• 杉山 由里子

私の仕事は、航海士。

社員インタビュー
Interview

入社年 2015年4月

杉山 由里子

Yuriko Sugiyama

杉山 由里子

「あっ、もしかして
不動産業界って
面白いのかも」

- どんな会社に入りたいと思っていましたか?

そもそも不動産という職種に興味を持ったきっかけは、部屋の間取りを見るのが好きだったことでした。

意味もなく、部屋の間取りを見てあれこれ想像するのが、楽しかったんですね。

その時、ハッと自分の中で、「あっ、もしかして不動産業界って面白いのかも」と思い、それから業種は絞り込むようになりました。

それともう一つは、中小企業が良かった、っていうのがあって……。

杉山 由里子

「大手企業のイメージっていうのが
何か窮屈という感じ」

- いわゆるベンチャーという?

そうですね。ベンチャー……。そうです。

学生なりの感覚なので、どうかと思われるかもしれないですが、大手企業のイメージっていうのが何か窮屈という感じがあったのだと思います。

やりたいかどうか分からない部署に配属され、研修期間も長く、決められた通りに昇格する……のような決められた一定の道を行くような……そんなイメージですね。

杉山 由里子

「単純に知らない土地に行くのが嫌で
埼玉に就職したかった」

私の時代の採用はたしか、リクナビだったかな?

埼玉の不動産業という会社検索で、イコムが出てきて、まずは話を聞いてみようと思い、会社説明会に行きました。

それと、私は埼玉に就職したかったっていうのがあって。
単純に知らない土地に行くのが嫌で、そういうところは内向きというか、意気地なしというか。

なので、面接では埼玉愛があるのでって、うまいこと言って切り抜けてきましたけど(笑)

杉山 由里子

「自身のオリジナリティー
みたいなものを
大事にしています。」

ですが、会社の説明会に行って、ここにしようと決めました。

先程の話の通り、これだけの話でいうと働く条件などで選んだみたいに思われるかもしれませんが、最終的にはイコムの魅力に気付きそれで決めようと思えたんです。

私自身、ほんとあまのじゃくというか、ちょっと変わってるというか、普通じゃないというものに凄く惹かれてしまうところがあるんですね。

人とは違うというか、そういう自身のオリジナリティーみたいなものを大事にしています。

イコムの魅力はまず、そういう意味で他とは違うということでしたね。

ビジネスモデルも、社会へのアプローチもなにかオリジナルことを考え実行していく、そういう楽しみを見つけられるような気がしました。

それと、最大の魅力は社員のフレンドリーさが垣間見れて、そういう風通しのいい感じがいいなって。

杉山 由里子

「本当はブラックなんじゃないか?
って。(笑)」 

- 実際に中入ってみて、上下関係なんかで苦労はなかったのですか?

それはもう全然。だから疑ったんですよ。
ここ本当はブラックなんじゃないか?って。(笑)
本当にフレンドリーだったんだよっていうのが、今、自分で証明できてますって感じです。私は面接のときにそれは解消できました。
もし、不安の人がいたら率直に質問してもらいなと、思っています。

杉山 由里子

「私の仕事はスタッフの皆に道を示すこと。」

- 今どんな仕事されてますか?

はい。これはちゃんとお話ししなければいけないところですね。
私は今、常務取締役 代理という役割をしています。
一言で言えば、航海士。

会社を船に例え、私たちが向かう未来が大海の海だとするならば、私の仕事はスタッフの皆に道を示すこと。
右だ、左だって。

そういう大事な役目を10月から仕事としています。

まずは、自分の描くイコムのビジョンをマインドマップという地図にすることからはじめました。見えないものを可視化するということです。

そこに行くにはどうしたらいいのか、という道筋を立て、実務レベルまで落とし込んでいくというと具体的ですよね。

杉山 由里子

「”電話のない会社”
を実現させる」

今行っている改革のひとつに、「電話のない会社」を実現させるというものがありますが、まずは、イコムの窓口でもあるオペレーション事業部を将来はなくそうと考えました。

「電話のない会社」というのは言い換えると、実務のオンライン化とも言えるので、全てをオンラインで完結できる仕組みが最終モデルとなっています。

そこに向けて、まずは電話の整理から始め、音声ガイダンスの導入を行い、電話のない会社にした時に、全スタッフが道に迷わないようVisionを示すこと。

それが私の最大の役割であると認識しています。

杉山 由里子

「自分の視野を広げるっていうことを
心掛けています。」

- やりがいのある仕事ですね。今よりをもっとやりがいを感じられるような仕事をするためにはどうすればいいと思いますか?

私自身は、そこはコミュニケーションかなと思っています。
好き勝手言ってますけど、内気な部分があって初めて会った人にバンバン踏み込めないんですよね。(苦笑)

仲良くなっちゃえば、問題はないのですが、人見知りだって言うとすごい疑われます。

以前、勉強会に参加した時も他の人との名刺交換を積極的に行えなきゃダメだぞって、早川さん(代表取締役)に言われて、でもそれができないという……。

でも、いまは立場がそうさせるというか、意地があるっていうか。(笑)

自分からコンタクトを取らないということは、自分の知ってる範囲内でしか仕事をしないことになるので、もっと積極的に外に出て、コンタクトを取って、自分の視野を広げるっていうことを心掛けています。

杉山 由里子

「イコムの社員が全員、
1000万プレイヤーになる。」

- イコムで成し遂げたいことを、教えてください。

成したいことは、マインドマップに書いてあります。
イコムの社員が全員、1000万プレイヤーになる。

これを成し遂げたいです。

大きな枠組みで言うと、自由な働き方に社員を持っていくことと、イコムという会社が有名になること、それからお客様から評価をもらえる良い商品を作ること、そしてクリエイティブな仕事をしていること。

その4つの方向性がリンクされた時、私たちは1000万プレイヤーになれると思っていて、まずはその自由な働き方っていうところから始めています。

1日のスケジュール例

9:00
スタッフのスケジュールの確認、事前申請の確認など事務業務
10:00
プロジェクト①の打ち合わせ
11:00
WEB戦略について考える
12:00
社内体制について考える
13:00
プロジェクト②の打ち合わせ
14:00
お昼休憩
15:00
請求書・資金請求チェック
16:00
プロジェクト③の打ち合わせ
17:00
プロジェクト遂行のための調査
18:00
退社