企業ビジョン


ビジョン

  • 家賃収入で年間100億円になっている
  • 月の内に10日働き20日休んでいる会社になっている
  • 二拠点居住の天然村を通じて全国の地方から日本を再活性化させている

イコムの戦略

身の回りは、多くのヒントで溢れています。それを、どれだけ見つけられるか?
どのように活かすのか?仮説をたて、実行し、検証する。
それがイコムのモデルプランであり、戦略です。
——————————————————————
主体となる大家業の貸し方、借り方に焦点を絞り、そこから発想するサービスを構築して商品化する。但し、当初は小規模でのテストランを実施して検証してみる。これの繰り返しにより現在の価値を引き上げる。従来の不動産の貸し方の枠を超えて時間軸で利用者の幅を広げたり、特定の場所に限らず利用出来る利便性だったり、会員性によるメリットを享受出来たり、様々な手法で借りられるサービスを提供し続ける会社です。これは居住系に拘らず商業系の不動産でも実施しています。


イコムの展望

“既成概念にとらわれるな”イコムの社訓の1つです。
ニーズを先読みしたサービスを考え実行できる可能性は、
一人一人の頭の中にあるのです。
——————————————————————
社員一人一人が個性を活かしながら個の発展をしていて、 月のうちに20日は休み10日間働く勤務体系の仕組みになっている。規模の拡大より安定を重視した経営スタンスにより、家賃収入で 年間100億円を社員50名の体制で構築しているモデルになっている。 より色々な体験をする事で発想が豊かになり、明るく、元気に、楽しく、 伸び伸びとした人生を歩む事で社会に貢献する会社になっている。


イコムの可能性

人材ではなく人財。言葉だけでなく信頼できる会社へ。
一人一人の成長が、企業の成長であり、財産です。
——————————————————————
今までの大家業から新しい大家業へ。 新しく形態を構築して従来の普通の貸し方から新しい貸し方を生み出している。 駐車場を始めとして、店舗、オフィス、マンションを時間軸で貸し出したり、場所を決めない自由な借り方を提供したり、海外との提携や国内でも幅広い範囲でのオペレーション業務を可能にしている。