不動産市況

歴史は繰り返される。

96年、07年、そして19年と続く。
不動産市況のバブルが崩壊し、売りが売りを呼び下げが止まらず、倒産が急増して銀行がお手上げになる。

その前年には、活況に沸いていた市場に波の前兆が見えてくる。
やがて調整局面が訪れ、買い手より売り手が上回り、銀行の与信が厳しくなって、バブルが崩壊するというプロセスを30年周期でぐるぐる回っている。

最近では、建築コストが大幅に上昇していることもあって、ホテル用地を取得したがプロジェクトの採算が合わないと判断、更地のまま転売している状況も見られる。

新築マンションも在庫が溢れて販売に急ブレーキがかかっている。
4、5年前に新築された未入居マンションの販売チラシがポストに入ってくる。

不動産業者の在庫がリーマン前のピークを超え、完全に分岐点を超えた模様である。

東京オリンピックまでは大丈夫だろうとの見方が多く、直近5年間は不動産市場は活況を呈してきた。
しかし、多くの人が信じてきた市場が脆くも崩壊している。

シリコンバレーの某有名な経営者の言葉が蘇る。

「世間の多くの人はXを信じているが、本当の真実はXの逆である」

10年に一度訪れる不動産バブルの崩壊、誰も買わない、買えない心理が働いている市況こそが、それを意味
している。

そして、お金持ちは一等地が売りに出れば価格は気にしないで買うだろう。
評価経済の富裕層と実体経済の普通の人に分かれる。
すなわち、金持ちは価値で買うが普通の人は価格で買うのだ。

これから不動産の醍醐味を味わう事ができる、本当の買い場がやってくる。

蕎麦湯

住宅地の中にひっそりとあった。

「玉笑」ここで一度、蕎麦を食べてきた方がいいよ、鮨早川の弟が言っていた。
食通の常連さんから聞き評判がすこぶる良いらしい。

表参道から歩いて12分ほどにある店の前には、すでに多くの人が並んでいた。
時刻は午後6時になろうとしていた。
ラストオーダーが7時30分、閉店が8時なのでこのまま並んでいても食べれる保証はなかった。

7時が過ぎた時点でまだ3番目だったので、難しいと思ったが、神様に間に合うようお願いした。
しかし、時計は7時30を回ってしまった。
ラストオーダーが終了し、これまで待ったのが徒労に終わると思われた時だった。

待合室の引き戸を開ける音がして、店員さんがメニューを持ってきてくれた。
そこで予め注文をすると、ほどなくして店内へと案内された。

周りを見渡すと和の雰囲気がとてもしっくりきたが、テーブル席とカウンター席を合わせて16名の狭い空間だった。

残り20分で食べなくてはならなかったが、蕎麦焼酎の蕎麦湯割りが最初に出てきた。
つまみには、板わさ、味噌焼き、蕎麦がき、豆腐を注文した。

蕎麦湯割りを口にした瞬間、これまで味わったことのない、蕎麦の香りと旨味が心身に染みるような感覚に、幸せ感が充満していた。

本丸の蕎麦はもちろんのこと、蕎麦湯の質に圧倒的な違いがある。
何でこんなに蕎麦の香りと旨味が凝縮されているのかと思うほど、蕎麦湯のクオリティーは高かった。
蕎麦湯だけでも味わいに来る価値はあるだろう。

20分で蕎麦湯割りを3本、つまみと蕎麦のおかわりをせわしなくいただいたが、そんな短い時間でもこんな美味しい蕎麦湯をいただけて、本当に本当に良かったと思える素晴らしいお店だった。

神様に感謝する。

忘れ物

食事会のあと個人タクシーに乗車して自宅へ向かった。

酔っ払っていて、乗車した直後から記憶がなくなっていた。

帰宅するとスマホがない事に気付いた。

ハッと思い、帰りのタクシーの中に忘れたかと考えて電話をしたが、午前9時からの受け付けとの伝言が聞こえてきた。

朝の目覚めと共にスマホの事が気になっていた。
もしかしたら、店に置き忘れたのかも知れないと考えていた。

朝一番で個人タクシー協会に電話した。
受付の女性は忘れ物は最寄りの警察署に届ける事になっているので、近くの警察署に行って確認してくださいと言われた。
警察署のネットワークでパソコンからどこの署に忘れ物を保管しているか見れるようになっているようだ。

A署の落し物受付に行った。
すると、ちょっと暗めの女性が調べてくれた。
しばらく待ったあと、どこの署にも保管されてないと言われて愕然とした。

すると、あとは店しかないと思い、少し早かったが電話してみると繋がった。
あってくれと祈るような気持ちで聞いてみると、昨夜はスマホの忘れ物はないと言う。
いや、そんなはずは無いと思うので、もう一度調べて欲しいと訴えた。

ない。
何故だろうと思いを巡らせていた。

店かタクシーしか考えられないし、誰かに持っていかれたか、あるいはドライバーが持ち帰りまだ警察に届けていないかも知れないと思った。
しかし、協会に確認すると忘れ物はその日のうちに届けるよう指導していると言う。

もう探すのを諦めて、なるべく早く新たなスマホを調達する手段を考えると同時に、他の署に行ってもう一度、駄目もとで調べてもらおうと考えていた。

O署に行って受付を訪ねると明るい男性が調べてくれた。
まったく期待せずに待っていたが、何とS署にどうやら似たようなスマホがあるという。
早速、S署へ向かい確認するとあったのだ。
間違いなくスワロブスキーのカバースマホが目の前に現れた。

嬉しさと同時にA署の暗い女性署員に怒りを覚えた。

役所の場合、おしなべて個人的な力量が問われる場合が少なくない。
何のために仕事をしているのか、誰として社会に存在しているのか、このあたりの個人差が大きいようだ。

しかし、スマホが見つかった事で、その思いを上回る喜びが充満していた。

24

令和の幕開けとなったゴールデンウィークは、雨模様から一転して晴れ日和となった。

Amazonで本5冊を注文したのが16時ごろだったが、翌日の午前中には全てワンパッケージで届いた。
24時間以内にスマホからワンタッチで手元にあるという現実にAmazonの進化を感じていた。

近頃、書店の店じまいが加速度的に見受けられるのも当然だと言える。

また、Amazonプライムビデオで24というアメリカの映画を見た。
これもシーズンを重ねるごとに面白くなり、ハマってしまうとあっという間に半日くらいになる。

ここまでやってくれると、Amazonプライム会員の値上げも充分に納得出来る範囲である。

Amazonを通じて24という数字を意識していた。

初めて車を買った時のナンバーが24の数字だった。
誕生日も24日で、ラッキーナンバーは6であるから、2と4を足した数字になる。

そんな事を思いながらプライムビデオを鑑賞したり、本を読んでいるとあっという間に24時間が過ぎていく。
朝方、腹がへってどんぶりご飯が食べたくなったので、24時間営業している吉野家へ久しぶりに行った。

メニューも見ずに、並とお新香、味噌汁を注文した。
店内にはカレーの新商品のアナウンスが流れていたのでメニューを見るとバリエーションが昔よりはるかに多くなっていた。
多様性のあるメニュー構成にする事が時代に合ったスタンスのようである。

店員さんも若い外国人の方で、しっかりとオペレーション業務をこなしていた。
コンビニを含め24時間体制を整えるとなれば、無人化されていく流れは速いだろう。