銀行ゴルフコンペ

軽井沢72入山コースで銀行のゴルフコンペがあった。
何と165回目の開催だという。
年に3回あるので、50年を超える伝統あるイベントだった。

参加メンバーもそうそうたる面々だった。
東証1部上場企業のトップK氏や銀行の頭取N氏も参加した。
今年就任した頭取N氏は58歳でゴルフの腕前もなかなかのものだった。
金融業界も若いトップ人事で変化に対応する構えを示しているようだ。

同じ組みで回ったメンバーですごい御仁がいた。
79歳の製造業会長I氏は2日連チャンのプレーのようで、飛距離も出てパワーみなぎる元気ぶり。
健康の秘訣を尋ねると、毎日のストレッチにあるようで、ラジオ体操を含めて身体を伸ばすことが肝のようだ。
最近はボケ対策として日記をつけているようで、昨日の出来事を翌日の朝に書いている。
やはり、毎日の小さな積み重ねが大事なようだ。
それにしても79歳にして、実に魅力的な人物だった。

帰りの新幹線までK氏と一緒だったが、1000億企業のトップにして運転手もつけず、新幹線は自らみどりの窓口で切符を手配、おまけにグリーンではなく自由席という徹底ぶり。
こちらも、自由席を選択するというフリをしてしまった。
グリーンに乗るのでここで失礼しますと言わないまでも、自分を売ってしまった売春夫のようだった。

理由を尋ねると、我が社はそんな社風なんです、とさらりと言った。
70歳を超えているが、オーラがあり謙虚で親しみのある口調は人を惹きつける魅力に溢れていた。

今回のゴルフコンペを通じて学ぶところが多く、大変有意義な時間を過ごすことができた。

おまけに優勝のトロフィーと賞品をいただいた。