株式会社イコム 社長 早川徹
埼玉の社長   田舎暮らしを夢見る人のマルチハビテーションライフ

素材

うーん、思わず唸ってしまった。
この素材は地元でも滅多に口にすることはないだろう。

友人Fの家族に招かれて松戸にある小柳亭に訪れた。
千代田線で松戸駅へ向かった。
駅でファミリーが迎えてくれた。

5分ほど歩くとビルの2階にある。
看板からは冴えない居酒屋のオーラを放っていた。
一瞬、ここに行くのかと思ったほどの雰囲気だったが、程なくしてそのギャップを衝撃的な素材が証明してくれた。

それは、貝だった。
海鮮焼きとして七輪で焼く素材は、ホタテ、ハマグリ、サザエ、カキ、アワビ、などがある。
これの素材がとんでもなく凄いのに驚いた。
特にホタテ、ハマグリは本丸を超えるのではないかと思わせた。

ホタテは大きくて甘みがあり、焼いたあとにハサミで切らないと口に収まらないのだ。
ハマグリは、焼き加減を間違わなければ、柔らかな食感と貝の風味を堪能できる。
これらの感覚はちょっとないだろう。

北海道のホタテ、九十九里のハマグリ、これらの地元でもこれほどの素材はないと思う。
しかも、コスパ抜群の良さがある。
もはや、コスパを考慮すれば本丸をはるかに凌ぐ感動がある。
こんな素材がこの松戸にあるなんて、まったく理解出来なかった。

Fに聞いてみると、仕入れルートが特別にあるようで、普通は赤坂の料亭や銀座の割烹料理で出される素材のようだ。
つまり、○が一個違う世界である。

昨年の暮れにもFファミリーに赤坂の居酒屋に招かれた。
まるしげ夢葉家、ここもビルの2階にあって、惣菜のバリエーションが豊富で、普通の居酒屋にはない素材が味わえたりする。
ここもコスパ抜群の店だった。
あの後、3度ほど行かせてもらったが、連日満席の大賑わいに圧倒されていた。

Fファミリーは本当に気の置けない存在である。
人情味あふれる、温かい心でもてなしてくれる。
一緒にいてとても幸せな気持ちにさせてくれる。

気の置けないと言うと、逆の意味に捉えがちだが、気が許さない、油断出来ないとは反対の意味だと、念のため確認する。

人間力

雪景色の早朝は静まり返っていた。
車の行き来がなく、人の気配もないこんな街の風景をかつて見たことがなかった。

六本木ICOMコインパーキングに着くと一台だけ駐車してあったが、あとはスッポリ雪で覆われていた。
このままだと駐車場として機能しないと思い、自宅に戻り除雪の準備をした。

再び現地に来てから除雪作業に入った。
1時間くらいで終わるかと思っていた。

すると、6時半過ぎくらいからお客様が入庫してきた。
急ぎ、駐車場スペースを確保しようと作業を進めるが、捗らない状況にお客様が車を降りて除雪を手伝ってくれた。

建築現場が近くにあるのだろう。
職人風の男性は道具の揃いがよく、車内からスコップを取り出し、駐車する場所の除雪を始めた。

驚いたと同時に感謝の念と恐縮する気持ちが交錯していた。

すると、また一台入庫してきたが、作業が追いつかない。
黙々とやれど一向に進まない状況に呆然と立ち尽くし、あっと言う間に1時間を超え、このペースだと6時間ほどの覚悟していた。

とにかく、お客様に迷惑をかけられないので、作業の優先順位を考えた。
入り口付近を完璧にやってから、各車位置のタイヤの動線を除雪して入れるようにした。

それでも、スリップして立往生する車があったので、タイヤ付近の雪をかき分けていた時、先ほどの職人さんが近づいてきた。
タイヤのスリップ止めを持ってきて、後ろから押してくれたのだった。

何て素晴らしい人なんだろと、人間力が高いというか、温かい心の持ち主にただ感謝の言葉しか見つからなかった。

朝早くから現場の作業準備もあるだろう。
むしろ、現場の除雪を優先する事を考えたら、時間を惜しまないはずはない。
しかし、目の前の困った人を見過ごすことなく、他人を優先する気持ちの人間性に大切な気づきを与えてくれた。

逆の立場だったらどうだろうか考えてみた。
他社駐車場でお客の立場だったら、駐車するのに除雪をするだろうか。
いや、しないだろう。
そのまま車を入れて、スリップして立往生している車を横目に見ながら、時間を気にして急ぎ目的地へ向かうだろう。

こう考えてみると、人間力の差に何とも言えない寂しさを感じると同時に、人として尊敬される人物とは、社会的地位にまったく関連性はなく、政治家や医者、弁護士、実業家などの人が決めた「名」は人と完全に分離しているものだ。

人類があの職人さんのような人の集団だったら、争いもない素晴らしい地球人として、宇宙から承認されるだろう。

表敬訪問

赤坂プリンスホテルがザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町として生まれ変わっていた。
ビルの上層部にはホテル、レストランがあり、中層部はオフィスになっていた。
そのオフィスフロアの殆んどを占めるヤフーを訪問した。

赤坂T-timeをご利用いただき、その目的や要望を直接会って聞きたい思いがあった。
担当者と2人で表敬訪問をした。

18階の受付には多勢の人が集まっていた。
何かのイベントがあるかのような活気溢れる感じに驚いた。
外部の方々がヤフーを訪ねて、打ち合わせをするために集まる人々がこれほどいるとは、その影響力に企業の本質を見るかのようだった。

おまけに、17階のフロアはオープンコラボレーションスペースがあり、個人のコワーキングスペースとして、スタートアップのミーティング、企業のプレゼンスペースとして利用出来るのだ。
しかも無料で。
ヤフーとの取引関係が一切無く、学生から主婦でも受け入れている。
都心部に約400坪の最先端オフィス空間を全て無料開放している。
このスケールと度量に驚愕するしかなかった。

こんな贅沢な空間があるのに、なぜ故T-timeを利用する必要性があるのか、甚だ疑問に思うのは当然だろう。
担当者S氏と面談が始まると直ぐに聞いてみた。

「会社の方針として、社外に出て新鮮な空間で社員が集まってブレストする事が奨励されているんです」
S氏はさらりと言った。

さすがはクリエイティブ集団、こんなにも素敵なオフィスと言えども、慣れてしまう、当たり前の空間になってしまえば、発想も固まってしまうのだろう。

しかし、あえてT-timeを利用する理由がどこにあるのか。
S氏は知恵袋の事業部だったが、他の複数の事業部にも社内口コミで利用いただいている。

それは、以下の順に顧客の要望を満たしていることがわかった。
オシャレ、会議室のような硬さがない、面積と価格が手頃、利便性、カフェの様な雰囲気でもない空間などであった。

T-timeは、新しい発想を育む場所として選んでもらっていた。

その他、選挙向けの取材会社や写真や動画撮影会社の顧客を表敬訪問したが、何も同じ要望を満たしていることがわかった。

まさに、都心部のオシャレな空間として、自然素材を用いた木材が広がる、赤坂T-timeは他にない価値を見出している。

もっと、探求してみようと思う。

実弟

中目黒の自宅に迎えにいきゴルフ場へと向かった。
9つ下の実弟とは年に3、4回ゴルフを共にする。

鮨 早川を恵比寿で始めて5年ほどになる。
休みが日曜日のため、土曜日の深夜に店を閉めてから自宅に帰ると、ゴルフの日は3時間位の睡眠時間になる。

ゴルフ場へ向かう車中では様々な会話を楽しんでいる。
特に、鮨 早川の馴染み客の話題になると大変興味深くなる。

著名人、外国人、富裕層の顧客を持つため、実に様々なお客さんがいらっしゃるようだ。
業界では、ある程度のポジションを確立したと言えるだろう。
口コミやカード会社の推薦店になっているようで、完全予約制になっているが連日予約で埋まっているそうだ。

お客様の中にはお勘定をまったく気にしない人たちも少なくないようだ。
ある人物はアメックスカードのブラックを家族で持ち、奥さんの請求分が月に1000万円を超えるそうだ。
おまけに、カウンターにいる別のお客さんにワインを振る舞ったりするそうで、そこに嫌味を感じさせないようである。

何の仕事をやっているのか弟に質問すると、精子を冷凍する技術をもち、世界中にクライアントを持っているそうだ。
やはり、総取り出来るポジションを確立した方はお金の使い方が違うようだ。
それは、バブル期の地上げ屋のような成金の匂いを感じさせない。

弟はこのお客様から、4月の桜の時期に京都の有名店に御招待を受けているようで、ランチからディナー、お茶屋さんで芸妓No.1を呼んで遊ぶプランのようで、宿泊まで夫婦で至れり尽くせりの接待である。
何も彼に接待する必要など微塵もないが、そればかりか赤坂の某料理屋、青山の某レストランなど、業界の有名どころをご夫婦でご招待しているのだ。
もはや、桁外れの大盤振る舞いに呆れるしかない。

プロ野球選手も来るようだが、ちょっと次元が違うようである。

そのようなぶっ飛んでいるお客は数名いるようで、その世界は業界の腕利き職人を連れて、超一流と言われている店に同伴したいようだ。

それも、鮨 早川がポジションを取ったからである。
彼も人知れず努力を重ねているようで、某大学教授と組み熟成する際の旨味成分と、時間を数値化する実験に取り組んでいるようだ。

食の旨味を極める姿勢には頭が下がる思いである。

元旦のお滝行

それは、凍ったしめ縄で身体を叩かれ続けているような感覚ですわ。
あるご婦人がさらりと言った。

かつて、冷水シャワーを毎朝浴びて10年ほど過ごし、おかげでめったに風邪をひいた事がなかった。
しかし、元旦の朝7時からのお滝はそのレベルを遥かに超えるものだった。

ぶっちゃけ、前日まではご婦人の言葉が強烈な印象となって緊張していたのだ。
何故にこんな憂鬱な想いをしてまで、冬のお滝に入ろうとしているのか、刻一刻と迫るその瞬間まで問答をしているかのようだった。

本質は修行好きなのかも知れない。
自己を高める為の修練が好きなのだろう。

大晦日に現地入りした際には意外にもそんな想いは無かった。
完全に吹っ切れていて、腹が固まったようで通常の精神状態だった。

北九州の山の中にあるお滝に着いた。
介添えの人が順番に導いてくれる。
般若心経を唱えながらお滝に打たれる。
待っている間も足が冷たい水に浸したままだ。
うぅ、ぐっとくる、そして本番を迎えた。

何と声が出ない、あまりの衝撃に声が出ないではないか、、
深く入りすぎていると、介添えの人が少し前に導いてくれた。
ようやく声が出るも、早く時間が過ぎてくれないかとひたすら我慢の失態ぶり。
終わったあとは、まっすぐ歩けずにヨロヨロ状態。
しかし、直ぐにすっきりして身体がホクホク暖かくなってきた。

何とも言えない爽快感。
全てのマイナスエネルギーが洗い流され、新たなエネルギーが注入されたかのような感覚に苦しさが嘘のようであった。

ご婦人にお滝の感想を申し上げたところ、「あら、何てもったいない、早く時間が過ぎてくれと思うことは、今にいない証拠ですわ。
せっかく来たのに今この瞬間を体感しなくちゃ。
わたくしはしっかりと今にいましてよ」

ご婦人はさらりと言った。

ごもっともである。
あまりにも冷たく苦しい境地に心がそこにいなかったのだ。

今この瞬間を味わうことなく終わったお滝行、次回はこれをテーマにしっかり望みたい。

東京までご婦人とご一緒したが、やはり只者ではなかった。
何と、あのマイケルジャクソンが自宅に遊びに来て、家族でディズニーランドを貸し切った事があるそうで、世界のトップに通じたご婦人だった。

来月のお滝は冷たさがピークを迎えプロでも声が出ないようである。
しかし、介添人の方はひたすら水を浴びたまま、常人ではない凄みに驚愕していたが、さすがに終わった時は足の感覚がまったくないらしく靴を履くことが出来ない姿が印象的だった。

ご容赦

目を覚ますと、前日の忘年会で飲みすぎたのは明らか、完全に二日酔い状態で顔も少々赤くなっていた。
最近は考慮してウイスキーか焼酎のどちらかにしている。
飲む相手が強いとついペースメーカになりがちで、こちらもそのペーストで飲んでしまう。

朝一で天然村へ向かうため車を走らせた。
自宅を出るとすぐに交機の姿が目に止まった。
一瞬、動揺するが大使館の関係だろうと考えた。
まさか、朝の8時前に酒気帯びの検問があるとは、10年近く住んでいて初めてのことだった。
さすがは眠らない街、六本木ならではの光景かもしれない。

飯倉の高速入口付近で検問をやっていた。
万事休す、センサーを差し出された時には覚悟を決めていた。
息を少しづつ吐きながら思った。
今日の予定はどうなるか、このまま車を運転出来るのか、いやそれは無理に違いない、そうすると高速バスで行くことになる、東京駅まで向かいそれから現地に着くと予定の時間より…

はい、どうぞ〜、交機の声を一瞬疑ったがパスをしていた。
そんなことがあるのか、顔は明らかに赤みがかって二日酔いは疑う余地なし、まさかセンサーが反応しないはずはないだろう。
直後は、まさにカオスの状態、本来嬉しくてたまらない気持ちになるも、突然恩赦が決まった囚人のような気持ちかも知れない。

しかし、時間と共に徐々に嬉しさが込み上げてきた。
ラッキー、まさに幸運としか言いようのない運の良さに、改めて二日酔いの運転をしてはならないと自らに戒めていた。

警察に交通違反で捕まった時に、御勘弁ください!お見逃しください!
これらでご容赦になることは絶対にないだろう。

最近では、持ち点があと1点の時に五反田駅近くの右折禁止とは知らずに曲がって止められたことがあった。
その時も万事休す、当分運転出来ない覚悟を決めたときだった。
何度となくやり取りをした後、何とご容赦だった。
おかげで数ヶ月後には15点に返り咲いた。

それと同時にある出来事が走馬灯のように蘇る。
若い時分、飲んだ後に友人を乗せて車を運転するもバイクを跳ねてしまい救急車、警官と現場検証していると当然飲酒運転だとわかり、覚悟を決めてお縄を頂戴すると思いきや、これまたご容赦に信じられない思い出があった。

これらにはどんな作用が働いているのだろうか。
ただの偶然か、いやそんなことはないだろう。
何か見えない世界、三次元では到底理解出来ない、とんでもない高次元の世界が広がる宇宙には存在するのかも知れない。

可能性から発想する

真っ白なキャンパスに未来の絵を自由に描く。
そこには、可能性から発想する様々な出来事があるだろう。
それはまるで、小学生の時にタイムカプセルへ入れた自己像や、将来の夢を自由に表現する機会だったりする。

ところが、大人になると様々な体験を経ていることもあり、概ね可能性から発想するよりも困難から発想する事が自動的に、無意識のうちにそうなっているようだ。

従って、キャンパスに夢を自由に描くことは容易に出来る。
しかし、それが大きければ大きいほど、試練がやってきて本気度が試されたりするような困難な出来事がやってきたりする。

最近は特にそれを強く感じている。

イコムでは、3つのヴィジョンがある。
家賃収入で年間100億円
月のうち20日休み10日働く
天然村を通じて全国の地方から日本を活性化する

今から2年ほど前から、これらを実現するために「やっているふり」を止めて、本当にやるべきことに身を入れて成果を出す事にトライしてきた。
自由度を高め、与えられる仕事から自ら仕事を創り出すような、多様性に富んだ個人やチームを育む文化にトライしていた。

例えるならば、一番右側にあった針を反対側の左側の一番端にシフトしたように極端な施策を打ったのに等しい。

約2年程のトライアルから様々な検証を得ることが出来た。

ある要素を満たさない限り、自由度を高めることが成果に結びつくことはない。
つまり、自由には責任が伴うということである。

組織の中で、自由度を高めて成果を出せる人は、ある程度の社会経験を経た人物の中で20%もいないのではなかろうか。
稀に新人でも成果を出す人物を見かけるが、行動の量を増やす事でそれを補っているようだ。

来年からは左に振れた針をもう一度右にシフトする。
しかも、最初は全力で右に傾けないとならないだろう。
最終的には真ん中で調和のとれたポジションで成果を出すのがベストだと思っている。

右から左、そしてさらに右へと変化する最中には、多くの出来事があるだろう。
それを真っ白なキャンパスに描いた絵からまったくブレずに、可能性から発想するのか、困難から発想して道半ばで諦めるのか、そこには強く、正しく、明るく、逞しい粘り強さから、次の景色を見ることになるだろう。

忘年会

最近になって飲んだ後に落し物をしたり、忘れ物をする傾向が続いている。
先日もカードを店におき忘れた。
また、2日間続いた忘年会でも上着を忘れ、翌日にはマフラーを忘れる始末。
いずれも飲み過ぎたのが原因しているとはいえ、かつてこれほどまでのお粗末はなかったであろう。

会社の忘年会は三次会まで続き、最後は焼肉屋で朝を迎えるという飲みっぷりに、ラストまで付き合うこと叶わず、3時半に帰宅するも忘れ物に気づいて6時に起床した。

娘に電話をすると、何とまだ居酒屋で飲んでいるという。
焼肉屋のあと、残った4人で居酒屋に移り飲み続けているのだ。
みんな20代前半の飲み盛りとはいえ、娘の酒豪ぶりには驚くばかり、一緒にいた社員Kに忘れた上着を会社に持ってきてもらった。

その後、娘とLINEのやり取りが11時ごろまで続き、それまで居酒屋で飲み明かす娘は、イコム酒豪番付表で幕下から一気に三役に手をかけたかも知れない。
いや、東の横綱Tと西の横綱Oが産休に入ると同時に30代になった事を考えると、その座に彼女がつくのは自明の理だろう。

翌日はネクサミを通じて縁のあった葬儀会社アーバンフューネスさんの大忘年会に参加した。
ご招待ということで、一切の見返りを求めない大盤振る舞いにトップの器量を垣間見た。
新木場の倉庫を貸切り130名をもてなす大イベントだった。
初参加となるが、毎年恒例で常連の方に聞くと終わる頃には記憶がなくなるそうである。

社員が芸人顔負けの余興で盛り上げ、参加者は一気飲みから二気飲みで、会場はどんちゃん騒ぎ、それはまるで部活の合宿ノリそのもの、葬儀会社とは思えない社風に業界に風穴を開ける可能性を感じた。

参加者は葬儀関係者が中心で、中にはお坊さんの姿もちらほら、誰も彼もが目がいっちゃっている。
やはり、最後にはすっかり記憶が飛んでいて、二日間に渡る3日酔いに、ただただ胃を労わるしかなかった。

ネクサミ

壇上のメンバーのプレゼンに思わず涙してしまった。
熱い熱い想いで成果を発表する姿は美しく、会場全てが感動の渦に飲み込まれていた。

ネクストワールド・サミット、通称ネクサミの本大会が日本橋公会堂で行われた。
異業種の企業が集結し、約7ヶ月間自社のプレゼンを通じて互いに学び合うプログラムを経て、最後に壇上に上がるチーム5組が最優秀賞を争うプレゼンの場であった。

イコムは初参加となり、壇上にはノミネートされることはなかったが、7ヶ月間を通じて様々な学びがあった。
しかし、本大会での体験はそれをはるかに超える体感した学びがあった。

義理、人情、おせっかい、今どき珍しいワードだが、根底にあるコンテクストは当日に確信へと変わった。

相互扶助がネクサミのミッションである。
自分たちには見えない要素を仲間の視点から助言や質問することで、チームの発展を促している。
そこには単にロジカルな議論だけではない、真摯な姿勢で学び熱い想いを持った集団がシナジー効果をもたらす。

どのチームも高い高い目標を真剣に考え、行動して内省するサイクルを繰り返していた。
社長が悩み苦しみ、チームのみんなが試行錯誤を繰り返し、最後の最後まで諦めない姿勢でやってきた。

壇上チームの中には社員1000人の会社、社員2人の会社があった。
共通点はただ一つ、顧客に対して真剣に向き合い、どんなお役に立てるかをゼロベースから創作している点である。

残念ながら、我が社ではそこを最後まで見出す事が出来なかったようだ。
それと同時にトップの取り組む熱い想いが足りなかったとも言える。

会社組織としての理想はボトムアップで、社員が自主的に考え行動して成果を出す事だと思い込んでいたふしがあった。
しかし、それは明らかに違っていた。

顧客にとって、やらなければならないこと、為さねばならないことをやり続けることにあり、やりたいことを満たすものではない。
つまり、やるべき事をやり、為さねばならないことを懸命に行うことである。

そこへ傾ける熱量が圧倒的に壇上チームは優っていた。
本当に苦しんだ末に掴んだチーム全員の顔を見ると、喜びに溢れキラキラと輝いていた。

最後の懇親会では皆なくしゃくしゃになって盛り上がった。

来年のネクサミは相互扶助を念頭に、課題に真摯に向き合ってチャレンジしていきたい。

姉妹

09でいいよ。

長女が放った言葉の意味が理解出来なかった。
到着してようやく109だとわかった。
渋谷に長女と次女の3人で洋服を買いにきた。

買い物の様子を伺っていると、2人の両極端さが如実に現れていた。
長女はあっという間に買っている。おまけに試着もなし。
一方で次女はとにかく決まらない、時間をじっくりかけて何度となく試着を繰り返す。

本当に真逆な性格の姉妹である。
長女は画が強く肉食、次女は控えめなお姫様、動き回るように素早く行動するのに対して、ゆっくりと時間をかけて準備をする。

どちらが良いとか悪いとかは別にして、どんな未来像がイメージ出来るだろう。
買い物の後に食事をした。

リクエストのあった焼き肉店でオーダーをした。
一通りの焼肉をオーダーした後、生ビールと同時にご飯の大盛りを注文する長女、一方で、酒が飲めない次女は同じくご飯の大盛りを店員へ告げていた。
2人ともダイエットをしているらしいが、どうやら今日は我慢が出来ないらしい。

店員さんがご飯を持ってくると、それはまさにメガ級、こんなにてんこ盛りになっているご飯を久しぶりに見た。
さすがに残すだろうと思っていたら、2人ともペロリと完食してしまった。

長女は生ビールをおかわりしながらもお米をたらふく食べるという荒技に驚愕していた。
しかも、食べるスピードも早く酒も強いときている。
次女は本当にゆっくりと食べていて、2時間くらいは酒も飲まずにゆっくり食べている。

そんな真逆な2人でも実に仲が良いのだ。
妹が可愛くて仕方がないらしい。
父としてもまったく同感である。
そこにいるだけで癒される感覚があるのだ。
いくつになっても変わらないのが不思議だ。

長女は男の子みたいな感覚でいる。
まさに言動そのものがそれを現している。
キャバクラに行きたいと言うので連れて行くも、女の子を場内指名して仕切る始末。
おまけにモエシャンを2本も空けて常連かのように振舞っていた。
この子は本当に不思議な子だなと横に座りながらしみじみと思った。

一回り以上の年上でないとうまくいかないだろう。
このパワーを受け止めてくれるのはなかなか難易度が高い。
離婚の確率も圧倒的に高いだろう。

一方で、次女は本当にいいお嫁さんになるだろう。
結婚をしたら家庭的な気の利く奥さんタイプである。

男といるように楽しめるタイプ、そばにいるだけで癒されるタイプ、皆さんはどちらがお好みだろうか。