CASE STUDY 1

極狭の細長い土地…バイクガレージとして再活用!

土地奥行:3m  埼玉県南区

歩道とアパートの間に挟まれた、長さはあるけど奥行がない細長長方形の土地。業者から「困っている地主さんがいるんだけど、あれはどうしようもないんだよ…」という土地に興味を覚えたのがきっかけでした。確かに建物を建てるには狭すぎる。そこでイコムではバイク専用ガレージを設置したのです。設置だけですので移動も簡単、工事費も最小限に抑えられます。当初は10台のガレージを設置していましたが、外観沿いという立地もバイカーには好条件をいただき現在は5台増設する運びとなりました。
従来の「建てる&壊す」だけでなく、多くのチャレンジを踏んできた弊社だからこそ再活用できた案件の一つです。

point

青空駐車場を時間制パーキングに。

土地幅、奥行:20m以上 埼京線沿線地域

この土地は、それまで月極の青空駐車場として活用されていました。もちろん、十分に活用されていましたが、月極の駐車場のデメリットは、新規顧客を獲得するのが困難になることです。つまり、駐車場がある程度活用されていると分かると、新しいお客さんはすでに満車だと勘違いしてシンプルに申込しにくくなります。そこで今回は、時間制パーキングへと変貌させることで、この土地がもっている価値を最大化する方法を選択しました。毎日のように使用するお客様がいらっしゃる一方で、ちょっと止めたいという方も使用でき、カーユーザーのニーズに応えられる土地となりました。

point