ご容赦

目を覚ますと、前日の忘年会で飲みすぎたのは明らか、完全に二日酔い状態で顔も少々赤くなっていた。
最近は考慮してウイスキーか焼酎のどちらかにしている。
飲む相手が強いとついペースメーカになりがちで、こちらもそのペーストで飲んでしまう。

朝一で天然村へ向かうため車を走らせた。
自宅を出るとすぐに交機の姿が目に止まった。
一瞬、動揺するが大使館の関係だろうと考えた。
まさか、朝の8時前に酒気帯びの検問があるとは、10年近く住んでいて初めてのことだった。
さすがは眠らない街、六本木ならではの光景かもしれない。

飯倉の高速入口付近で検問をやっていた。
万事休す、センサーを差し出された時には覚悟を決めていた。
息を少しづつ吐きながら思った。
今日の予定はどうなるか、このまま車を運転出来るのか、いやそれは無理に違いない、そうすると高速バスで行くことになる、東京駅まで向かいそれから現地に着くと予定の時間より…

はい、どうぞ〜、交機の声を一瞬疑ったがパスをしていた。
そんなことがあるのか、顔は明らかに赤みがかって二日酔いは疑う余地なし、まさかセンサーが反応しないはずはないだろう。
直後は、まさにカオスの状態、本来嬉しくてたまらない気持ちになるも、突然恩赦が決まった囚人のような気持ちかも知れない。

しかし、時間と共に徐々に嬉しさが込み上げてきた。
ラッキー、まさに幸運としか言いようのない運の良さに、改めて二日酔いの運転をしてはならないと自らに戒めていた。

警察に交通違反で捕まった時に、御勘弁ください!お見逃しください!
これらでご容赦になることは絶対にないだろう。

最近では、持ち点があと1点の時に五反田駅近くの右折禁止とは知らずに曲がって止められたことがあった。
その時も万事休す、当分運転出来ない覚悟を決めたときだった。
何度となくやり取りをした後、何とご容赦だった。
おかげで数ヶ月後には15点に返り咲いた。

それと同時にある出来事が走馬灯のように蘇る。
若い時分、飲んだ後に友人を乗せて車を運転するもバイクを跳ねてしまい救急車、警官と現場検証していると当然飲酒運転だとわかり、覚悟を決めてお縄を頂戴すると思いきや、これまたご容赦に信じられない思い出があった。

これらにはどんな作用が働いているのだろうか。
ただの偶然か、いやそんなことはないだろう。
何か見えない世界、三次元では到底理解出来ない、とんでもない高次元の世界が広がる宇宙には存在するのかも知れない。