赤坂

マーケティングを兼ねて赤坂周辺をじっくりと散策していた。

赤坂は大きく3つのゾーンに分けられる。
一つ目は、銀座線溜池山王駅周辺のエリア、二つ目は、千代田線赤坂駅周辺エリア、三つ目は丸の内線赤坂見附駅周辺エリアとなる。

賃料の高さは三つ目のエリアが最も高く、一つ目のエリアが最も低くなる。
もちろん、個別要因による違いはあるが、おしなべてこのような順序になっている。

ここに来て、大きな変化が見られ始めている。
三つ目のエリアに俺のイタリアンで有名な店舗があるが、つい先日に店じまいをした。
ここは、賃料が坪75,000円で50坪ほどの広さなので、月の賃料が375万円にもなる。
おまけに、保証金が10ヶ月で3750万円なり。
もはや、この条件で新たな借りてが見つかるのか、まったくもってイメージがこない。

同じエリアで40年営業していた木曽路が店じまい、ここはもっと大箱なので、賃料を払える店があるのか、甚だ疑わしい限りである。

しかし、まだ空いて間もないため、大家が直ちに賃料を減額することはないだろう。
半年お客がつかなくなって、いよいよと言う感じがする。
従って、大箱と言われている店舗50坪以上の撤退が始まり出した第一波がこれから広がって、補助金の期限が切れるタイミングでそれ以下の店舗の撤退が顕著になる第二波がやってくるだろう。

そう読んでみると、赤坂ゾーンは来年になると相場感がガラッと変わり、大家も冬の時代を迎えることになる。

逆に出店する側はそのタイミングで、そろばんをはじくテナントが増えてくるだろう。

この現象は赤坂に限らず、銀座や都心一等地に見られている。

あげまん

親しい友人であげまんのC氏がいる。
彼女とは2人で食事に行ったり、ゴルフに行く仲の良い同じ歳の気の合う友人である。

明るく、ユーモアがあって配慮の行き届く素晴らしい女性で、ご主人と娘さんの3人で富ヶ谷に暮らしている。

C氏の実家は徳島の実業家で、彼女は何不自由なく育ったという。おまけに若い頃は、ブランドバックや衣装は買い放題で、これまで働いたことのないお嬢様育ちなのだ。

新婚当初には、天真爛漫な彼女に戸惑ってというご主人も、製薬会社の出席コースを上り詰めたという。
まさに、夫婦の互恵関係を見事に成している。
C氏のあげまんと言われる所以でもある。

自分ひとりの力だけではなく、パートナーがあげまんという要素は非常に大きな影響をもたらしていると感じている。

そこで、あげまんの要素を紐解いてみた。
いつも笑顔で明るく話し、ポジティブで自信があり、素直で聞き上手な人である。
見返りを求めることなく、周りにあげまんの友人が多くいる。
C氏を観察しているとこうなるのだ。

逆にさげまんはこうなるだろう。
しかめっ面のネガティブで、自信がなく、頑なで話を聞かない人であり、常に見返りを求め、周りにさげまんだらけの友人がいる。

内助の功とも言えるあげまん、パートナーや友人にはなくてはならない存在である。

ゆく人くる人

来年度まで残すところ2週間余りとなった。
4月1日になると新卒者が2名入社してくる。

くる人が2名の一方でゆく人が2名いる。
新卒で入社してちょうど5年になるKが3月31日をもってゆく人となった。
Kは一生懸命努力して着実に力をつけて成果を出した人物だった。
誠に惜しい人財だったが、父親の仕事を手伝うというタイミングになった。
上板橋駅から直ぐの居酒屋「鮮王」2年前に始めて大繁盛店になっている。
先日、ここでKを交えて父親と酒を飲んだ。
大手居酒屋チェーンの役員をしていた父親は、勝ちパターンのポイントを熟知していた。

現在、大山との2店舗体制だが、フランチャイズで他店舗展開を見込んでいる。
間違いなく伸びていくだろうと確信した。
このタイミングでKがゆく人になるのも納得した。
将来はプロジェクトベースで一緒に仕事をしましょうと言って別れた。

もう1人のゆく人は我が息子である次男だ。
5年満期の約束で2年前に入社したが、本人の意向が強いため任期前になるが承諾した。
そこにはどうしても解釈が入ってしまう。
しかし、晴れの日もあれば雨の日があるように、そこの解釈は自由であるべきだと自らに言い聞かせた。

この2人のゆく人の未来を祝いながら、4月1日にくる人2人を祝って迎える。
会社も28期目になりフレッシュな人材がイノベーションの芽を育てて欲しいと願っている。

お店巡り

友人M氏の自宅に招かれて食事をした。
祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩5分ほどのマンションに7人が集まった。

M氏とは渋谷で合流してお店巡りをした。
彼は70歳とは思えない容姿と力強さを兼ね備えた人物で、昨年2人目の子を授かった。
長男A君は4歳とは思えない頭の良さで、ポケモン500種の名前と特徴を把握している。

先ずは、A君御用達の代々木公園にあるアイスクリーム店に入った。何と今年の1月に8個ものアイスクリームを食べたと聞いて驚愕した。
しかし、ピスタチオのアイスクリームを一口食べた瞬間、これまでの既成概念が壊れてしまった。
おそらく、いや間違いなく、これまでの人生で食べたアイスクリームでダントツに1番美味しかった。
おまけに、ミルクキャラメル、アップルストロベリー、など6個も食べてしまった。

fun.ice!(ファンアイス)店内にラボを備えた、自然素材にこだわった本格的なジェラートが味わえる。

次に向かったのは、代々木上原のドーナツ店ハリッツであった。残念ながら定休日だった。
ここもA君御用達のドーナツ専門店で、大変評価の高い店でM氏も絶賛していた。

続いて向かったのは、喜多見駅徒歩1分のスーパー信濃屋だった。
ここは、バリエーション豊富な商品が店内にぎっしり詰まっていた。
特に珍しい商品は、つまみ系で醤油漬アーモンド、サバの燻製、玄米醤油揚げ煎餅などなど、もはや1時間があっという間に過ぎてしまうほど、ワクワクしながら様々な品を見て回っていた。

これほどのクオリティ高いスーパーがあったら、毎日でも来たいと感じてしまうほど楽しかった。
しこたま買い物をしてM宅に向かった。

私を除いて6人とも酒を飲まないので、つまみをたくさん買いつつも、サラダと主食のカレーを皆んなで楽しく味わった。

アイスをいっぱい食べ過ぎて、ビールを飲む気分でもなかった。