忘年会

最近になって飲んだ後に落し物をしたり、忘れ物をする傾向が続いている。
先日もカードを店におき忘れた。
また、2日間続いた忘年会でも上着を忘れ、翌日にはマフラーを忘れる始末。
いずれも飲み過ぎたのが原因しているとはいえ、かつてこれほどまでのお粗末はなかったであろう。

会社の忘年会は三次会まで続き、最後は焼肉屋で朝を迎えるという飲みっぷりに、ラストまで付き合うこと叶わず、3時半に帰宅するも忘れ物に気づいて6時に起床した。

娘に電話をすると、何とまだ居酒屋で飲んでいるという。
焼肉屋のあと、残った4人で居酒屋に移り飲み続けているのだ。
みんな20代前半の飲み盛りとはいえ、娘の酒豪ぶりには驚くばかり、一緒にいた社員Kに忘れた上着を会社に持ってきてもらった。

その後、娘とLINEのやり取りが11時ごろまで続き、それまで居酒屋で飲み明かす娘は、イコム酒豪番付表で幕下から一気に三役に手をかけたかも知れない。
いや、東の横綱Tと西の横綱Oが産休に入ると同時に30代になった事を考えると、その座に彼女がつくのは自明の理だろう。

翌日はネクサミを通じて縁のあった葬儀会社アーバンフューネスさんの大忘年会に参加した。
ご招待ということで、一切の見返りを求めない大盤振る舞いにトップの器量を垣間見た。
新木場の倉庫を貸切り130名をもてなす大イベントだった。
初参加となるが、毎年恒例で常連の方に聞くと終わる頃には記憶がなくなるそうである。

社員が芸人顔負けの余興で盛り上げ、参加者は一気飲みから二気飲みで、会場はどんちゃん騒ぎ、それはまるで部活の合宿ノリそのもの、葬儀会社とは思えない社風に業界に風穴を開ける可能性を感じた。

参加者は葬儀関係者が中心で、中にはお坊さんの姿もちらほら、誰も彼もが目がいっちゃっている。
やはり、最後にはすっかり記憶が飛んでいて、二日間に渡る3日酔いに、ただただ胃を労わるしかなかった。