株式会社イコム 社長 早川徹
埼玉の社長   田舎暮らしを夢見る人のマルチハビテーションライフ

マスク

ここまで人がいなくなったか。
週末の表参道を歩いているとゴーストタウンのように静まりかえっている。

横断歩道ですれ違う女性がこちらを睨んでいた。
シールドにマスクをつけて完全防御をしていた。
こちらはマスクもしていないため、非常識極まりない人物だと思ったようだ。
冗談で咳をすると、鬼の形相になったので小走りに過ぎ去った。

個人的にはマスクはほとんど効果がないと思い込んでいる。
むしろ、マスクをする事で心理的なネガティブ波動を発しているようで躊躇がある。
従って、電車に乗っても飲んでいてもゴルフをしていても、普通にノーマスクで過ごしている。

代々木上原の「八」に到着した。
ダイニングカフェで料理に定評のある店である。
家庭的な手作り料理はバリエーション豊富で、お酒の種類も豊富なので、独身者が仕事帰りに立ち寄る店として馴染みの方々がたくさんいる。

ここの馴染みの方々はほとんどマスクをつけている。
飲んだり、食べたりするのにマスクを必要とする意味がわからないのだが、心理的にマスクをつけて話しをする方が安心するようだ。
マスクをしていないことを指摘されるわけではないが、何となく雰囲気でそれを感じるようになってきた。

さすがにマスクをつけないとならない場面はある。
コロナ対策融資で、日本政策金融公庫へ契約の調印をする日があった。
支店長も同席するとあって、席に着く直前にマスクをつけた。周りを見渡すと全員マスクをしていた。
ここでマスクをしないからと言って、融資を断ることはないだろうが、非常識な人物として印象を与えることにプラス要素は一つもなく、自分の思い込みを押し通すにも限度があるだろう。

世界的にマスクが不足しているなか、本当に思い込み違いしているのはどちらなのか。
一般常識からすれば言わずもがなである。

仮説

コロナ一色の日々が続いて世の中騒然としている。
マスコミが報道する内容は何もネガティブな情報ばかりである。

しかし、本当にそれが現実かと言うとそうではないと感じている。
つまり、過剰な反応により騒ぎすぎの様相を呈していると見ている。

逆行する見方であるが、当初とは潮目が変わってピークを過ぎているのではないだろうか。
日本の感染者数は増えているが、世界的に見ても死者数は圧倒的に少ない。

感染者数に対して死亡数の割合を見てみると、アメリカ5.2%で日本の2.1%の2.5倍、ヨーロッパ諸国は10%から17%で実に日本の7倍から9倍近くの数値になっている。
ロシアなどは0.8%でヨーロッパと比べると、何と21分の1になる。

マクロに見ると摩訶不思議な数値を示している。
ウィルスの種類や量が各国で異なっているのではないだろうか。
これは、何かの力が働いていると考えても不自然ではないだろう。

この仮説が正しいとすれば、中国からスタートしたウィルスがヨーロッパで炸裂するゴールを迎えている事になる。
今後もその図式は変わらないのではないだろうか。

つまり、日本の感染数が現在の10倍、10万人になったとしても死亡者数は2200人である。
もはや、この数値は2018年度にインフルエンザで死亡した3352人と比べても大幅に少ないのだ。

従って、現在の死亡者数割合から見れば、大騒ぎしている感染者数はただの風邪に過ぎない。

現状から急激に感染者数が増大して、10倍の10万人まで達しても、所詮はインフルエンザ程度という事になる。

仮に日本の感染者数が現在の100倍の100万人になった場合、死者数割合に変化がなければ2万1000人程度になる。あるいは、アメリカ並みの割合に上昇したとしても5万人である。
しかし、日本だけが100倍になるとは考えにくい。

仮説に基づくと、ヨーロッパ諸国EU圏の数値を注視して見ているとコロナの方向性が見えてくるに違いない。

また潮目が変わるかも知れないが、5月末くらいから現状のゴールであるEU圏から収まってくるのではないか。

愛娘

気がかりになっていたので娘に聞いてみた。

アルバイトが電車通勤をしていたので、休業するように伝えた。
すると、娘はさらりと言った。
コロナを理由に私だけ休むわけにはいかないから。
語気を強めて主張するも、今年20歳を迎える愛娘を感染させるわけにはいかないのだ。

アルバイト全員が同じ環境にある中で、会社に言いづらいと思っていた。

大丈夫だよ、パパが責任者に電話してあげるから安心しなね〜と言って連絡先を聞いた。
そして、休んだ分のお給料はパパがあげるからね、と伝えた。

彼女のバイトはトンカツの宅配係でバイクに乗って注文したものを届ける仕事をしている。
雨の中でもバイクに乗っているので、常々心配して早く辞めるように促していた。

1日働いても日払いの手取りで4000円、何でそんなに引かれるのか疑問に思って聞いてみたことがあった。
娘は社会に疎く、おまけにコミニケーション能力が高くないので、特に疑問に思っていても質問などせずに、やり過ごしているようだった。

店長のK氏に電話をすると、一瞬躊躇いながらも状況を把握したようだった。
K氏はオーナーでもあり話しをしているとしっかりした対応で、急な要請にもかかわらず理解してくれた。

こんな時期なので、デリバリーのニーズが高く大変繁盛していると言う。
タイミングをみて娘からも直接連絡させますからと言って電話を切った。

ほっとひと安心である。
父親として少しでしゃばり過ぎな面も否めないが、彼女がいくつになっても変わることはないかも知れない。

罰則

あっ、何で??

車を走らせていたら突然警察が現れて脇道へと誘導された。

速度違反になります!窓を開けると同時になぜスピード違反になるのか見当もつかなかった。
すると、30キロ規制の道路で47キロ出ていたので違反だと言ってきた。

笑止、こんな場所で取締りをやるとはコロナで頭がおかしくなったのかと言ってやった。
何があってもサインをしない、逮捕するならしてくれと言うと、何人かの警察官が集まってきた。
強い口調で言ってきた輩がいたので、逆に言い返してやった。

擦ったもんだの末、供述書を取ることになった。
45キロまでは罰則にならないので、2キロは誤差の範囲だからサインはやだ、そもそもこんな場所で取締りをやるのが気に入らない。

そんな内容を書いていると、何となく和やかな雰囲気になってきた。
こちらから色々質問をしてみると、罰則の仕組みが改めて理解できた。

まず、罰金と点数の管轄が違うこと。
罰金は検察庁で点数は警察本部に分かれている。
つまり、供述書は罰金の判定をするもので、検察庁が管轄となり、後日、出頭要請がくるか請求書が届くようだ。
従って、点数はサインをしない限り処分対象にはならないのだ。

こちらとしては、罰金も点数もとくに気にしないで済むのだが、担当した警察官と出会えたことで罰則の仕組みがわかってよかった。

動乱期

想定していたように新型コロナの影響により、ベーシックインカムに近い支援が欧米で広がっている。

昨日の安倍総理の会見を聞く限りでは、打つ手が一歩も二歩も遅く、王手飛車取りのような状況になっていると見ている。

本格的な動乱期に入ったようである。

コロナが一息ついても恐慌が長引くので、普通の人は終始狼狽するしかないだろう。

先の米シンクタンクのレポートによると最善のシナリオでコロナによる日本の死亡者数は12万7000人であるから、まだほんの入り口と言ったところだ。

しかし、マクロに見ると世の中は相対しているので、暗い領域と同じだけ明るい領域が存在していることになる。
従って、暗い領域を包含しつつ、明るい領域に身を置くことが出来るかを注視している。

自らの内側に注意を向けて、コロナや経済に対する不安や恐れ、心配などのネガティブな感情をいかに手放し、心地よく、しっくりする、楽しいといったポジティブなバイブレーションにより現実を起こすことが肝要だと強く感じている。
人はそれが可能なのだから、環境次第の自分から自分次第で現実を生み出す体験ができる唯一無二の存在である。

まさに、今それが試されているタイミングである。
平時より動乱期の方がよりダイナミズムに映し出されるからだ。

先日もスーパーで買い物をしていると、いつもと同じ時間にしてはレジに並ぶ人が多くて驚いた。
すると、都知事の会見でロックダウンの可能性に言及したことが要因だとわかった。
カゴを複数抱えながら買いだめする人が目について情けない感じを持った。

そこに無ければ別の拠点に移動して生活すれば良いだけで、普段から複数の場を行き来する生活をしている身としては買いだめとかの発想はない。

来月は長男のいる石垣島へバカンスである。

無料案内所

福岡空港からタクシーでホテルまで向かった。

運転手さんにコロナの影響を尋ねると売上は半分以下になっていると言う。
外国人が少ない上に、国内線も減便となり昨年の11月に来た時の溢れんばかりのタクシーの数もめっきり減っていた。

エアライン業界も大変なことになっているが、地方のタクシー業界も完全にお手上げになっている。

中洲あたりを歩いていると、驚くほど無料案内所が好立地にたくさんあるのに驚かされる。
ここまで好立地にたくさんあると笑ってしまう。
普通の店舗にした方が良いと思うのだが、それよりも収益性に優れるのだろう。

つまり、それだけたくさんの観光客がこの地を訪れていることになる。

以前はポン引きがうろちょろして、店に引き込んでいたが、規制が入ったところから無料案内所の発想が生み出されたわけだ。
しかし、コロナの影響で無料案内所もスカスカ、海外からの観光客をはじめ、国内からも入ってこないので、すっかり意気消沈していた。

一方で天神まで歩くと景色は違っていた。
地元の人たちで賑わいを見せている店も多く見かけられ、活発な動きを見せている頼もしさを感じた。

翌日に友人の展示会を訪れた際に聞いてみると、福岡の人は陽気でコロナを意識している感覚は少なく、食事や音楽やアートを楽しんでいると言う。
楽観的な風土と人情の街だと感じた。

世界中でコロナ一色の中、このような普通に日常を楽しんでいる和やかさは、これからは非常に大切なことだと感じた。

無料案内所も知恵の見せどころである。

嘘のような本当の話

ある情報筋からの話である。
それは、嘘のような本当の話しだと感じた。

今回の新型コロナウイルスの元凶はアメリカが仕掛けているという。
中国を叩くためにあえて沿岸部を避けて、ウイルスを内陸部に撒いたそうである。
さすがに、沿岸部に直撃すれば経済的なダメージが大き過ぎるため、あえて内陸部にジャブを放ったようだ。

台頭する中国封じ込めと合わせて、東京オリンピックを潰す狙いもあったようだ。
オリンピックでの経済効果をアメリカに渡さない日本への見せしめだと断言していた。

また、今は新しい別の細菌を撒いているようで、イランとイタリアの感染者が急増したのがそれのようで、陸続きでもある、トルコ、ハンガリー、オーストリアなどは感染者が圧倒的に少なく、特定の国を狙って撒いているのは明らか、イランは敵対国なのでわかるが、イタリアは意外だった。
政治的な側面が強いため、作為的にCIAが撒き散らしているようだ。

確かに、ロシアなどは音無の構えで、中国とは陸続きでありながらも感染者数は圧倒的に少ない。

また、ワシントンの高官は特効薬を所持していて、万一感染しても大丈夫なように備えているようだ。
アメリカの一般庶民は感染しているが、政治家にはまだ見られていない。

911同様、一般の人々が常に犠牲者になるわけだ。

現実は世間の同意で創られているものだから、その同意を創る仕掛けも同時に行われている。

あるシリコンバレーの著名な資本家の有名な言葉がある。
「多くの人はXを信じているが、本当の真実はXの逆である」

嘘のような本当の話しとは、この言葉に集約されるだろう。

ベーシックインカム

昨日、コロナの感染について米シンクタンクのレポートが公表された。

そのシナリオでは、新コロナウイルスで死亡する日本人が57万人だと言う。
最善のシナリオでも12万7000人で、世界では最悪6800万人が死亡するそうだ。

個人的にも正しい分析だと思う。
日本は実際の現場が検査機能が働いていないので、これからは増加の一途を辿るようになるのは明らか、それにより生活恐慌、経済恐慌、金融恐慌のトリプル恐慌になるだろう。

これは、世の中が変わるきっかけになる出来事で、マクロに見ると必然だと認識している。
これまでの平穏な生活から一変して、人々の意識が変わる機会になると感じている。

AIの進化と共に想定されていた、ベーシックインカムの導入は、今回のコロナ騒動でいみじくもそのタイミングになると見ている。

普通の人はお手上げになって、失業者の増加に伴い今年から議論が始まり、来年にかけて実現しているのではないだろうか。

ベーシックインカムの導入により、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給される。

これにより、ライフスタイルも働き方も劇的に変化しているだろう。
より自由度が高まり、分離しているようでそれぞれが繋がっている関係になるのではないか。

まさに、歴史的な大転換期を迎えているようだ。
来年の今頃にはまったく違う景色になっているかも知れない。
この難局を乗り切り、数百年に一度のビッグチャンスをものにしたい。

まさか

創業して今年で27期目を迎える。
これまでの年月で1番の危機を感じたのが、創業2年から3年くらいの期間だったと思う。

95年の阪神淡路大震災、97年のアジア通貨危機、07年のリーマンショック、翌年のサブプライム危機、11年の東日本大震災など様々な場面で危機が起きた。

しかし、これから起ころうとしている危機は、これまでとは比較にならないほど未曾有の不景気に見舞われるだろう。
29年から始まった世界大恐慌の再来になると見ている。

ジワジワ浸透していた不景気にコロナ感染が拍車をかけて、全体を支えていたものが一気に崩れていくだろう。
8月には世の中が様変わりして、まさか、ここまでになるとは… 多くの人々がため息をついている様子が浮かぶ。

週末に銀座から表参道、青山、六本木を昼から夜にかけて街を歩いたが、人がまばらでこんなにも人がいないのかと驚いた。
特に強気相場だった五つ星ホテルは昨年より半額になっている。

これが8月まで続くとそのしわ寄せが更に1年くらい広がっていくだろう。
ここで、まさか、といった心理になる。
普通の人や会社は生き残ること難しく、いったんご破算に願いましては、となるしかない。

個人的には、数年ぶりに株を買い進める準備に入った。
これからは、下げ基調をベースに戻ったり、下がったりで1年から2年くらいにかけて弱気相場が定着していくものと考えている。
日経平均株価が現在2万1000円ほどだか、6000円くらいまで下げるだろう。

大底では買えないが、不動産も売りが売りを読んで、半値8がけ2割引になる物件も出てくるだろう。

まさか、の時代は同時に大チャンスでもある。

世界一のパワースポット

久しぶりに福島に入った。

時あたかも東日本大震災311による津波の被害に見舞われた場所は、今もその情景に変化はなかった。

9年ぶりに訪れた土地は、国道沿いに未だ船が乗り上げた状態で、避難指定区域が解除されたのも2年ほど前である。

変わったのは、使えなくなった農地が太陽光発電になっていたのと、除染作業で土を溜めておく場所があちこちで見かけたのが印象的だった。
荒廃した土地は当時からまったく進展していなかった。

友人Kの誘いで世界一のパワースポットがこの福島の南相馬にある寺だと言うのでやってきた。

「円明院」世界的に有名なパワースポットであるセドナより高いエネルギーだと言う。
実際に海外から調査が入って数値を出したらしい。

海岸から1キロもない距離にあるが、311の当時は津波が寸止めで回避されたと聞いて驚いた。

確かに実際に現地を訪れてみて、そのエネルギーを肌で感じた。
ロープに鈴が結ばれているのだが、風もまったくないのにロープが揺れ始めたかと思ったら鈴が鳴り出した。
歓喜のあまり気づいたらKとハグをしていた。

また、最も高いエネルギーの場所と言われる「奥の院」へ行くと、それまで曇っていた空が徐々に明るくなったかと思ったら、太陽が出始めて手に金粉が出る有り様、おまけに太陽を写真で撮ると不思議な光が縦に広がっていた。
朝から雨で天候はずっと曇りだったのが、奥の院についてしばらくしての出来事には驚愕するしかなかった。

この荒れ果てた地に世界一のパワースポットがあるのは、世界に名だたる福島ならではの意義深さを感じている。