オービス

おもむろにポストから取り出した郵便物に目を通していた。
すると、一枚のハガキに目が止まった。

東京交通機動隊からの速度違反の通知だった。

最初はただのスピード違反だと思っていた。
出頭要請のある日時に行けないので、ハガキに書いてある担当者に電話してみた。
ところで、どの位のスピードだったのかと訪ねてみたが、本人確認が出来ないと教えられないと言う。
赤いランプがついたのは気づかなかったかと問われたが、私はまったく気がつかなかったと答えた。
日時がはっきりと記されていたが、当日の記憶もまったくなかった。
その日は土曜日早朝に天然村へ行く途中だったが、まったく気づかなかったのだ。
仕方がないので希望の日時に変更してもらい、当日聞くことで了承した。

しかし、気になったのでネットで調べてみて唖然としてしまった。
何と高速道路でオービスに写ると、確実に赤キップが待っていると書いてあるではないか。
おまけに50キロオーバーだと90日の免停処分になる。
マスト30日が免停になる。

うーむ、参ったと思った。

オービスに写るなんて、10代の時に一度捕まって以来の失態である。
当時はマスクをしてたら捕まらないとか、遊び半分だったような記憶がある。

オービスは現行犯ではないので、完全な証拠が揃っていないとあちらとしてもハガキが出せないようだ。
例えば、車が重なって写ってるとか、何らかの不確定要素があれば通知は出せない。

現行犯でないと捕まらないと言えば、つい先日に友人からネタの一つとして聞いて欲しいと電話があった。

彼はバイクで走行中に違反をしてパトカーに警告をされたらしい。
前のバイク止まりなさいとマイクで叫ぶ警官に対し、彼は瞬時に戦略を描き実行に移した。
点数がギリギリになっているため、逃げ切ると決めた彼は気付かないふりをして、淡々と前を向いて走り続けた。
完全に聞こえないふりを決め込んだ彼はタイミングを見計らって狭い路地に入り込み、更に曲がりくねった末にバイクを止めてカフェに逃げ込み、素知らぬ顔でサンドイッチをパクついていたそうだ。
見事に追っ手を振り切り現行犯を免れたという。

要するに現行犯でないと捕まらない領域があるのだ。
その場でしょっぴく事が出来ないとあちらもお手上げ状態になる。

しかし、逃げ切れない場合には免許剥奪の刑が待っている。
一か八かの勝負に出た事になるわけだが、10代の若者ならいざ知らず、50にもなろうとしている大人がやる事なのかと言われてしまえば返す言葉もないだろう。

非常にユニークで楽しませてくれる友人である。

私の場合、現行犯ではないが鮫洲に行ってこの写真は私ですと認めざる得ない状況の中で、サインをして赤切符を切られ免許証はその場で没収される事になるだろう。

まさか、いつまでも先延ばしにしておくわけにもいかない。

予定通り出頭してシナリオに従ってやるしかないと決めている。

果たして、30日になるのか、90になるのかは、その日にならないとわからないが、取り越し苦労は最大の毒素なので、腹をくくって90日を覚悟するしかなさそうだ。

今回を機にオービスのある場所に注意を払って運転するか、オービスを知らせてくれるアプリでも探してみようかと思っている。