、ミッションへの情熱が環境を動かすのものだと実感した。
これが出発点であり、今現在も原動力になっている。

私は実際に見に行って、会って、話して、自分で体験してみるプロセスを
大切にしている。
今回もWebだけでは決して理解できない、重要なポイントが理解できた。

彼らは試行錯誤の末に、茶畑オーナー制度で軌道に乗ったという。
月1500円でお茶や現地の畑絵ハガキが届く。
今ではアメリカ、イギリス、ドイツ、スイス、フランスなど、10か国へ
配送している実績をもっているのだ。

何のために働くのか、これがインターンの学生も含め、全員が一致している
組織の魅力は最大の強みだと感じた視察となった。