鳥すき

神田にある老舗料理屋に入ると畳の大部屋に案内された。
仕切りも無い空間で8組位のお客さんが食事をされていた。
それは浅草にある駒形どぜうと似た感じで小さなテーブルで食す江戸時代を彷彿させるような風景であった。
ここは鳥すきやきの店だ。
私は今回が初めて鳥すきやきを食べたがそんな料理がある事さえも知らなかった。
友人が相当のグルメで彼曰く、かなりイケル店なので一緒にやってきた。

仲居さんが炭の鉢を運んできて、すき焼用の鍋で牛肉のすき焼を料理するのと同じ手順で仕上げていく。
鳥肉の皮から内臓まで具材を秘伝のタレでぐつぐつと炭火で煮立てるのだ。
これがたまらなく美味しい。牛のようなしつこさが無いので何人前でも食べれる感じだった。
肉だけでなく、しらたきも細くしっかりしていて、長ネギと一緒にタレをつけて食べると本当に美味い。
誰でもハマる美味さである。
但し、あぐらで座っているので思ったより早い段階で満腹感がやってきた。
店のメニューには無い親子丼が本日のメインなのだが、あまりにも美味しいので肉やしらたきを追加したのもあり満腹状態で親子丼を食べる事になった。
それは友人がその場で作るのだ。
すきやき鍋にある具材の上から卵とじをして、隠し味に日本酒を使い絶妙にご飯と合う感じに作るのだ。満腹状況でなかったらもっとたくさん食べたかった一品である。
驚いた事は彼の食に対するこだわりだった。
いかにしたらもっと美味しく食べれるかを彼なりに試し続けたからだと思うが、一緒にいる私としては大変ありがたい。
美味しい料理が更に美味しくなるのだから嬉しい限りだ。

次回は追加をしないで親子丼をしっかり味わうつもりだ。
食に対する価値レベルが更に上がった体験をさせて貰った。