家庭教師

家庭教師をつけて欲しい。
一番下の中学3年生の娘から言われた。

彼女は中学2年の1年間は不登校でほとんど勉強せずに自宅に引きこもっていた。

その彼女が今年の4月から通学するようになった。
きっかけは長女の影響が大きい。
2人はとても仲良く彼女はお姉ちゃんを慕っている。
長女のアドバイスもあり区切りのよい新学期から通学を始めた。

そして、高校進学をするにあたり自分なりに勉強をしなくてはならないと真剣に考えているのだろう。
私は家庭教師の依頼を承諾したが、すぐには動かなかった。
彼女が自主的に勉強を始めているかを確かめたかったからだ。

しかし、テレビを見たり携帯をいじったりで相変わらず勉強している様子はなかった。
家庭教師をつけてから勉強するのでは、順序が違うと思った私は躊躇があった。

何人かの友人に相談してみると、勉強のやり方がわからないから仕方がないとの意見だった。
家庭教師をつけてから勉強のやり方を学ぶのはベストだと言う。

そんな見方もあるかと思い家庭教師の会社に連絡して、体験レッスンの申し込みをした。
来た先生は20代前半のイケメン君だった。
先生から質問があった。
どのくらいの成績なのか、不登校の影響もあり200人中190番くらいだと彼女が答えた。

そして、中学1年の時には私が彼女の宿題を変わりにやってあげてたのだ。
最初は勉強が嫌いな彼女に私が勉強を教えていたのだが、なかなか教えるのも下手だし、彼女
の掴みも悪かったので、まったく前進しない始末だった。

そうこうしてる間に彼女が愚図り始めて、喧嘩になったりしたので、だったら面倒くさいから私が全部やった方が良いと判断したのだ。
私の字で書いているので先生にはばれていたことだろう。

このような実情も家庭教師の先生に話した。
イケメン君は苦虫を潰したような顔をしていたが、切り替えたのか勉強のやり方を教えたいと言い出した。
まずは、教科書を中心に中学1年から始めようと。
ポイントを押さえる、パターンを知る、繰り返し毎日勉強する、この三つをしっかり習得出来ればビリギャルのようになるのも夢でははないと言う。

決めゼリフとも捉えられるが、確かに勉強のやり方をものにするば200人中120番位までは上がるかも知れないと思った。
下から10番なんだから上がるしかないわけだし本人の努力次第で可能性がまだあると思った。

担任の先生はそんな可能性からの発想はしないだろう。
以前伺った時も選ぶ学校は限られるだろうと言われた。
前例がないからと、不登校からの進学を困難から発想しているからだ。

私はさすが商売にしているだけあると思った。
結果はわからないが、彼女次第でまだ間に合うように思う。

子供の教育には全くの無関心だった私にも責任がある。
しかし、今回は彼女から学びたいと訴えてきた。
このタイミングでサポートしないわけにはいかない。

彼女はイケメン君を担当にしたかったようだが、彼は体験レッスン専任担当らしいので、望は叶わなかった。

これからの彼女の発展を見守って行きたい。

弟とナマズ

グランドハイアット東京で車の充電をしながら考えていた。
今日、千葉の茂原に行って帰るまでの距離と充電量を計算していた。
満タンなら往復しても全く支障はないが、時間がなかったので10分ほど充電して4分の3まで完了して出発した。

出口のバレースタッフに軽く会釈をしたが、何の応答もなかった。
恐らく、充電だけの利用だと料金が発生しないためか、無愛想な対応を受ける印象がしばしばある。
一方で、丸の内パレスホテルの場合はバレースタッフが充電を代行してくれる気の遣いようで、同じホテルでもこうも違うものかと感じてしまう。

六本木から中目黒で弟をピックアップして千葉へ向かった。

彼は恵比寿で鮨 早川を営む料理職人である。

私が今回、彼に依頼した事は、ナマズをはざいてもらうこと。

何故、ナマズなのか頼んだ時、彼は不思議に思ったらしい。
彼の中ではナマズなるものを食することはありえないと言っていた。

私は普通に食べるものと思っていた。
鰻屋ではナマズの天ぷらを食べたことがあった。
川魚料理では、鯉や鰻と一緒にナマズも登場する。

会社の開発中プロジェクトでアクアポニックスに取り組んでいるが、野菜と一緒に魚を育てるシステムで開発に成功したM氏とナマズの試食会をするために、料理人が必要になったのだ。

予め弟には料理道具を準備してもらった。
有次の包丁がキラリと光っていた。

天ぷらと蒲焼きのメニューで食べ比べてみたが、天ぷらが断然に美味かった。
ナマズの天ぷらがこんなにも美味しいものとは思わなかったと、全員口を揃えて言っていた。
特に皮つきの方が食感がよくて、皆んなに大好評だった。

弟は既成概念から想像もしなかった美味さに一人唸っていたほどだ。

身もすごくきれいで、イサキの刺身と間違うかのようだった。
小骨もまったくなく、調理の手間いらずで、慣れたら簡単にさばけるようだ。

これで、一つの目処がたった。
ナマズはつかえる。
次回は野菜とナマズの天丼でも作ってもらおうか。

弟は試食をしながら、5時から始まるサザンのコンサートを気にしていた。
東京ドームへ時間に間に合うには3時までに出発しなければならない。

私は彼のそわそわしている姿を横目にじっくりとM夫人の手料理を味わっていた。

その料理が抜群に美味かったので、そちらの方が優先順位が高くなっていたのだ。
あとは、少し意地悪したい気持ちになっていた。

そわそわしている姿を意識して見ていると、ちょっと面白いからだ。

さすがに時間が迫り、弟が私に合図をしてきた。
これ以上は意地悪の領域を超えてしまうので、手仕舞いにして帰る準備をした。

帰りの車中では、世間話に花が咲き楽しい一時を過ごした。

料理教室

マクロビ料理の教室に友人から招待された。

そこには女性が8人、男性は私1人だけであった。

講師のO先生に挨拶をした。
初対面である彼女は私より一回り以上歳上の知識人であった。

彼女と話しをしていると、何と共通人物が次々と登場してくるのでびっくりした。

彼女のお弟子さんが天然村でマクロビの料理教室をやったことがあった。
おまけに、彼女の友人が天然村醤油作りのサポートにきてくれた人物だった。

まだまだ、出てきて何かオーガニックなカテゴリーの分野では、相当な権威を持った方だったのだ。

今回の料理はマクロビ、いわゆる雑穀料理だったので、私は何の興味もなかった。
何故参加したかと言えば、実は自分でもよくわからないのだ。
強いて言えば、ただの料理を教える機会ではなく、違う領域を学べる感みたいなものが働いたから。
それぐらいの動機だった。

今回のテーマは玄米と味噌汁。

その徹底したプロセスに圧倒されてしまった。

玄米を水でとぐのだか、普通はなにげに水道の水でシャキシャキやると思われるが、ここではミネラル水でシャキッとやるのだ。
まず、2ℓのやつがなくなる。

先生曰く、水道水に含まれるカルキや別な要素が米を台無しにするそうだ。

味噌汁のプロセスも通常の何倍も手間をかける。
出汁の作り方、玉ねぎの切り方、味噌を入れるタイミング、実に理にかなっていた。

料理をしながら話を聞いていると、雑穀料理の代表たる玄米と味噌汁は日本人のDNAに残っている大事な栄養素を摂取できる食べ物だということ。

私はグリーンスムージー派になっていたが、味噌汁派に転向しようと決意した瞬間だった。

確か、九州の学校の校長先生が学校改革の成功をして全国各地を講演していた時に、聞く機会があり、改革の肝は朝飯だと豪語していたのを思い出した。
しかも、具だくさんの味噌汁こそ、学校には必要だと説いていた。

昨今、若者がコンビニ中心の食文化になっていることに警笛を鳴らしている。

私は便秘症で「惚れ惚れうんこの素」が手放さないでいるが、この料理教室の翌日には何と見たこともない痛快な排泄が出来た事に驚愕してしまった。

恐るべし、日本人のDNAに刻まれた味噌汁と玄米。
私も身体をトランジションするタイミングのようである。

ルーシー

「ルーシー」至急見た方がいい。
友人からオススメ映画のリクエストがあった。

私がその理由を聞くと、三次元と四次元の世界が明確に理解できる内容だという。

最初のシーンは任侠映画でも始まるのかと思ったが、韓国マフィアが新薬を悪用するシナリオになっていた。

主演はルーシーを演じるスカーレット・ヨハンソン。
彼女が四次元の世界を描写している。

それは、目には見えない世界。

人は脳の10%程度しか使い切れていないという。

イルカが20%ともいわれている。

映画では、ルーシーが脳を30%、50%、と徐々に上げていき最終的には100%を使いこなすようになる。
それを段階的に能力を進化させ、意識するだけで脳に伝達され現象として現れる、見事に描写している。

人の脳はたかだか1割の世界しか知らないに過ぎない事になる。
残りの9割は知らない世界である。

イルカは20%に達しているのでテレパシーが可能になっているそうだ。
あの、伝書鳩だって途方もない距離を確実に用事を足すところからも、イルカと同類の能力を有することになる。

私は世の中にはまだ見えない9割が存在していると信じている。
それは、暮らし方によって徐々に脳の能力が開発されていくのではないかと思う。

では、ルーシーが30%とか50%に脳が発達するとどうなるか。
もはや、相手の思考が読み取れ、何処にいてどんな行動に移るかもわかってくる。

身体の状態がどうなっているのか見えて、病気の対処方まで簡単に出来たり、傷も簡単に再生されたりする。
病気になったりすることはなく、そして少々の怪我や弾丸が当たっても平気になる。

テレポーテーションも自由に距離に関係なく移動できる。
おまけに時代だってタイムマシンのように古代から江戸、明治時代まで行けたりする。

これは60%を超える世界で可能になってくる。

もはや、おとぎ話の世界である。

そして、最終的な100%になると消えてしまう。

これは映画ならではの描写だと思うが。

しかし、四次元の世界を考えてみると、あながち間違っているとは思えない。

太古の日本、2万年前では日本人の前にカタカムナ人が暮らしていたそうである。
現在のカタカナの原型になっている文字が書籍で見てとれる。
彼らは脳をほぼ100%使っていたそうだ。

もしかしたら、彼らはルーシーのようになっていたかも知れない。

それはともかく、四次元の世界で暮らしていたと考えると、現代はずいぶん不自由になっているようだ。

友人はこの勘所を掴んで欲しかったのだろう。

シンプルな構造の世の中で必要なものは交換しあったり、安全で安心な食べ物は不自由しない暮らし。
こんなロハスな世界も間近に迫っているかも知れない。