• 浅野 汐香

不動産屋でありながら
不動産屋じゃないっていう、
そういうのが
自分たちの誇り

社員インタビュー
Interview

入社年 2016年4月

浅野 汐香

Yuka Asano

浅野 汐香

「面白い不動産屋さん
みたいなのを
やっぱり探して。」

- なぜイコムに入社をしようと思ったのですか。

私がイコムに興味を持った最初のきっかけは天然村事業部での活動でした。
会社説明会に行く前に、ホームページとかも見ますよね。

その時に天然村っていうのがあるのを知って、何やっているんだろうと思って。
話を聞いてみようと思いました、最初はですね。

元々、業界的には不動産業界には絞っていたんです。

でも、街でよく見る不動産屋さんというよりはなんかインパクトのあること、面白い不動産屋さんみたいなのをやっぱり探してて。

事業内容を見て、こんなこともやってるんだっていう風に思いました。

というのも私、地元が福島なんです。

いわき市の田人町っていうすごいちっちゃい集落で、地域活性活動みたいなのを、自治体、福島県の委託された事業としてちょっと一度やっていた時期があったのでなにか身近に感じることができたのだと思います。

それ以外にもイコムは魅力的な事業を他にもやっていて、自分がシェアハウスで住んでいたこともあり、共同生活というスタイルにも興味があったのいで、シェアハウス事業部もやってるんだ、イコムいいなとその時に決めました。

浅野 汐香

「イコムのスタイルは
自分からどんどんやってみろっていう
感じのスタイル」

- なぜイコムに入社をしようと思ったのですか。

- 今はどんな仕事をされてますか。

コインパーキング事業部で営業をしています。
仕入れ営業という土地を借りるのに案件を探しては提案をするの来る返しの結構タフな仕事です。
出店するために毎日オーナー様を周って、足を使ってやる、「THE 営業」みたいな仕事です。(笑)

- 入社する前はどんな不安がありましたか。

職種も不動産業界で、職種も営業職をやりたいっていうの決めてたので、抵抗はなかったんです。
でも、やっぱりずっと福島にいて大学から東京だったので、地理感覚が全くありません。

コインパーキングの仕入れ営業は殆どが車を運転しての移動になるので、事故などで迷惑をかけることがないか、それががずっと不安でした。

なんか会社員として働くのに、こうじゃなきゃいけないんじゃないかとか、そういうことではなく。

もっと基本的なことというか、新入社員でも他の人が普通に分かることできることが、私には初めてのことだったので、やっぱり不安は大きかったですね。

敬語も苦手で、すごい不安でした。

イコムのスタイルは何でも用意してくれていてという感じではなく、自分からどんどんやってみろっていう感じのスタイルなので、もうそうなったら覚悟してやるしかないんです。

ある意味ではスパルタとも言えるかもしれませんが、度胸が付くというか、意外にやってみると自然とこう、敬語も慣れていって。

いまとなれば、それでいろいろ身に着けることができたし、結果として良かったことが多いのが実感としてあります。

浅野 汐香

「女性が結構活躍してるなっていう印象。」

- これからのイコムの仕事で、目標にしていることとか、何かありますか。

目標ですね……やっぱりその、私がイコムを選んだ理由のひとつでもあるんですが、女性が結構活躍してるなっていう印象が強くって。

事業部の先輩もリーダーやってますって言って説明会で話してくれたりだとかしたので、そういうのもあって、何か私もキャリアアップできたらいいなと思っています。

まだ具体的にっていうのは考えてないんですけど、コインパーキングとか、新しいことが今どんどんやってってるので事業部を任されるとか、そういったことができたらいいなと思ってます。

何かうちの会社のひとつのカルチャーにあるのかなと思うんですけど、男女とか、年齢とか、あんま関係ないので。

実力主義ってワケではないと思うのですが、誰にでも与えられるチャンスみたいなのは本当に多いと思います。

浅野 汐香

「"場"を提供するというのが
私たちの大きな仕事」

- 具体的にどんなことやりたいですか?

赤坂のTTIMEで研修に参加してたこともあって、元々、サードプレイスだとかそういうのに興味持ってたりとかしていたので、新しい空間みたいなのをつくってみたいです。

自分も行ったことのない新しい場所に行くのが好きですし、見るばっかりじゃなく向かえる方への憧れがあります。

「場」を提供するというのが私たちの大きな仕事でもあるので、そうですね。

何か新鮮な感覚で……そういうのやってみたいなと思います。

「イコムに興味を持っていただけたら、
すごい自分としてはやりがいが感じられる」

- 今仕事やってて何かやりがいを感じる時ってどんな時ですか。

今は、飛び込み営業をやってるので、やっぱりオーナーさんとお話できた時とか。
コインパーキングの営業っていうよりはイコムを知ってもらおうっていう感じでやっています。

なので、初めて会った人が「へぇー、面白いことやってるね」なんて言われると、「そうなんです」と自分のことのように喜んだりして。

興味を持っていただけたら、すごい自分としてはやりがいが感じられるなと思います。

あと、不動産屋じゃないよっていうアピールが凄いです。

不動産屋でありながら不動産屋じゃないっていう、そういうのが自分たちの誇りみたいなところも皆ありますし、そういうイメージってすごい強いです。

やってる側としては、やっぱり事業部っていう風に区切られてるので、アレですけど、やっぱ全体として見て面白いなぁって思ってもらえたら、すごい嬉しいですね。

友達からも、結構変わった会社だねって言われます。

浅野 汐香

「明るくて、
ポジティブな人、
うちの会社はそういう人でないと務まらない」

- 最後に、今後一緒に働く若いスタッフこんな人と一緒にやりたいみたいなの何かありますか。

そうですね、明るくて、ポジティブな人がいいですね。
うちの会社はそういう人でないと務まらないかもしれません。
前向いて夢を持って仕事するのがちょうどいい感じです。
遠慮なんかしてても誰も気なんか使ってくれませんよ。(笑)

1日のスケジュール例

9:00
内部業務
10:00
営業 / 現場巡回
12:00
お昼休憩
13:00
営業 / 現場巡回
17:00
帰社 / 事務作業(売上資料作成、提案書作成、ポップ作成など)
18:00
退社