外から考える

朝のゴルフは爽快だった。
まるで、タイでラウンドしているかのような感覚になっていた。

朝の5時半過ぎにスタートして、9ホールのハーフを回って終わるのが7時半位になる。
料金も安く、疲れも残らないくて、ちょうどいい感じでプレー出来るのが気に入っている。
1人でふらっと行くので、組み合わせも様々な人と一緒になる。
医者や自営業、会社役員だったり、みんな出勤前にプレーをしている。

早朝の薄暗い感じから、徐々に明るくなり朝露から放たれる光と共に、センサーで感知したように草花が躍動するような感覚がある。

その瞬間、ふっと思い出した。
センサーの感覚に近いのかも知れない。
外から考えついたものとは、このセンサーに触れたところにあるのだろうと。

その余韻を残しながら仕事に向かう。

先週のセッションでコーチKから言われたワードが思い浮かんだ。

中から考えても答えは出ない。
外から考えついたものでないと行きつかないと。

その時は皆目検討がつかなかった。

その日は、本社近くのコーヒーショップに立ち寄り、リラックスしながらメールをチェックしたり、新聞を読んだりしていた。
最近はあえて、会社にいないように心がけている。
会社にいると突然邪魔が入るし、中から考えてしまう環境なので、午前中早めの時間は会社にいないようにしている。
中から考えた手段は有効だったか翻ってみると、決してそうではなかった事がわかる。

私の場合、まったく新しい分野に挑戦しているので、中から導き出そうとしても解はなく、まさにゴルフ場で見た光景がそれを示している。
太陽の光のセンサーによって草花が躍動するような、外からキャッチする構造に近いのだろう。

それは、自ら動いて中からの情報により手立てを講じるより、センサーでキャッチするまでリラックスした状態を保ちながら過ごす事が何よりも大切なのかも知れない。

考えるというよりも、センサーで捉えるような自動的に近い感覚なのだ。

これは、既存事業でもアップデートしたり、バージョンアップするには最適な手法で、しかも、offの状態にいる時に多くの機会に恵まれるだろう。
onとoffのない会社として再定義したイコムとしては、タイミングに妙味を感じる。

もしらかしたら、未来の仕事は常にoff状態としての立ち位置になるかも知れない。
いや、きっとそうなるだろう。
マイクロチップがあらゆるものに組み込まれ、AIがスクリーンを通して自動化される世の中になる。
それは、今までの仕事の作業を全て補ってくれるだろう。

常にoffで仕事が出来る状態、それは外から考えつくためのセンサーとしての役目になるだろう。

そんな時代が来るのも時間の問題だと思う。