名古屋と行基寺

友人から聞いていた話は、現実現場をこの目で確かめてから初めて明らかになった。
一緒に行こうと話をしたのは三年ほど前。
名古屋に行く機会があれば、是非とも見てもらいたい景観がある。
その言葉が脳裏に焼き付いていた。
会合が名古屋で開催されたので、これを機に行ければと思っていた。

「行基寺」名古屋から車で約1時間、300年前から江戸時代の松平家の山城として歴史をもつ寺だった。

それは、まさに天空から見下ろす景色のごとく、この目で見ない限り、この感動は決して伝わらないだろう。
寺の障子を開けた窓からは、名古屋市街地、岐阜県の大垣市、三重の桑名市まで一望で見渡せる、絶の景観である。

別次元に移行したかのような空間にしばしば時間を忘れて見入っていた。

些細な事で悩んだり、苦しんだり、怒ったり、喜んだりしている世間が垣間見えるようで、日常を振り返ると、いかにミクロの世界の出来事に感情をぶらしているのがわかる。
改めて大マクロから振り返る機会になった。

それは、東京ミッドタウンの52階から見渡す景観とは決定的に違う。
もちろん、ダイナミックな面はあるが、行基寺から見るそれとは明らかに違っている。

緩みや揺らぎといった感覚、そして、風や空気を感じて見下ろす景色は、日本の原風景を表しているようで、静粛の空間からは心の状態が落ち着き払っているようだ。
それは、天然村にいる時に感じる近い感覚があった。

名古屋市街に戻り、帰る時間までに何を食べるか前日まで迷っていた。
名古屋の友人に聞いてみたが、一発回答で熱田のひつまぶしの店が返ってきた。
店まで行く道中、「きしめんと酒」のれんが目にとまり、風情のある店構えに妙に惹かれた。

そこは立派な料理屋だった。
早めについてしまったと思いきや、開店までの16時30分までに40分近くあるのに行列が出来ていたのだ。
市街地から外れた閑静な場所に行列が出来ている様子は、その店の実力を示しているようだった。
店員さんに聞いて見ると、週末はこんな感じだが、平日は並ぶまでにはならないという。
肝焼きはともかく、肝煮、肝揚げ、肝酢など、今まで目にしたことのない鰻肝料理のバリエーションだった。
どれも素材を引き出した実に味わい深いものだった。

締めには「蓬菜軒本店」名物ひつまぶしを堪能し、名古屋をあとにした。

現地、現物、現場、そして掃除

すっかり原点を忘れていたようである。

現地、現物、現場。

自ら現地に赴き、現場の徹底した掃除をする。

約1時間だったか、汗びっしょりになりながらも爽快な気持ちになっていた。
赤坂T-timeの隅々を掃除していた。
自然と愛着が湧いてくる。
すると、改善すべき本来の要素が色々と発見できた。

机上や会議から指示を出していた己を恥じている。

現場と掃除の一体感は経営者本人が継続して実践する事に意味がある。
掃除は今後も続けていく。
しかも、キックボクシングなみに体力を使う掃除を。

創業当時はそれが定着していて、毎日現場に行っては掃除をしていた。
掃除が仕事かのような錯覚さえ覚えていた。

朝早く現場で掃除をして一汗かいてから仕事を始める。
いつからか、人任せにしていて垢がたまり過ぎたようだ。

有楽町に集まる全国からの地方物産店へ担当者Kと一緒に回った。
開店と同時に石川県の物産店に入り、人気の商品をヒアリングしてきた。
日本酒、調味料、特産物の生産者とそれぞれの人物像を聞いた。
店員の中でもバイヤーが丁寧に生産者の特徴を掴んでいる。

若手の生産者で地域活性化に取り組んでいる人はいないか質問してみたが、これも実に詳しく
説明してくれた。
県によっては本気で物産店から地域をPRしているのが見て取れる。

その後、高知県、和歌山県、富山県、奈良県、熊本県、兵庫県、沖縄県、北海道と回ったが、地域によって対応は様々違っていた。
物産店は県が運営しているが、職員が上の階に常駐している場合があり、いくつかは実際に面会して話しを伺った。
土曜日にもかかわらず出勤していたが、買い物の他に地域に移住を考えている人の対応もしているようだ。
浅草に全国の市町村の郷土料理や特産物が集まる施設がある。
「まるごと日本」に行ってヒアリングした。
ここは、県単位ではなく、市のレベル地域がエントリーしていて、より地域性が鮮明になっている点では、ローカルな地域にフォーカスしていて、より日本の食文化を発信できる場になっている。

icom parisでも日本のローカルな地域が海外や、世界から発信する事で国内でのシナジーを狙っている。
今回の物産店訪問は、パリプロジェクトの情報を集めるのが目的だったが、ネットでは決して得られない情報が現場にはあった。
現地に入る事で本質が見えてくる。

現地、現物、現場、そして掃除を経営者本人が地道に続けることでしか、事はなし得ないと自覚している。

原点に戻って再スタートである。

パリからロンドンへ

パリ入りしてからの初動がタイムリーだった。

全ての物事が順調に進み、次のステップのロンドン入りを果たす事が出来た。

パリの弁護士事務所で契約を締結した。
約4ヶ月間交渉の末に店舗物件を取得し、
icom paris 現地法人の設立、銀行口座開設の手続きを終えた。

イコムの買主側弁護士、売主及び売主側弁護士の4者が集まり契約書文言を修正して互いにサインをした。

契約書にサインをするのは最後のページだと当たり前に思っていたが、全てのページにイニシャルでサインをするように言われ驚いた。
フランスの契約書は約50ページにも及び、1枚づつサインをする。
それを互いに持つため、何と100ページにも及ぶサインに最後はアラビア文字と間違えるかのようになり、あわてて修正する始末、おまけにフランス語なので弁護士の言われるままに、意味も解らずただただサインをする作業に虚しさを感じていた。

しかし、参入障壁の高いパリの人気エリアに取得出来たこともあり、契約締結時は気分が高揚していた。

日本全国からの地方郷土料理や特産物をパリで売り込むポップアップ店舗として、1ヶ月から3ヶ月の期間、ブランディング及びパリマーケットへの商品化、マーケティングのチャレンジの場として、パリへ名乗りを上げるステージを用意する。
特にローカルな地方の酒や醤油、味噌などの本物商品はパリジェンヌには大人気である。

そして、パリの次はロンドンに準備する。

早速、ロンドンのエージェントとアポを取り、sohoエリアを中心とした店舗回りを案内してもらった。

ロンドンは昼間でも氷点下でブルブル震えながらの視察となった。
ローカルなイギリス料理店でランチをしながら、近況をヒアリングした。
EU離脱の影響が大きいようで、今後の展開がどうなっていくのか模様眺めで、積極的な投資は控えめになっているようだ。

しかし、ポンドは3年前と比べると半値近くに下落しており、買い物するには今がチャンスだと感じた。

ロンドンはパリと違い出店の障壁はそれほど高くなさそうだ。
ビジネスマンが圧倒的に多く、通勤ラッシュ時は東京のそれと同様の光景だった。

一方で、パリはロンドンと比べ1時間ほどラッシュ時刻が遅れている。

やはり、パリは食事や芸術を楽しみ、気の合う仲間と会話をしている時間を最も大切にしている印象がある。

ロンドンの文化とは鮮明な違いを感じた。

先ずは、パリを軌道に乗せてロンドン、ニューヨークへと日本文化を発信していきたい。