素材

うーん、思わず唸ってしまった。
この素材は地元でも滅多に口にすることはないだろう。

友人Fの家族に招かれて松戸にある小柳亭に訪れた。
千代田線で松戸駅へ向かった。
駅でファミリーが迎えてくれた。

5分ほど歩くとビルの2階にある。
看板からは冴えない居酒屋のオーラを放っていた。
一瞬、ここに行くのかと思ったほどの雰囲気だったが、程なくしてそのギャップを衝撃的な素材が証明してくれた。

それは、貝だった。
海鮮焼きとして七輪で焼く素材は、ホタテ、ハマグリ、サザエ、カキ、アワビ、などがある。
これの素材がとんでもなく凄いのに驚いた。
特にホタテ、ハマグリは本丸を超えるのではないかと思わせた。

ホタテは大きくて甘みがあり、焼いたあとにハサミで切らないと口に収まらないのだ。
ハマグリは、焼き加減を間違わなければ、柔らかな食感と貝の風味を堪能できる。
これらの感覚はちょっとないだろう。

北海道のホタテ、九十九里のハマグリ、これらの地元でもこれほどの素材はないと思う。
しかも、コスパ抜群の良さがある。
もはや、コスパを考慮すれば本丸をはるかに凌ぐ感動がある。
こんな素材がこの松戸にあるなんて、まったく理解出来なかった。

Fに聞いてみると、仕入れルートが特別にあるようで、普通は赤坂の料亭や銀座の割烹料理で出される素材のようだ。
つまり、○が一個違う世界である。

昨年の暮れにもFファミリーに赤坂の居酒屋に招かれた。
まるしげ夢葉家、ここもビルの2階にあって、惣菜のバリエーションが豊富で、普通の居酒屋にはない素材が味わえたりする。
ここもコスパ抜群の店だった。
あの後、3度ほど行かせてもらったが、連日満席の大賑わいに圧倒されていた。

Fファミリーは本当に気の置けない存在である。
人情味あふれる、温かい心でもてなしてくれる。
一緒にいてとても幸せな気持ちにさせてくれる。

気の置けないと言うと、逆の意味に捉えがちだが、気が許さない、油断出来ないとは反対の意味だと、念のため確認する。