交通違反の解釈

サイレンが鳴り響いた。
バックミラーを確認すると赤いランプを回した車が追ってきていた。覆面パトカーだった。

しまった、と思いながらもしばらく無視を決め込んだ。

高速道路の追い越し車線を走っていたが、トラックがマイペースで前を走行していた。
しばらくそのペースに合わせていたが、視界が悪いこともあって、第二走行車線へ、更に第一走行車線へと移動した後、第二走行車線から追越し車線に戻っていた。

パトカーの助手席から左側に移るよう、手招きしているのが見えた。
路肩に移行せよ、パトカーが前方へ移り誘導していた。免許証を出して、腹をくくる準備を整えた。

女性警察官が近づいてパトカーに乗るように言ってきた。
男性の警察官は危険を回避するために、非常灯の準備をしていた。

パトカーに乗ると女性警察官へ免許証を渡した。
しばらくして、男性警察官が乗り込んでくるなり、違反の経緯を説明し始めた。
そして、決め台詞を語気を強めて言い放った。
「追い越し車線からの追越しは違反ですから」

こちらは即座に淡々として返答した。
「それは微妙ですよね」

そちらの交通違反の解釈との違いを説明した。

追い越したと解釈する一方で、こちらとしては自然の成り行きでの結果に過ぎない行為で、最初から追い越す意図はなかった。

結果として再度追越し車線に戻ったが、それは成り行きであって、追い越したと断定するのは微妙だと伝えた。

すると、男性警察官は少し間を置いたかと思うと、驚くほどの判断力を見せた。

今回は警告処分とします。
以後、気をつけるように。

決断が早いと思った。
相当出来る警察官なのだろう。

感心すると同時にほっとひと安心した。
粘るわけでも、ゴネたわけでもない、淡々とした表情で交通違反の解釈の違いを言ったに過ぎない。

これで、前回と同様に違反切符を回避することが出来た。
タイミングと出会った警察官に心より感謝を申し上げたい。

筋肉痛

エレベーターのボタンを押して待っていた。
すると、後からやってきた人がボタンを押したけど、スイッチが入らないと言っている。
その時、ボタンの灯りが消えていることに気づいた。

せっかちな性分のため待てなかった。

明治安田生命さいたま新都心ビルのオフィスから仕事を終えて外出するところだった。

停止したエレベーターの復旧を待つことなく、34階からロビーまで階段を駆け下りた。

途中で火災警報のアナウンスが流れた。
本当に火災が起きているのか、誰か間違えてボタンを押してしまったのか、どちらにせよ早く降りようと思って早足で降りていった。

しかし、なかなか階数が思うように進まない感覚だった。
ようやく半分くらいになると疲労感が湧いてきた。
普段1時間くらい歩いているので、足には自信があったが階段を降りる運動は別物のようだ。

本当に火事だったら煙に注意しなければならないと、少し不安になりながらも、非常階段には人気がまったくなかったので、その線は薄いと感じながらひたすら階段を下りた。

10階あたりから人が目立ち始めたが、みんないたって冷静だった。
火事でない事が判明するが、後から聞くと10分ほどで復旧したようだ。

ロビーに到着した時には、足に疲労が残っていたが、まさか歩くのがこんなにも辛い筋肉痛になるとは、その時は思ってもなかった。

翌日から3日間は歩くのもしんどい筋肉痛だった。
こんなに痛いのは久しぶりだった。
太ももがパンパンに張っているのだ。
しゃがむのも一苦労で、階段を降りると激痛が走る始末。おまけにマッサージで押してもらうと、触るだけでギブアップ状態。

階段を降りる筋肉がこんなにも脆いとは。
地震や火災の時に備えてそこの筋肉は鍛えておくべきだろう。

人物

人の波長は共鳴するのだろう。

ビジネスを成功へと導き、その真っ只中にいる人物は磁石のように色々な人物を引き寄せている。

東京クラシックゴルフクラブのメンバーになって、本当に良かったと思っている。

メンバーの多くはビジネスで大成功している人物、プロスポーツ選手や著名人が集まっている。

実は東京クラシックのメンバーには、弟の鮨早川の常連客が何人もいるのに驚いている。

よくクラブハウスでばったり出会うシーンを見ている。
普通にオリンピック金メダリストが弟に気軽に話しかけている光景は鮨職人冥利に尽きるだろうと感じる。

弟からのリクエストで、東京クラシックでプレーをしたいお客様がいて、こちらにセッティングの依頼がしばしばある。

本日も2人のビジネスマンと出会う機会に恵まれた。
立ち居振る舞いや言動を観察していると、ある一定の法則がらあることに気づく。

それは、実に謙虚で誰に対してもその姿勢は変わらない。
立場の上下や年齢に関係なく実に丁寧に接している。
そんな人物は親しみやすく交流関係も広い。
今日もプレー中に知り合いとバッタリ出会うシーンが3回もあってこちらの方が驚いている。

これだけ共鳴すると顔の広さに感心してしまう。

休憩の時間にお互いのビジネスの話をしたが、見識が深く話題性も豊富なので興味を惹かれる。
おまけに、勢いがあり流れに乗っている感覚をありありと感じる。

帰りの車の中で弟に言った。
いっときの成功者と違い、誰に対しても謙虚で感謝している人物は、同じ波長の人物を引き寄せて共鳴している。
人物に出会えた事に感謝していると。

人物に近づけるように謙虚と感謝の精神を心がけていきたい。