餃子

私の好物の一つが餃子である。

先日、友人イチオシの店に行って来た。

麻布十番の登龍はニラそばが定番だが、餃子も美味いと言うので、メニューを見ずにニラそばと餃子を注文した。

焼餃子は5コで一つが大きく具もぎっしり詰まっていた。
しかし、エッジの効いたインパクトがあると言うよりは、全体的にまとまった感のあるものだった。

一方で、ニラそばは評判通りの美味さだった。
スープが絶妙でどっさり盛り付けられたニラとマッチする。
細麺がこれにピッタリだった。
申し分のない素晴らしい一品である。

しかし、勘定を済ませると何か割高なような気がした。
何と餃子が一人前2000円だった。

はぁ、の世界である。
上品な味で具材も違うが、ちょっと2000円はないだろう。
コスパなら餃子の王将が上だろう。

餃子の王将は餃子は美味い。
しかし、店舗により出来が違うので、行ってはならない店舗は把握している。
具材で勝負している店とは違い、焼き加減で餃子の旨味が醸し出される感じがする。
でも、皮を手巻きするのに比べて、機会巻きする場合は空気がどうしても入るため、具の味の違いは決定的になる。

あとは赤坂のみんみん。ここは酢とこしょうを混ぜて餃子を食べる。
餃子の美味しさそのものを味わってもらいたいと、女将さんが率先してこれを勧めてくれる。

池袋の東亭もかなりコスパが高い。
皮のもっちり感は好みが分かれると思うが、具がたくさん詰まっていて大きくボリュームある一品である。
行列が出来る店だけの実力を備えている。

宇都宮餃子は有名だが、あそこのみんみんはパリッとした食感は絶妙で、口の中に入るジューシーな感じも圧倒的な存在だ。

飲んだあとは恵比寿ちょろり、ここもなかなかいい。
餃子でビールはシメ的にはもってこいの店である。
麺類も豊富でチャーハンも評判がいい。

こんな感じで餃子も好みが分かれるが、最近パリに餃子バーがオープンした。
発祥は京都の餃子バーと言われているが、いよいよ日本の餃子も世界にチャレンジするのだ。

私の一番は宇都宮餃子のみんみんだろう。
薄皮のパリッと焼き上げ食感に、手巻き効果の具のジューシー感は東の横綱に位置するだろう。