楽市楽座

事業構想大学院大学の研究生活も終盤を迎えている。
表参道を拠点とするこの大学は、一般的に実践で成果を上げている実業家を講師に招いて、新たな事業を生み出すスキームを育む場として機能している。

今回の研究がそれと異なるのは、生涯学習まちづくり研究会が基礎となり、地方創生をテーマに地域の特性を生かしたまちづくりを学びをしている点に大きな違いがある。

同期には、取手市、佐野市、千葉酒々井町の各行政マンがいて、F教授や助手S氏が地方創生の原点となる「たまり場」を通じて地域活性化の研究課題にしている。
このたまり場が非常に重要な役割を果たす事がわかってきた。

F教授とS氏が酒々井町の空き店舗を活用し、見事に短期間でたまり場を形成しているとの発表があったので現地に行ってみた。
授業だけでなく、現実現場を自ら実践している点が評価に値するので、どのように運営しているのか、現地現物を見ないではいられなかった。

そこには、活気があり談笑する地域の民が集まり、まさに、たまり場が形成されていた。

その原動力は何なのか、現地に入りしばらくして理解できた。
カスタマーリレーション、S氏が見事にそれをやっていた。
彼女の持ち味を活かしているのは勿論、言動を見ているとミッションから紐付いているのがわかる。
彼女の躍動感溢れる一挙手一投足がそれを物語っていた。

一方で、彼女は苦笑いしながら言った。F教授は店に来ても腕を組んで奥の席に座り、交わろうとはしない。おまけにカスタマーリレーションに時間をかけすぎていると、お咎めを受ける始末に、戸惑うこともしばしばあったと言う。

教授という鎧が脱げずに一般の民と積極的に交わることをしないらしい。
それを聞き一笑に付して否定するも、授業で教えている事と現実現場の違いに、むしろ哀愁さえ感じるのはなぜなんだろう。
それは、F教授の人柄なのかも知れない。
それも徐々に彼女のサポートにより民とF教授の共通点を導き出し、見事に調和したコミニティを演出し、教授を見事に仲間入りさせたのだ。
まさに、悲喜こもごもであり、S氏は民の声を現場で反映することが成果につながる実体験を身につけている。

カスタマーリレーションが基礎となり、たまり場を形成しているが、コンテンツも大きな要因だろう。
地域住民手作りの品を店舗で展示をしている。
非常に価値の高いものが多く揃い、東京の売価の半値ほどのプライスになっているので、循環のサイクルが早く、バリエーションが維持出来ている。

実際に訪問した日には何人ものお客様が手に品を取り、売り手の背景を説明するS氏とのやりとりが見事に調和していた。

そこには、既得権益も規制すらもない、楽市楽座のような世界が広がっていた。

変化

ソイラテアイスグランデ氷なしで。
スターバックスで注文する際のいつものやつだ。

これに限らずパターンがいつも同じで変化に富んだ動きが少ない傾向にあるようだ。
また、主体的に変化を起こす動きに関しても無意識に保守的になっているようだ。

毎朝起きる時間やルーティンの継続とそれは微妙な違えはあれど、それを意識的にやる事で重続として変化を起こす動きになる。
重続、重ねながら継続する意図で、毎回改良を重ねながらマンネリ化を防ぐだけでなく、よりベストな状態を作り出す為の創意工夫に繋がる。

毎晩、お酒を飲む習慣があったが、それは同時に睡眠剤としての役割を担うように信じ込みをしていたようだ。
つまり、飲まないと寝つきが悪いと思い込んでいた。

ある医者から脳のレントゲン写真を見せてもらう機会があった。
それは、お酒を飲んでいる被験者とそうでない写真を比較したものだった。
お酒を飲んでいる脳細胞は密度が低く、明らかにその違いがわかる。
アルコールを摂取することで、細胞を徐々に溶かしていくようだ。
医師によれば、コカインや覚醒剤より脳にとって有害なのがアルコールだそうだ。

それを確認してからは、お酒の量を調整し始めた。
一気に止めるのには未練があるというか、止めるには楽しみの一つがなくなるのが寂しい思いもある。
ほろ酔い気分になって、もう一杯くらいはいいだろうと思ってしまう時もしばしばある。
やめたくないのが本音であるが、徐々に慣らしてそこを乗り越えたいと思っている。

また、いざ量を少なくしてもすぐ寝れているのだ。

これらは、変化を起こす動きの一つに過ぎないが、このような惰性的な習慣やパターンが多いのだ。
スターバックスでもそうであるように、同じ店でチョイスしているパターン化傾向が強く、バリエーションは少ないようだ。

ランチもそうだし、通勤時間や会社までの道のり、電車の乗る位置や、コンビニはセブンイレブンとか、FBの写真をまったく変えてないとか、ゴルフバックを25年間変えてないとか、などなどワンパターンが多い事に気づく。

従って、多様性に富んだ選択がないため、つまらない男として、または、退屈な印象を与えかねない事態になっている。

これは、無意識なため、由々しき問題として捉える事も出来る。
意識的にチョイスを変えてみる。
たまには、ランチにデザートを注文してもいいだろう。
あるいは、カツカレーを食べたい時には蕎麦屋に行ってみるとか、常に変化を主体的に起こす意識を注意深く観察してみる。

まずは、普段注文しないメニューを選択したり、行った事のない場所や体験を豊富に積むようにしたい。

決断

やめよう。その一言で局面が一気に変わる事になった。
まさか、このタイミングで判断する機会があるとは思ってもみなかった。
解約する決断をしてから初めて内なる心に気づくことがあった。

パリの不動産を取得する契約を締結してから2ヶ月あまりになる。
今月末に鍵の引き渡しと売買代金の残金を支払う事になっていた。
その土壇場で契約をご破算にした。
前日までその可能性は1%位に過ぎなかった。
潜在意識に無かったかと言えば嘘になるだろう。
しかし、不思議なことに顕在意識ではそれを確認することは出来なかった。

今期4月から入社する新卒と一緒に、幹部となるCOO(最高執行責任者)F氏も同じようにイコムの一員として迎える事になった。
Fは言わば軍師としての役割である戦略を描き、自軍の戦力を把握し、組織が機能的に動くように働きかける任務となる。

Fは直近まで、日本の伝統文化である器や工芸品をパリで販売するチームに参画していた。
約4年間の経験を持ち、多彩なネットワークを持っている。
彼の体験からパリで成功する肝はユーザーとのリレーション、つまりお客様と信頼関係を有する接客が決定的な要素だと振り返る。
従って、パリの人々は非常にお目が高く、口コミによる拡散が成功を定義づけるという。
気持ちの良い体験をしたり、信頼を得たならば、その店に家族や友人を連れてやってくる。
それがリピートに繋がり繁栄していくサイクルになるという。

イコムのパリプロジェクトに最も必要だったのは、紛れもなく現地、現物、現場に立つ優秀な日本人スタッフになる。
今の時点で不在なのは決定的な要因となる。
これまでは、ポップアップ店舗としてのコンセプトで、実際に店を運営するテナントがそれを補い、イコムは現地のスタッフを派遣するサポート体制を考えていたが、それでは完全な成功要素になっていなかったことが判明した。

今から準備して体制を整えながら順次進めて行く事も出来るが、物件の取得に関しても事業構造の大事な領域になるので、ゼロベースで再開する方が良いと判断した。

戦国時代で例えるならば、敵陣に向かって兵を出して城を攻めに出たが、あまりにも守りが固いばかりか、戦場となる場所の条件がこちらにあまりにも不利で、自軍の兵をこれ以上失うリスクの方が大きいと判断し、一旦兵を撤退させた格好になる。

実際に契約をご破算にするコストは決して小さくないが、なぜか安心している気持ちが感じ取れているのは、潜在意識にそれがあった事になるのだろう。
ホッとしている反面、同時に悔しさもあり、体制を整えてから必ずやプロジェクトを成功させる決意をしている。
パリプロジェクトが消滅したのではなく、事業構造をきっちり組み立て直し、やるべき事の準備を整えてから物件取得をしたいと考えている。

今回は、軍師Fの知見が判断するに至る最大の要因になった事もあり、まさにタイミングよく強い味方が現れた事に大変嬉しく思う。

これまでの経験で、パリの現地法人を通じて、たくさんのネットワークを構築出来たことは財産として残る。
再挑戦する日まで、しっかりと体制を整えて城攻めに備えたい。

兄妹姉妹

子供4人が一緒に学ぶ姿を見るのは初めてだった。

長男は23歳、長女、次男、次女とそれぞれ二歳違いの兄弟姉妹になる。
男女それぞれが対照的なペアで、よくここまでくっきりと分かれているところが面白くもあり、男女それぞれが相似形になっているのも興味深い。

長男、次女は慎重派で物静かな面を持つが、長女と次男は活発的でオラオラ系な一面がある。
一方で姉妹はすごく仲良しで、面倒見のいい長女が次女に目をかけている。
しかし、兄弟と姉妹はまったく交わる機会がないばかりか、まったく会話がなく他人より無関心な面をもつ。
これは、早川家先祖代々が受け継ぐ兄妹の会話が皆無という、宇宙的な不思議さがある。
おそらく、道端でばったり出くわしても目を合わせる事もないだろう。
96%の見えない宇宙、ブラックホールのダークエネルギーに行かないと解明出来ないのではないだろうか。

兄弟は仲が悪いわけではないが、接点が少なく次男がフィリピンに行っている間を含め、約三年ぶりの再会になる。

今回の勉強会を主催したきっかけは、2月3日に受講した際、若いうちにやっていた方がお得な事もあったので、直ぐに子供達に声をかけたのだ。

脳のトレーニングを通じて、シンプルに思考し脳を練る時間を過ごすので、小学生でも回答がわかるようになっている。

子供達の他に参加者は数名いると聞いていたが、いざ素性を知るとここまでレベルの違う人達と一緒に学ぶ事が出来るのか、呆気にとられてしまった。
某有名私立大学教授、某有名病院外科医、武術世界チャンピオン兼オリンピック金メダリストなど、そうそうたるメンバーが集まっていた。

主催者の立場を考えると、参加者のあまりのギャップの違いに進行を妨げる恐れを抱くも、時既に遅し、それはまるでバスに乗り遅れてはならぬと急いで乗り込んでしまったように、引き返すわけにも行かず、あとは講師のO氏に全てを委ねるしかなかった。

いざ、始まってみると、想定通りの展開になった。
小学生でもわかる答えとはいえ、脳を練る作業は普段色々と考察している面々は実力を発揮、バンバン質問や答えを導き出していた。

一方で、兄妹姉妹のオラオラ系男女ペアは周りを気にもせず、大きな態度で質問や検討違いな答えを発していたが、物静かペアは正しい姿勢を保ちながら時折、正解に近い回答をしていた。

俯瞰して見てみると、それぞれの特徴が現れていて、しかも同じ場所で同じテーマを学ぶ機会の縁に価値を見出した。
それも、彼らが絶対に出会わない人物たちと同じテーマで考え、分かち合う事が出来たことは、素晴らしい体験になっただろう。

今回、主催者として大変満足のいく学びの機会だった。