パーキング

徒歩、自転車、バイク、クルマ、電車、数えてみると私たちの移動手段はそれほど多いわけではありません。 これらを組み合わせることで移動方法は多彩になるのです。そんな中でも、自転車、バイク、クルマとい う法的に「車」に位置づけられる移動手段は、自身が保有している移動手段となります。つまり、自宅と は別に移動先での駐車スペースが必要不可欠、「車」もマルチハビテーションが重要なのです。それがイコムがパーキング事業を展開する理由です。


コインパーク事業

大都市圏均衡や地方都市において、移動手段として自動車はまだまだ必要不可欠なもの。そうした需要を 背景に、都市中央部や駅前を中心に安定的な需要があるのがコインパークです。さらに、企業や団体、個 人地主が保有する遊休地の有効活用策の一つとしても人気です。実は最近では住宅地でも需要が高まって います。たとえば複数の自動車を保有している方が駐車場に困っていたり、一人暮らしの人が駐車場に困 ると言ったケースが増えているためです。こうしたマーケティング情報を活用しながら、私たちは大小問 わずさまざまなコインパークを運営しています。イコムでは、自動車のハビテーションスタイルはまだま だ開拓できる可能性を秘めていると考えています。そして、事業運営を通し、便利で安全な車社会の実現 につなげます。

01. 時代の変化に対応した土地の有効活用。

都市部を中心に需要が一気に高まるコインパーキング。需要の増加のきっかけになったのは、2006年6月1日より道路交通法が改正され、駐車監視員による駐車違反取締りが厳しくなったことにあります。コインパーキングは、企業や団体、個人地主が保有する遊休地の有効活用策のひとつとして設置され、各地においてその需要は一層高まりを見せています。運営会社による借り上げ方式が主流ではありますが、無人で運営できる点や、また所有する遊休地の不動産活用の潮流から、個人経営による駐車場にも活用が増えてきました。都市部の利用者数が高まった地域に比べ、いまだ駐車場整備の行き届いていない地域も多く見受けられます。
駐車場の多くは、病院、学校、銀行や公共施設、観光地、企業が集まる都市部を中心に整備がはじまりました。その一方、住宅地ではいまだに整備が間に合っていないところも多いようです。
『誰もやらないようなことをやる!』というのが、当社のモットーです。住宅地にコインパーキングを整備できたら、もっと地域の方に喜ばれる運営ができるのではないか・・・?その考えは見事に的中しました。他の運営会社では敬遠される住宅地で、最大でも2.3台くらいしか設置のできない小スペースでもコインパークによる土地の有効活用が可能になりました。 おかげさまで一年で16現場のオープンを実施することができました(2010年5月末現在)。

02. 一家につき一人一台の時代から、一家に一台の時代。

車の必要性について大きな変化が起こっているように思われます。ある機関による調査では、1990年代の後半から特に若者の車離れがはじまっているという報告があります。景気の低迷、雇用の不安、税金や保険など車に関わる経済的な問題など、理由は様々です。核家族化が進み、景気の上昇時代には『一家につき一人一台』の車所有も珍しくなかった時代から、『一家に一台』の時代に逆戻りする現象が起こっています。いまや若者にとって車とは『必要なときに親から借りるもの』または、『レンタカーで充分』という価値に留まるもののようです。
これにより引き起こされた時代の変化とは何か・・・?それは、月契約する駐車場の不要性です。住宅地を中心に、月極駐車場の空車率が高まっています。『安定収入を得ていた駐車場の空車率が高まって困っている・・・』など、最近当社に問い合わせをされてくる地主さんが増えています。
駐車場の利用は必要なときに必要なだけ使う。これはまさに住宅地のおけるコインパーキングのニーズを発掘する大きなきっかけとなりました。車を所有する時代からレンタル(借りる)したり、シェア(共有)したりする時代です。駐車場の利用価値にも大きな変化がおこっています。
住宅地では、どんな方がコインパークをご利用になるのでしょうか?例えば子供を車に乗せ、近所のご友人宅に1,2時間程訪問してみたり、またはちょっと実家に立ち寄る主婦の方など。夜間の時間帯になれば、通勤で往復使用されている車を、帰宅時間のみ利用したいビジネスマンの方・・・。時間軸によって利用の方法・目的は様々です。車をシェアするなら、駐車場だってシェアする利用法があってもいいのでは?
『時間軸をずらすことで、お互いのニーズに合わせた利用方法』を促すことで、土地の収益性がアップすることがわかってきました。利用者にとっても、必要な時間だけ利用するコインパーキングが、月極契約する駐車場よりも安くすませることができます。利用者と土地提供者の両方のニーズを考えたら、運営方法は月極契約の一本化に限らず、様々な利用目的に合わせた運用方法が必要ではないでしょうか?

お問合せはこちら


バイクパーク事業

バイク専用パークの需要は、年々増加の傾向にあります。背景には、月極駐車場を借りるのはコストがか かる、もっと簡単に駐車できるスペースが欲しいといった、バイクユーザーの要望がありまうす。そこで イコムでは、お客様の大切なバイクの置き場や保管場所の提供をさせていただいております。主な展開エ リアは埼玉、東京で、ビルとビルの間などの狭いスペースを有効活用しバイクパークに活用しています。 また、特に防犯面を重視されたいお客様にはバイクガレージやバイクコンテナもご用意しています。今後 もバイクパークの数は随時増やしていく予定。環境負荷も少なく、都市圏での移動に便利なバイク。イコ ムでは、すべてのバイクユーザー様のお力になれるようなサービスを展開していきます。

01. ないなら、造る!

コンテナ事業部で運営しているバイク専用ガレージへのお問い合わせに、こんなものがありました。
「バイクを買ったんだけど、近所の月極駐車場はバイク置いちゃダメって言われて…」
車には、月極駐車場やコインパークがあります。自転車には、駐輪場があります。バイクには…?2年ほど前からジワジワとバイク専用駐車スペースも出てきましたが、圧倒的に少ないのが実情です。ほとんどのバイクユーザーが、車用の駐車スペースに停めていらっしゃると思います。
「ないなら造る!」
こうして、バイクパーク拡大プロジェクトが生まれました。

02. リスクを最小限に抑える。

バイクパーク事業部は、社内で唯一オーナー様との“共同経営”を行う事業部です。オーナー様が手付かずにされているデッドスペースや、全く意識していなかった土地をバイク駐車スペースとして活用させていただきます。その際、特に造作などは行いません(車室用のロープなどは貼らせていただくことがございます)。オーナー様に土地代も支払いません。…これだけ聞くと、「どこが共同経営だ!」と思われますが、ここからです!
すでに「バイク駐車場 埼玉」と検索すると1ページ目の上位に表示される弊社のバイク駐車場HPを活用し、弊社がバイク駐車スペースをお探しのバイクユーザーを集客・契約します。そしてバイクユーザーから支払われる駐車場家賃を、オーナー様と弊社で折半する仕組みです。
リスクを最小限に抑え、確実に安定した収入を双方に得る。もちろんバイクユーザーへのご対応、現場整備と清掃は弊社スタッフが行わせていただきますので、オーナー様にはご負担をお掛け致しません。

バイクパークをお借りしたい方はこちら


サイクルパーク事業

ご自宅に、自転車を何台お持ちですか?ある調査報告によると、日本の自転車の保有台数は世界で見ても第6位にあたり、100人あたり68台、つまり日本人の2人に1人は自転車を持っています。街中を見ても、いたるところに自転車を目にしますよね。同時に、「路上駐車禁止」という文字も多く見かけるようになりました。
サイクルパークのメリットは、面積に対して他のパーキング(車やバイクなど)よりも多く停めることができること。つまり、より多くのユーザーを獲得しやすいことです。単価は低くなりますが、回転がよくリピーター率が非常に高いため安定した収益が望めます。狭すぎる土地でも2階建てにすることで収益が確保しやすく、地主様にとっても我々にとっても多くの可能性を持った事業です。その可能性をユーザーの視点に立ち、双方のメリットを増やせるサイクルパークを、展開していきます。

01. 確実なマーケット。

9月にOPENした、川口駅前の駐輪場。サイクルパーク第一号のパーキングだったので不安もありましたが、お陰様で連日の満車が続いております。自転車保有台数から見ても、マーケットがあるのは確実です。そこに甘んじることなく使い勝手の良さと現場管理を徹底させることで、マーケットをより確実なものにしていけるのです。

お問い合わせはこちら