入院生活

昨日は人生初の手術を体験した。
痔を患い2日前から入院している。

手術に要した時間は約40分であった。
下半身麻酔の1回目が効かずにやり直し、2回目で足がしびれ始め、お尻から下は
温泉に浸かっているような、温かい感覚になった。
手術台にうつ伏せになり、医師を信頼するしかない私は、まな板の鯉状態になっていた。

当然痛みはないのだが、メスを使って切除する作業をやっていると思うと何か妙な感じがする。
同じ体制を維持するにも結構疲れるし、早く終わらないかと心でつぶやいていた。
それと同時にここの病院の事を考えていた。

ここは痔の専門病院で開業医の先生と、看護師さん10名程の規模である。
私は友人から紹介を受けたが、院内はいつも患者さんでいっぱいになっている。
損益分岐点売上はどのくらいなのだろうか、1人当たりの労働分配率、減価償却、借入金額、
などを勝手にシュミレーションしていたら、手術は終わりを迎えた。

しかし、下半身が完全に麻痺しているので自分ひとりでは立ち上がれない。
タンカに乗せられ病室に運ばれた。
やっと手術が終えた達成感というか、実に幸福な気分になっていた。
麻酔が効いている間は。

4時間位すると患部に違和感を覚えたと思ったら、麻酔が切れ始めた時に激痛に変わった。
それは表現の出来ない激痛で、どんな体制をとっても無駄で、おまけに痛み止め薬も全く効かない。
完全にお手上げになっていた。麻酔の副作用みたいなやつも出てきて、意識が少し変になりかけていた。
ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています、この呪文も通用しないのだ。

その日は明け方まで彼らと戦い朽ち果てるように眠についていた。

ようやく落ち着いてきて、このブログも書けるように回復した。
今は薬が効いているので痛みは多少和らいでいる。
薬が大嫌いな私でも、今回の痛みにはかけがえのない存在になっている。
今も点滴をしているし、いざとなったら頼ってしまうものだ。

入院をしていると看護師さんも交代勤務とはいえ、大変な作業もあって感心させられる。
どんな勤務体系なのか、担当の看護師に聞いてみた。

すると、看護師さんは交代で勤務しているが、本丸の先生は休めないとう。

365日活動している施設だから、当然医師がいなければならない。
なぜ自分の分身を作らないのだろうか、海外にも行けないし、うかつに趣味にも興じられない。
おまけに自分が病気になったり、ケガをしたらどうするのだろうか。
恐らく、ピンチヒッターはいると思うが、若手の育成を含めて組織として構築する必要がある。

全く関係のない私が一人病室で考えているのもおかしいのだが。

LAの旅

今回の旅のテーマは「出たとこ勝負」である。
ロサンゼルスに息子2人と3人で来ている。 今夜はサンディエゴに宿泊している。
ロサンゼルスのダウンタウンのホテルから地下鉄でユニオンステーションまで行き、
そこからアムトラックという鉄道に乗り換え,約3時間でサンディエゴに到着する。
日帰りの予定で往復のチケットを購入したのだが、あまりにもサンディエゴが素晴らしいので、
急遽こっちで一泊する事になった。
チケットは翌日分に替えてもらい、ホテルも良いロケーションの場所だったので、出たとこ勝負で決めてしまった。

テーマに基づいて、ホテルには誰も迎えに来ないし、タクシーは使わないと決めている。
正に地元の人達が普段、移動手段としている慣習として行動している。
やはり、やってみるとその地域がより深く知れたり、
言葉が上手く伝わらずに、時間が余計に かかったりするのだが、本当の旅と言うのは、このようなものかも知れないと思った。

そして、インターネットの活躍は本当に凄いと実感している。 観光情報や移動手段の情報を得られるのは本当に助かる。
これだけの通信整備がなされてなければ、今回の出たとこ勝負も難しいだろう。

レッドラインという地下鉄を利用した時もダウンタウンの駅でチケットを買う時に、もたついてたら、見知らぬ黒人が寄って来て騙されたり、
バスに乗ったはいいが、降り方が解らなかったり、チケットを購入するのに言葉がなかなか伝わらなったりする。
しかし、何としても伝えるんだと言う意思力が眼から発する事で、何とか相手に伝わるものだ。
正に出たとこ勝負で、四苦八苦しながらも、目的遂行の意思を持ってすれば、英語が話せなくてもやれちゃうものだ。
但し、これが結構疲れる。息子らに、お前らも少しはやってみろと、怒りが出る場面もあったりするが、やつらもさっぱりである。

今回は息子2人と来ているので、あえて楽をしない旅を体験させている。 初日は地理が全く解らなかったので、3時間位歩いて移動したり、
その後も1,2時間歩くのは当たり前になっている。 効率は悪いかも知れないが、その分ゆっくり街並みや人々の観察が出来る。
おかげて、LAはだいぶ詳しくなった。 バスや地下鉄で移動したので、迎えが来る受動的な立場でなく、出たとこ勝負で主体的に行動する事で楽しみも見出している。

明日はグランドキャニオン行に挑戦する。

棚田オーナー倶楽部

こんなにも盛り上がるとは思ってもいなかった。
そして、このコミニティは凄いと感じた。

天然村の棚田オーナー倶楽部が今年発足して、メンバー10名でスタートした。
田植えから収穫までの約半年、皆ど真剣に取り組んでいた。
しかし、何の縛りもないので、自由で楽しい空間である。

その新米大収穫祭を原宿でやったのだ。
何と当日は口コミ効果もあり、約50名が集まった。
意外にも女性が多いので驚いた。
中には今日始めて誰の紹介もなく、FBのやりとりを見て、興味を持って参加された方もいらした。

飯やで新米を炊いてもらい、最後にみんなで食べた。
この時の盛り上がり方は凄かった。
みんな本当に笑顔が素晴らしく、空間が楽しさいっぱいに包み込まれた感じだった。
実は当日、私は痔の痛みとの戦いで、あぶら汗をかきながら、悪戦苦戦していた。
しかし、こんな楽しい空間で一人だけ辛そうにしている訳にはいかないので、
笑顔で振る舞いながら、心は別にあった。

これも村長ならではの成果だ。
彼は人の懐に入るのが上手く、コミニケーションに関しては、会社で間違いなくNo.1である。
棚田倶楽部の主要メンバーとも、音楽の趣味も重なって、気が合ったのだろう。

最後には新米で作った『どぶろく』の登場だった。
私も初めてだったが、酸味と発酵したピリピリ感があって、最高に美味かった。
これには会場も湧き上がって、飲みや歌えやの大騒ぎだ。
このどぶろくは天然村近くの職人芸がなせる技で、まさに中と外のコラボレーションの成果である。

この棚田オーナー倶楽部の結束力は本物だった。
主要メンバーの人格によるものと、村長のスペースだと思うが、来年以降の益々の発展が楽しみである。

約20年前に痔の痛みを初めて体験してから、現在まで痛みを時折感じながらも付き合いを
してきたが、いよいよお別れの時がきた。

最近になって痛みが激しくなってきたので、専門の病院を友人から紹介を受けて診察してもらった。
イボが2か所あり、これを切除する手術をするか、薬を処方しながら、様子をみるか促された。
手術をすると1週間入院が必要になるという。

そもそもなぜ痔になるか担当医に聞いてみた。
ポイントは便が固いのが要因で、食事に海藻類、寒天、納豆、ヨーグルトなどを取り入れると
便が柔らかくなるという。
確かにほとんど意識していなかったので、最近は意識して食事に取り入れるようにしている。

そして、スケジュールを調整して今月中には手術の日程をとりつけた。
1週間の入院と聞いて驚いたが、術後の痛みが残るのでベットで静養する期間が必要とのこと。
私自身、病院に入院することが初めてであり、1週間も閉じ込められると思うと悲しくなる。
自由を奪われるのが一番の苦痛である。
ボクシングも出来ないし、毎日のルーティーン、ワインも飲めないだろうし、食事だって・・・
そんな想いを抱いたが、あいつとお別れするには1週間位修行に出たと思い、我慢するしかないと。
大好きな読書がたくさん出来ると思ったりもしたが、痛みがあると集中できないので、どんなものかと。

とにかくやってみない事には始まらないので、腹をくくって入院生活に楽しみを見出したい。