そこには何が見えないか?

魅了されていた。

臨場感溢れる映像に引き込まれるように、ドキドキ、ワクワクしながら無意識にに力を込めて見ていた。

鬼滅の刃(きめつめのやいば)こんなにも夢中になるアニメだとは思いもしなかった。

東京幻想、この作品集も素晴らしい本だった。

最近この2つを見て感じた。

「そこには何が見えないか?」

そこから入らずに到達しないのではなかろうか。

鬼滅の刃は天才的なシナリオで、日本が誇るアニメとしてはトップレイヤーに位置するのではないかと感じさせてくれる。
もはや、見えるものを描写するレベルになく、見えない何かをイマジネーションしている。

ワンピースのような次回どうなるのか、あるいは最終的な結末はどうなっているのか、そこへ踏み込もうとしても、常人ではけっして到達しないようになっているのだろう。

東京幻想もそれに類する作品だと感じる。
東京に何が起きたのか?
まさに、そこには何が見えないかを主体に構成されている素晴らしい作品だった。

芸術に限らず、ビジネスでも顧客の求めるものは絶えず変化し、決して顕在化しているものではない。
そこには何が見えないか、そこへ注意を払い独自のイマジネーションの世界をアウトプットしてみる。

最近、そこへアクセスしようと小説を書き始めた。
まったく違う世界へアプローチする事で、脱皮した後の自らの姿さえもイマジネーションしている。

ふわふわした感じが心地よい。