俺のシリーズ

行列が出来る店の定番になっている「俺のシリーズ」

初めて見たのが、銀座にある俺のイタリアンだった。
行列をなしていて、あれは何なのか!
強烈なインパクトで、目を引いたのを今でもはっきりと覚えている。

しかし、行列に並ぶのも嫌だし、立ち食いなので何としても行って見たいとは思わなかった。

ある日、本屋で俺のシリーズの創業者S氏が書いた本を手に取った。
この事業を始める前に街を歩きながら、色々な店を観察しながら食べ歩きをした結果、賑わっている店は立ち飲み屋とミシュラン三ツ星レストランだったという。

それを組み合わせればいいじゃないか、一流シェフが提供する料理を立ち飲み形式でやる。
こんな発想をしたのだ。

しかし、もっと凄いのは、それを仕組化したことだろう。
難易度が高いのは、シェフを巻き込む仕事だろう。
何と言っても立ち飲み形式である。
彼らのプライドがそれを許容出来るだろうか、あるいは採算が合うはずがないとか、出来ない理由をあげればたくさんあるからだ。

それを突破した要素を実際に垣間見る事が出来た。

先日、赤坂見附駅前に俺のフレンチ、イタリアがオープンしたのだ。
実はオープン前から内装工事をやっている時に知っていたのだか、立地は抜群に目立つ場所で、しかも広くこれまでの店でも一番家賃が高いと思われる。
私の見立てだと、月500万位はするだろう。

昼の時間は14時まで、16時から23時まで一人2時間制限のシステム、一日四回転する計算だ。今は日曜日は休みだが、近日中に無休にするオペレーションが仕上がるそうだ。

昼飯を食べずに友人と2人で16時から店に入った。
ここは店が広いので、この時間なら直ぐに入れるだろうとの思惑があたった。

最初に驚いたのが、ホールスタッフのおもてなしだった。
メニューの紹介やオススメの料理をさりげなく伝える姿は、立ち飲みのラフな雰囲気の店内とのギャップを感じて新鮮な印象を受けた。

次に衝撃だったのが、平日の17時には広い店内が満席になり、ワインを片手に会話で盛り上がるカップルや女性グループ、会社員も2人で来ていたり、学生らしきグループ、一人客と、おしなべて女性が圧倒的に多かったが、この時間帯に賑わっている光景が凄まじく強烈な印象だった。

実際に食して見ると、さすがに一流シェフが提起する料理で、おまけに食材の品質が極めて高い。
これなら行列が出来ると納得した。
特にオマール海老と鴨の料理は素材が抜群のうえ、味付けが絶妙で何度も食べたくなる位の品だった。
最後に食べたピサのビスマルクは絶品で、次の機会には必ず注文しようと思っている。

そんな中で観察したのは、キッチン周りのシェフを含むスタッフ達が、自ら振る舞う料理が目の前で次から次へと注文が入り、満面の笑みを浮かべるお客様を遠目に見ながら、仕事が出来る環境ならば自然に気持ちは高ぶるだろう。
究極に忙しいだろうが、一流ホテルの厨房では絶対に体感することはない、感動がそこにはあるのだろう。
シェフが主役となり、ホールスタッフの楽しく仕事をやっている姿を見て、ブックオフの創業者でもあるS氏が創り出す世界に共鳴した。

「人のために最高の料理を低価格で提起し、たくさん賑わう事で、人も喜び自分も喜ぶ」