本質

仕事をして楽しく過ごす、仕事があるから楽しくなる、どちらが本質だろうかとふと考える機会があった。

ネクサミという異業種企業がプレゼンを通じて学び相互扶助する機能を有する場を提供している組織の通称である。
このネクサミにある葬儀会社が参加している。
社長も広島から月に何度か学びにやってくる。
実践メンバーは、現役の大学生でインターンシップとして参加している。

彼らのプレゼンを見ていると、顧客が誰なのかを徹底して実践している。
会員獲得の手段として、ポステイングを地域全域にわたりチームで実施して、なお本当にチラシを見ていただけたかを一軒づつ訪問して確認することまでしている。
おまけに、葬儀に求めるもの、困っていることを徹底してヒアリングしている。

つまり、葬儀というサービスや商品を売る視点とは逆に、自らの人となりを売っているに等しいと言える。
結果として顧客との信頼関係が構築されて、葬儀のことはあなたに任せる、まさに御用達の関係までになっている。
これがサービスや商品を売っていては御用達の領域までに至らない。
学生なので、既成概念がないとはいえ、ま素直と実行力で突破してしまった印象がある。

顧客との信頼関係を構築するには、顧客の用事を足す前に会話を通じてさらりとヒアリングしながら自らを売り込む要素が必須になる。

これを広島のインターン学生が見事に実践してみせた。
彼らを見ていると生き生きと輝いて真剣に取り組む姿勢に圧倒される。

従って、仕事があるから楽しくなる、こちらの方が彼らにフィットするようだ。
逆に仕事をして楽しく過ごす、これには違和感を感じる。

仕事をしてプライベートを楽しく過ごしたり、家族を養ったりするのは当然な事だろう。
しかし、本質は別なところにあり、もうすでにある仕事が楽しくて仕方がない。

こんな感覚で顧客が増え、社員が増え、売上も増えて、数字が結果を伴い、そこから趣味や旅行を存分に楽しめる時間とマネーが揃う。

onとoffのない会社、月の10日働き20日休む会社の本質はまさにそこにある。