ドレスコード

友人からの電話に一瞬戸惑ってしまった。

今週から台湾で開催されるラリーニッポンに出場する際に、パーティーで
のドレスコードが指定されていると言うのだ。

それを聞いた時には面倒だなと思ったが、昔のタキシードは着れないし、
時間がないので作れない。
どうしようかと思い、ネットでレンタルを調べてみた。

すると、五反田に紳士専門のレンタルタキシードを取り扱う店があった。
早速電話してみると、試着は完全予約制になっている。
平日でもかなり混んでいるようだった。
土曜日朝一で行ってきたが、私が着いた時には数人のカップルが待っていた。

20代の挙式前のカップル、50代のご夫婦、30代の独身男性が2人が開店前に
居るのをみて驚いた。

実際に採寸している時に担当スタッフに聞いてみた。
こんなに混んでいて、儲かりますね。
彼は苦笑いで言った。
この値段ですから。
私は相場がわからなかったので、本当に安いから来ているのかどうかは知らないが、
ニーズがこれほどあるとは思わなかった。
現実に採寸している最中にも、何組かは来店していたので、確実にお客さんのニーズは
あるのだ。

私は担当スタッフに言った。
値上げした方がいいのでは。
彼は驚いた表情を浮かべながらも、明快な言葉は慎んで、そうですかねと言った。

ただ単に値上げをするのでなく、それに付随する商品だったり、サービスを追加する
事で、お客様の役に立つことにより売上げは上がるはずである。

そう思ったが、朝一番の混雑している時にそんなことを彼に言っても迷惑だし、関係ない
と思ったので、それ以上は触れなかった。

私の場合、海外なので、使う日が一日だったとしても、出発から帰国するまでの日数がかかる
ので、最初は買った方が特ではないかと考えた。
国内の行事なら、一日から二日で返却できるから、海外はどうかと思ったのだ。
しかし、ここの基本は四泊五日だったのだ。
これで、料金は15000円である。
私は一日延長して17500円だった。

実際にタキシードを試着した姿を鏡で見てみると、何となく雰囲気が出ていて
いい感じだった。
楽しみが一つ増えた感じである。
最初にドレスコードの話を聞いた時には面倒だと感じたが、タキシード試着
したことで、タキシードを楽しみに出来るように変化したのだ。

なかなかタキシードのシーンを体験する機会がない中で、今回のパーティー、
ラリーの機会を提供してくれた友人に深謝である。
人生は色々な体験をするべきだと、改めて感じた。

プロジェクト

赤坂TBS、赤坂サカスの前に来年1月7日オープンする
新しいプロジェクト「Tーtime」がスタートする。

メトロ赤坂駅の改札からすぐ近くの立地を活かし、ビジネス
ラウンジとして、打ち合わせの合間の時間に利用したり、
ミィーティングの場として、あるいはグループセッション、
また、独り考える空間としても利用出来る。

座組みとして、港区の推奨モデルである、全国の国産材を店舗に
活用する取り組みで、日本の森林活性化としてプロジェクトの
第一号の認証を受ける予定である。

今回貸主である三菱地所との縁をセットしてくれた人物がいる。
赤坂の主との異名をとる人物で、赤坂界隈には顔が効く。
O氏との出会いは三年前に遡る。
友人の紹介で彼の赤坂オフィスで初めて会った。

面倒見の良い親分肌という感じで、一見強面だがイタズラ好きのおちゃめな
おっちゃんである。

二年前にも赤坂の土地を紹介してもらい購入したこともあり、ビジネスを通して
の関係の他、私の次男が赤坂小学校の時も大変お世話になり、プライベートでも
付き合いのある方だ。

数日前に連絡があり、赤坂に店舗の物件があるとの連絡を受けて、早速行って見た。
イコムラボで開発中のプロジェクトmonが頭に浮かんだ。
これは、飲食店で修行中で自分の店を出したいと考えている方に提供する、テストラン
出来る店として、店の設えも仕上がっている状態で、簡単に借りられる仕組みになって
いる。

本格的に始める手前で、短期間でマーケティングを含めたリサーチが可能になる。

Tーtimeにしてもmonでも、企画とオペレーション次第で結果が左右される。
しかし、結果はともあれ、チャレンジするスピリッツが何よりも大切だと思う。

O氏やプロジェクトに携わる方々とのプロセスも会社を次のフェーズに引き上げる
貴重な体験になるだろう。

社員旅行

社員旅行で台湾に来ている。

不覚にも私は今、ホテルの部屋で一人こうして、ブログを書いている。
皆は全員で外出してしまった。

痔の手術から一ヶ月間は禁酒なのだが、昨晩勢いづいて台湾ビールに、
紹興酒をグイグイやった後に、夜市に出掛け台湾料理とビールを飲み、
部屋に戻り、買い出しでビールとつまみを数人で語り合いながら、夜中
2時まで過ごし、その日の朝7時に新幹線で高雄へ向かった。

高雄に着くと、フェリーに乗り海鮮市場へ行き、新鮮な魚介類を台湾風に
調理してもらい、ここでも、ビールを飲んでしまった。
おまけに、睡眠不足と移動が重なり、高雄から台北に戻った時には体調が、
限界に迫っていた。

少し迷ったが、皆と一緒に出掛けるも、明日以降に支障が出てしまうと、
元の木阿弥になっていまうので、部屋で静養することにした。

ルームサービスで、台湾チャーハンとシーザーサラダを注文する。
両方とも、量が多く食べ切れなかった。

魚煮飯が美味いので、オーダーするも、サービスメニューに無かった為、
仕方なく選択したのだ。

こちらに来てからまだ、台湾ラーメンを食べていないので、明日の昼は
魚煮飯とセットで食べてみようと思っている。

まぁ、台湾と言えば食事のイメージがあるので、観光よりも食事を優先
したいが、その為にも、禁酒を守り体調を万全にしたい。

台湾料理は味付けが少し甘めなので、ライトな台湾ビールは食事に欠かせない存在だが、タイミングが咲いてしまったので、観念して諦めるしかないと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

与えられたテーマ

念願のバイクが帰ってきた。

カスタマイズを依頼して1年超、ようやく完成した。

何とも言えない充実感がある。

いくら私がバイクに詳しくないと言っても、かなり細部に至るまで気を配っていただき、

最高にかっこよくなっていた。

まるで、宝物のような存在である。

しかし、残念なことに、私は痔の手術から間もないことから、バイクには乗れないのだ。

スクーター程度であれば問題ないのだが、大型バイクにまたがって運転するとなると

厳しいようだ。

事実、医師からも止められている。

1カ月は激しい運動は禁止されているのだ。

勿論、キックボクシング、ウエイトトレーニング、ジョギング、ゴルフ等は厳禁である。

私にとってこれらが出来ないのは過酷な状況であり、おまけにようやく届いたバイクにも、

乗れないという試練が待っていた。

恐らく、体力、筋力とも劣っているはずだから、一定期間リハビリをしていかなくてはならない。

しかも、徐々に無理せずにやることが寛容になってくる。

焦って無理をすれば逆効果となり、更に長期化する危険性があるため、慎重にやらなければならないと思っている。

バイクの方は1か月すれば傷も癒えているので、乗ることは可能だが12月に入って寒くなるだろう。

いずれにしても我慢である。

何でも自分の思い通りになると思ったら大間違いだと、天が教えてくれているのかも知れない。

リハビリと言い、バイクの納車のタイミングと言い、徐々にゆっくり、というテーマを与えられていると一人で納得している。