世代

気がつくと今年で52歳である。
おじさんを超えておじいさんの域に達しようとしている。

直面的で、何とも寂しさやら悲しみを感じてしまう。
時の流れの早さを実感している。

最近、それを象徴するような場面に遭遇するシーンがしばしば現れる。
経営者の集まる朝会に参加した時も20代後半が中心で、30代が数名いたが50代は1人だけだった。
また、ITやSNSを使ったPRやWeb関係者なども30歳代が中心に活躍している印象がある。
打ち合わせする場面でも、若い世代が多く同年代から上の層とは、業界についての視点であったり、かなりマクロな領域での取り組みになる。

気づけば、何かあっという間にプレーヤーの世代が変わっている。
彼らは、パワー、スタミナ、スピード、技術を備えている。
ヨコのネットワークも豊富で、ビジネスを相互支援している関係を構築している人達もいる。

イコムも今年で23歳を迎える。

まさに今年の新卒社員と同年代になる。
おまけに、長女が4月から入社するのだ。
かなり異色なおてんば娘なので、しっかり勤まるかわからないが、タイミングと縁がもたらした事だと思っている。

29歳で始めてから、ずいぶん時間が過ぎているが、本人の意識はまだ束の間の、といった感覚である。

イコムが29歳になる6年後には、ちょうど一回りすることになる。

その時は大きな転換期になっているだろう。

仕事とは別の事で使命を果たし残す事になっているようで、最近それがようやく判明したので、助走しながら同時並行でやっていくつもりだ。

それまでには、バランスの取れた組織に発展しているだろう。