津波の予兆

ニューヨーク帰りの友人とカフェで話をしていた。

マンハッタンで新築したビルを仮契約していたが、最近ディスカウントしていて、完成間近でも空室が目立っている。

何故だろうか。
当初のプライス設定に問題があったのか、それとも何かが起こっているのだろうか。

数日後に別な友人が言っていた。マンハッタンのSOHO地区の空室が目立っている。

世界で一番高い不動産に変動が起こっているようだ。
それに合わせるように金利がじわじわと上昇している。
アメリカでは、借金が普通になっているので影響も大きい。
住宅ローン、車から教育に至るまで借り入れに依存しているので、08年のサブプライム問題を彷彿とさせる。

一方で日本のマーケットは都心部に関しては強気相場が続いているようだ。
友人は江東区から墨田区を買っていたが高くなり過ぎたので、今年になってからは、港、中央区に戻って買っているそうだ。
高値買いを嫌って真ん中なら安心と判断して、収益で2-3%でも買いに入っているようだ。

普通に考えても金利が上昇したらマイナスになる。
おまけに、世界一高い土地から下落のトレンド。
もし、時差があるとすれば都心部も無事では済まないだろう。
07年のリーマンをはるかに超える津波が襲ってもおかしくない。

静まり返っている最中、鳥がざわざわと飛び立つような情景が浮かぶ。

今のうち高台に避難しておくべきだろう。

そして、津波が去ったあとは半値八掛け二割引きのチャンスが待っている。