オペレーション

年末の30日にもなると人通りも少なくなっている。
忘年会が続いたがようやく落ち着いた夜を過ごせそうだ。

お店のオペレーションを観察していて気づいたことがある。
流行っている店は例外なくオペレーションが優れている。
一方で、かつて流行っていたが最近陰りを感じる店は、オペレーションの検証を怠っていると言えるだろう。
ここ1週間で観察した店で感じた印象を書いてみる。

ランチタイムで表参道のCICADAを訪れた。
広い店内は多くの人で賑わっていた。
地中海料理は慣れてなく、メニューを見てもどんな料理か理解できなかった。

女性スタッフへ質問すると、実に丁寧に説明してくれたあと、個人的な見解として自身のおすすめの一品を紹介してくれた。
また、スープやサラダ、デザートなど追加料金になるが意識的にアナウンスしてくれるので、ついオーダーしてしまう。
このちょっとしたオペレーションの積み重ねで、売り上げは劇的に変わってくるだろう。

新小岩のホルモン平田は、グルメの友人が招待してくれた。
実に様々な部位の内臓が刺身で食べられるほどの鮮度が高く、コスパは語り尽くせないほどの良さがあった。
広い店内は馴染みの人でごった返していた。
ここで目を見張ったのは、網を臨機応変に変えてくれるところだった。
網の焦げ加減を見極めていて、さりげなく絶妙のタイミングで手を差し伸べる。
もはやここまでくると、行かない理由が見つからないはずである。

一方で、残念ながら幻滅する思いを感じた店は、とある珈琲レストランだった。
ここは、焙煎珈琲をメインとしたレストランで、業界では先駆者として流行っていたが、気づくといつのまにか店内もまばらな状況にあった。
おそらく、ふとした油断がきっかけとなり、坂道を転がるように悪化していったと思われる。
そこには、やはりオペレーションがあった。

注文が運ばれてきても、事前にあるはずのフォークやスプーンがテーブルに見当たらない。
リクエストしても、反応が遅く目の前のパスタを手で食べてくれと反応しているようなもの。
以前もサラダにガラスの破片が混ざっていたこともあり、一事が万事とはまさにこのことだと思った。

おしなべて、オペレーションのアップデートに励んでいる店は流行っていて、女性ファンが多いことに起因しているようだ。

ディブリーフィング

今年を振り返ると同時に、来年に向けた心構えを整える時期になった。

天然村に入りディブリーフィングをしていた。
それは、今日までの経緯や経験などを心理的な側面を中心に、詳しく話をすることである。

今年の天然村のテーマは価値の最大化であった。
あえて、収益を捨て平日に5人の人々が天然村に定住している状況をつくることにコミットしていた。

責任者のYとディブリーフをして気づいた事があった。
彼は自分の武器を最大限に生かしていないという事実を発見したことだった。

Yは採用責任者だった頃、すごいパフォーマンスを発揮していた。
優秀な人材を確保してきて、素晴らしい実績を上げていた。
人を集める事に関しては、コミニケーション能力である武器を存分に発揮していたのだ。

しかし、それをビジネスに絡めると武器は機能しなくなる。
思考が複雑になることで、本来の持ち味が出てこなくなるのだ。

ディブリーフをしてそれが明らかになった。

Yの真骨頂は、人を惹きつけて集めることである。
それは、彼の言葉から発せられた。
「採用なら片手間でも簡単に実績は残せますよ」

新しい取り組みに、自身の発想を組み合わせ、それを情報発信する事で、彼の武器であるコミニケーションによって人々が集まってくる。

そのプロセスにビジネスの構造を組み込むと、途端に回路が複雑系になって錯綜してしまう。

それを手放すことで、コミットは容易に達成することは互いに理解した。
しかし、無意識でいるとビジネスに結びつけようとなる。
ビジネスマンにビジネスに結びつく事をするなと言っているのだから、ちょっとおかしいって思うのが普通だろう。

ビジネスを手放すのは本末転倒のように感じるかも知れないが、結果としてそれを実行する事で、天然村のテーマである価値の最大化が実現できる。

ディブリーフを終え、来年に向けた心構えが整った。

人の武器は環境を整えてあげる事で、発動するということだ。

クラッシック

それは、まったくの無意識だった。

この1週間を振り返り、クラッシックに意義を見出している事に気付いた。

葉山のイベントでは築84年の洋館の佇まいを演出した企画で、バイオリニストを招きアフタヌーンティーで参加者をもてなした。
何と、バイオリンは約300年前に作られたもので、音色の違いは独創的で、洋館とのシナジーもあって素晴らしい雰囲気に皆が浸っていた。

また、ラリーニッポンの忘年会が銀座のハイアットセントリックホテルで行われた。
ここでは、チェロの生演奏を交えてクラッシックカー愛好者の社交の場として優雅な気分を堪能した。
サンフランシスコでの映像を見て思い出を振り返った。

そして、東京クラシックゴルフクラブの2周年懇親コンペに参加をした。
メンバーだけの組み合わせとなり、プレー後の懇親会では、ピアノの生演奏に加えて、馬の競技を交えた演出に特別な優越感を持った。

それそれの場の特徴に違いはあるが、クラシックという共通点でコミニティが形成されている。

クラッシックの空間はとても優雅で豊かな気持ちにさせてくれる。
歴史や文化を総体的に捉えると、唯一無二の存在と言えるだろう。
従って、年を重ねるごとに価値が上がっていき、その熟練度が増していく。

この感覚を覚えるために、無意識でクラッシックのコミニティを引き寄せていたのかも知れない。

これからのデジタル革命を考えたとき、この相対的なクラッシックの分野は、人の心を豊かにし、アーティストとしての本質に触れる、貴重な機会を創出していくだろう。

愛娘

末っ子の愛娘の学園祭に顔を出した。

学校に着くと彼女がフランクフルトを焼いていた。
友達のNちゃんは豚汁をチームでつくり、オペレーションを担っていた。

豚汁は手作りで本当に美味しかった。
某牛丼チェーン店とは比較にならないほどの出来だった。

フランクフルトを頬張っていると、ママが現れてカレーパンを土産に持参してきた。

四種類のタイプがある、美味しいカレーパンだというので、食べようとしたが、小麦と揚げを摂取することに躊躇して翌日にした。
青山本店の「天馬」のカレーパンは確かに美味かった。

ママと一緒に娘の恋愛について話していた。
彼女が好きな人物は知っていたが、ここでは詳しく書けないのが残念だ。

余計な事を書くと、娘に叱られそうだからやめておく。

少し話がそれるが、このブログを見てありのまま表現するのは、やめてほしいと言う声を聞いたことがある。

例えば、裁判中の相手方から揚げ足を取る材料にされたり、税務署に誤解を与える表現は削除してほしいと、顧問税理士さんから連絡があったりする。
気づくと知らないうちに削除されている。

しかし、事実を書いているので、他人がどんな解釈をしようと知ったことではない。
法に触れたり、虚偽の申告をしているわけではないので、何らやましいことはない。

話を戻そう。

娘の恋愛を何とかサポートしたいのだか、勇み足をするわけもいかないので、静かに見守ることにしている。

来週から合宿で運転免許を取りに行くのだが、果たして無事に合格出来るか気になっている。
出来れば影武者となって合格させたい。

太陽黒点説

はじめて聞くワードだった。

日本セルフストレージ協会の理事会に参加をした。
当日は著名のエコノミストK氏を招いて講演していただいた。

お会いするまでは、名前を聞いてもわらかなかったが、顔を見てよくテレビに出ている方だと知った。

K氏から太陽黒点説なる経済予測を聞いた。
太陽の黒点と景気循環の波がほぼ一致しているという内容だった。
つまり、太陽の黒点が多い状況では景気は上向いていて、その逆の場合は下向きになるという。
過去の統計を見てもはっきりと表れているのだ。

従って、2019年は黒点が少なくなる事から、現在の景気が一気に悪化すると思われる。
97年のアジア通貨危機、07年のリーマンショック、いずれも黒点が減少した状況だった。

一方で、理事会の当日に大阪のビジネスパートナーK氏と中目黒でランチをする機会があった。
K氏は大阪の景気は絶好調で当分の間この波は続くだろうとの見解だった。
外国人観光客をターゲットとする民泊事業は、大阪特区の影響もあり、マンションを民泊仕様にすると賃料が劇的に上がるため、不動産市況も天井知らずの上昇とのこと。
都市開発も目白押しで、大阪万博の開催も決まり、太陽黒点説などはまるでたわごと。
それはまるで別の国のごとく、香港やシンガポールといった土地そのものが稀少価値になり、誰も売り手がいない状況になっているような印象を受けた。

さあ、果たしてどちらに転ぶのか。

みんなが浮ついた状況で、これが永遠に続くかのようの錯覚に陥った時、まさかと思うような時にズドンと天から知らせがくるように思う。